色 文化における色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/19 13:53 UTC 版)

文化における色

色鉛筆
美術において色は重要な要素である。
データ放送のコンテンツ選択時や双方向番組の視聴者投票などで用いる、4色のボタン

一般に、色は、生活文化産業商業デザイン視覚芸術の重要な要素であり、ある「様式」「作風」「文化」の特徴の一つに、特定の色の使用、特定の色の組み合わせ、色と結び付いた意味などが含まれている場合も多い。

色名

色名とは色の名のことである。基本色名、系統色名、固有色名などがある。あらゆる文化には、RGBCMY と同一視出来ない、それぞれの文化的な原色がある。それはその文化の背骨となっている言語の中での、最も古い色名からたどれる。そのような色名は基本色名と呼ばれる。特別な名前が付けられた色や、また名前の付けられていないような色もあるが、それらは全て基本色名で言い換える事ができる。例えば、「蘇芳色(すおういろ)」は基本色名の「赤」と言い代ることができるし、空の色や海の色などをまとめて「青」と呼べる。

色に対する一般的な印象

色彩は様々な感情を表現したり、事物を連想させることがある。国や文化などによって違いはあるが、一般的な印象は次のようなものである[17][18]。しかし、今日では喪服は黒が一般的だが江戸自体までは白が一般的だったように、時代や文化による影響も大きい。

保守真理清潔純粋無罪無知賛成など
権威防衛、武勇、汚濁、有罪富裕層など
茶色
豊穣執着田舎など
生命左翼革命情熱危険、熱暑、勇気攻撃電気太陽日本)など
温暖、快活、陽気、幸福、誇り、野心、忍耐など
太陽穀類電子注意、臆病、活発、明快乾燥地下王位色欲など
植物自然安全健康希望、幼稚、平和新鮮湿潤嫉妬英語圏)、エコロジーなど
冷静知性内面右翼悠久未来誠実味方防御貧乏憂鬱寒冷安全など
王位、高貴、正義優雅神秘節制など
など
中立、不潔、陰鬱、不変、沈静など

青は男、赤は女を意味するという認識は日本のみならず世界の国々が有しているという調査結果がある[19]

職種、階層、貧富を言い表す際にも色が用いられる事がある。例:ホワイトカラー(事務職)・ブルーカラー(肉体労働職)、ブルーブラッド(貴族。首筋が日焼けせず静脈が見える人間)・レッドネック白人の肉体労働者。屋外労働で首筋が赤く日焼けしていることから。アメリカ南部者)・ホワイトトラッシュ(貧乏な白人。ただしレッドネックが白人の男を指すのに対し、こちらは女を限定することもある)

カラーギャングはそれまでのギャングと違い、互いの対立を色で示しあっている。

色事やセクシーな意味合いに用いる色も各国によって大きく違う。

日本では桃色(ピンク)を例に挙げることが多い。桃の花の色合いが女性に好まれやすかったことや、中国から伝わった桃に関する謂れなどが由来しているという説もある。また、女性の尻を桃にたとえたり、紅潮した肌の色を桃色にたとえたことから性的な意味合いを持つ言葉が多く派生し、流布したといわれている。
アメリカでは主に青。『blue』には「憂鬱な・猥褻な」の意味を含むことから秘め事を連想させるといわれ、いわゆるポルノ映画などは「ブルーフィルム(blue film)」「ブルームービー(blue movies)」と称される(一説には、昔アメリカでは、検閲が出版物などを検査する際、性的描写のある箇所を青鉛筆でチェックしていたのでblue filmと呼んだという説。他に当時モノクロだったフィルムを法律上の問題で青色に着色したからという説もある)。下ネタのことを「blue joke」と言う。
中国では主に黄色。中国語で黄色には「堕落・猥褻」などのネガティブな意味があり、「黄色電影」はポルノ映画、「黄色書簡」はポルノ雑誌を意味する。
スペインでは主に緑。スペイン語で緑は『Verde』。「卑猥な・エッチな」などの意味も含んでいる。「Libro verde(緑の本)」でポルノ関連の本、「Cine Verde(緑の映画)」でポルノ映画の意味になる。

政治における色

政治の世界においては、色が特定の政治的な立場を現すことがよくある。

左翼社会主義共産主義を形容する色としてよく使われ、党派的にも容共で政府資本家に反く側を表す。一説には、1848年革命パリ・コミューンの時に、革命軍が掲げていた三色旗に染まって赤くなったから、左翼的立場を形容するのに赤を使うようになったとされる。


右翼反共主義王党派・復古勢力を指す色として使わる。反共で政府資本家に親しい側を指す。フランスの王党派が使い始めたのが最初で、フランスのブルボン家の白百合紋章に由来する。以来、反革命軍は白旗を目印として、右翼的立場を形容するのに白を使うようになった。白系ロシア人白色テロなど。


アナキズム象徴する色として使われる。日本では、天皇の臣下を意味する色として利用される事があった。また、しばしばファシズムの象徴として使われる。ベニート・ムッソリーニファシスト党は、制服の色として使った。


保守主義を形容する。

黄色労資協調主義や自由主義リベラル派を形容する。御用組合は俗に「黄色組合」とも言われ、黄色は容共かつ政府・資本家に親しい党派を表す。

環境保護派や「緑の党」を形容する色として広く使われている。イスラムを象徴する色としても利用される。


茶色や褐色は独裁主義やナチズムを形容する。これは、ナチ党突撃隊(SA)の制服に因む。又、茶色の代わりに、赤と黒の組み合わせで示される場合もある(例:クメール・ルージュ)。

複数の色の組み合わせ

国旗には、アイルランドの国旗などのように、各色が意味を持っており、その組み合わせと配置で国家の在り方を示している場合がる。

また、レインボーフラッグのように、複数の色を組み合わせること自体で政治的主張を表わす場合もある。

商業における色

日本では、JAPAN FASHION COLOR ASSOCIATION (JAFCA)が毎年流行色を決めている。

自動車

自動車の外板色の好みには、その土地の気候風土文化が関わっており、自動車メーカーでは仕向地ごとの色の設定や生産割合を細かく決めている。近年はグローバル化が進んで均されて来てはいるが、地域的な差は高級車では少なく、大衆車で顕著であった。地域に無関係なものとしては商用車タクシー営業車)用の白がある[疑問点]。 車種やカテゴリによっても傾向に違いはあるが、各仕向地の大まかな嗜好としては、

  • 北米 - 濃色、淡色を問わずメタリックが好まれ、赤や黄色などのソリッドカラーも常に一定の需要がある。日欧のメーカーは、自国内向けに設定が無い場合でも、北米向けには濃緑、濃赤、濃茶、水色、ベージュ、シャンパンゴールドなどを設定してきた。また、数は少ないが、ソリッドピンクに代表される、突飛なビバリーヒルズカラーの存在も特徴である。
  • 欧州 - 近年はグローバル化で地域的な特徴は薄れつつあるが、以前は大衆車を中心に、鮮やかなものから渋い色合いまで、多様なソリッドカラーが用いられていた。
  • オーストラリア中東 - SUVクロスカントリーカー、ピックアップトラックを中心にサンドベージュと白が好まれ、中東にはオプションフロントグリルエンブレムバッジ)にゴールド調めっきのものが用意されていることも特徴である。
  • 日本 - クラスやカテゴリの別無く白の需要が高い。

自動車業界では自動車メーカーの都合や広告代理店の仕掛け、塗料メーカーの技術開発などで、外板色の流行が繰り返されてきた。日本の販売統計(発売後のプレスリリースには、購入層別、グレード別などの他、色別の販売台数比率も掲載されている。)では、バブル期などの好景気にはパール、濃色系のマイカやメタリック、鮮やかなソリッドカラーを中心に非常に多様となり、ツートーンカラーの設定も多いが、不景気になると白と銀(灰色系メタリック)に偏る傾向があり、メーカーも白、銀、紺などに色数を絞る。この時期にはスポーツカーなどの趣味性が強く、特徴的な色が設定されることの多い車種も、生産を減らすか、廃止に追いやられる場合が多い。一方、軽自動車コンパクトカーのうち、可処分所得の高い女性層に向けた車種では、景気動向に影響されながらも(色の追加と廃止を頻繁に繰り返し、全体の色数を減らしてコストを抑える)多様な外板色が設定されている。

塗料としての性質は、カーボンを含む黒は耐久性・耐候性に優れ、焼付け時の熱吸収が良く、乾燥・硬化が速い(フォード・モデルTを参照)。顔料の粒子が大きい白はそれに次ぐ耐久性・耐候性を持つ。隠蔽力もこの順に高く、ソリッドカラーの場合、これらの色は低コストでもあり、公用車や社用車、商用車にこれらの色が多い理由にもなっている。ハイソカーブームで人気となったスーパーホワイトは、当初高額車のみに設定されていた。この場合専用の白い下地塗料を用意する必要はあるが、車両価格に対し、塗料と塗装のコストの割合は低くなり、利益率が増す。

逆に黄、橙、赤は隠蔽力が低く、発色を良くする場合には専用のサーフェーサーを用いる。これらの色は耐候性も低く、退色が目立ちやすい。

鉄道

ユニバーサルデザインの一環として、鉄道路線ごとに色を分けたラインカラーの導入が増えている。

車体色はその鉄道会社を表すものであったが、維持コスト低減に有利なステンレス車両の普及やアルミ車両の無塗装化が進み、多くの車両がフィルム帯を貼付けるのみとなっている。この帯色はラインカラーの表示を兼ねる場合もある。

玩具

企業・大学・音楽グループ

企業や団体等の組織を象徴する色をコーポレートカラーと言う。大学(その他学校法人)を象徴する色をスクールカラーと言う。音楽活動を行うグループの個々に定義づけられた色のことをメンバーカラーと言う。




  1. ^ JIS Z 8105:2000「色に関する用語」日本規格協会、p. 11。
  2. ^ 他方で、日置隆一は『新編色彩科学ハンドブック』において、「物体という概念が付随」すると主張している。
  3. ^ 『新編色彩科学ハンドブック』などの参考文献を参照。ただし、著書の表題のように例外もある。
  4. ^ 錐体細胞の数が健常者よりも少ないために色が異なって見える。
  5. ^ ただし、完全な原色は実在しない。
  6. ^ 印刷技術で多用されるアゾ赤よりも色相的にマゼンタに近い。出典 :『有機顔料ハンドブック』 橋本勲 カラーオフィス 2006.5
  7. ^ 牛骨や石膏などの美術教材が良くないことや、市販の写真用のレンズが産業用レンズより良くないことに似ている。


「色」の続きの解説一覧





色と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語    色  荒らし  

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「色」に関係したコラム

  • MT4でFXやCFDの世界の取引時間を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示する場合、時間表示は欧州時間になります。しかし、FXやCFDではほぼ24時間の取引になるため、欧州時間以外にもアジア時間やニューヨ...

  • 株式分析の出来高陰陽線とは

    株式分析の出来高陰陽線とは、ローソク足の形によって出来高のグラフにを分けて表示するテクニカル指標です。出来高陰陽線は、ローソク足が陰線の場合には、陰線のと同じで出来高のグラフを描画します。例えば...

  • FXやCFDのバーチャートとは

    FXやCFDのバーチャート(Bar Chart)とは、1日の値動きを直線だけで描画して時系列に並べたものです。バーチャートの描き方は、まず、高値の地点と安値の地点を縦線で結びます。次に、始値の地点から...

  • FXやCFDのスーパートレンドとは

    FXやCFDのスーパートレンドとは、価格の値動きからトレンドの方向性を知るテクニカル指標のことです。上の図は、EUR/USDの1時間足のチャートにスーパートレンドを描画したものです。上の図のスーパート...

  • MT4でFXやCFDの1日ごとの相場を表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でFXやCFDなどのチャートを表示して、1日ごとの相場の動きを一目でわかるようにするインディケーターを紹介します。インディケーターは「Coloured_Days_o...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のローソク足の設定方法

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、チャートの表示形式が標準ではバーチャート(Bar Chart)に設定されています。MT4では、バーチャート以外に...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「色」の関連用語

色のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



色のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの色 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS