二酸化硫黄 二酸化硫黄の概要

二酸化硫黄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/05 08:43 UTC 版)

二酸化硫黄
識別情報
CAS登録番号 7446-09-5
ChemSpider 1087
EC番号 231-195-2
E番号 E220 (防腐剤)
国連/北米番号 1079, 2037
RTECS番号 WS4550000
特性
化学式 SO2
モル質量 64.07 g mol-1
外観 無色気体
密度
融点

-72.4 ℃ (200.75 K)[要出典]

沸点

-10 ℃ (263 K)[1]

への溶解度 9.4 g/100 mL (25 ℃)
蒸気圧
  • -10 ℃ : 1013 hPa
  • 20 ℃ : 3300 hPa
  • 40 ℃ : 4400 hPa
酸解離定数 pKa 1.81
構造
分子の形 折れ線形(O-S-O 結合角は120度)[2]
双極子モーメント 1.63 D
危険性
GHSピクトグラム
GHSシグナルワード 警告(WARNING)
Hフレーズ H314, H331
Pフレーズ P260, P261, P264, P271, P280, P301+330+331, P303+361+353, P304+340, P305+351+338, P310, P311, P321, P363, P403+233
NFPA 704
0
3
0
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

二酸化硫黄は火山活動工業活動により産出される。石炭石油は多量の硫黄化合物を含んでおり、この硫黄化合物が燃焼することで発生する。また、火山活動でも発生する。二酸化硫黄は二酸化窒素などの存在下で酸化され硫酸となり、酸性雨の原因となる[4]。空気よりも重い。


  1. ^ a b 3.2 Properties of inorganic compounds ; Part 4: Silicon - Zirconium” (英語). Kaye and Laby Online (based on 16th edition (published 1995)). イギリス国立物理学研究所 (1995年). 2017年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月18日閲覧。
  2. ^ Table of Geometries based on VSEPR
  3. ^ "二酸化イオウ". 岩波理化学辞典 (第3版増補版第3刷 ed.). 岩波書店. 5 November 1982. p. 974.
  4. ^ Dr. Mike Thompson, Winchester College, UK http://www.chm.bris.ac.uk/motm/so2/so2h.htm
  5. ^ a b グリーンウッド, ノーマン; アーンショウ, アラン (1997). Chemistry of the Elements (英語) (2nd ed.). バターワース=ハイネマン英語版. ISBN 978-0-08-037941-8 p. 700
  6. ^ Kutzelnigg, W. (1984). “Chemical Bonding in Higher Main Group Elements”. Angew. Chem. Int. Ed. 23: 272-295. doi:10.1002/anie.198402721. 
  7. ^ Reed, A. E.; Weinhold, F. (1986). “On the role of d orbitals in sulfur hexafluoride”. J. Am. Chem. Soc. 108: 3586-3593. doi:10.1021/ja00273a006. 
  8. ^ Mezey, P. G.; Haas, E. C. (1982). “The propagation of basis set error and geometry optimization in ab initio calculations. A statistical analysis of the sulfur d‐orbital problem”. J. Chem. Phys. 77: 870. doi:10.1063/1.443903. 
  9. ^ Gilheany, D. G. (1994). “Ylides, phosphoniumNo d Orbitals but Walsh Diagrams and Maybe Banana Bonds: Chemical Bonding in Phosphines, Phosphine Oxides, and Phosphonium Ylides”. Chem. Rev. 94: 1339-1374. doi:10.1021/cr00029a008. 
  10. ^ Dobado, J. A.; Martinez-Garcia, H.; Molina, J. M.; Sundberg, M. R. (2000). “Chemical Bonding in Hypervalent Molecules Revised. 3. Application of the Atoms in Molecules Theory to Y3X-CH2 (X = N, P, or As; Y = H or F) and H2X-CH2 (X = O, S, or Se) Ylides”. J. Am. Chem. Soc. 122: 1144-1149. doi:10.1021/ja992672z. 
  11. ^ Stefan, T.; Janoschek, R. (2000). “How relevant are S=O and P=O Double Bonds for the Description of the Acid Molecules H2SO3, H2SO4, and H3PO4, respectively?”. J. Mol. Model. 6 (2): 282-288. doi:10.1007/PL00010730. 
  12. ^ Powers, D.; Olson, H. G. (1980). “Determination of S-O bond order in sulfur dioxide and dimethyl sulfite using a low‐energy particle‐accelerator technique”. J. Chem. Phys. 73: 2271. doi:10.1063/1.440376. 
  13. ^ Jürgensen, A.; Cavell, R. G. (2000). “A comparison of the oxygen 1s photoabsorption spectra of SO2 and NO2”. Chem. Phys. 257: 123. doi:10.1016/S0301-0104(00)00147-6. 
  14. ^ Grabowsky, S.; Luger, P.; Buschmann, J.; Schneider, T.; Schirmeister, T.; Sobolev, A. N.; Jayatilaka, D. (2012). “The Significance of Ionic Bonding in Sulfur Dioxide: Bond Orders from X-ray Diffraction Data”. Angew. Chem. Int. Ed. 51: 6776-6779. doi:10.1002/anie.201200745. 
  15. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月18日閲覧。
  16. ^ 桜島の火山活動解説資料(平成22年1月)福岡管区気象台火山監視・情報センター,鹿児島地方気象台
  17. ^ トンガ噴火は日本に「令和の米騒動」引き起こすか? 米教授が指摘する“圧倒的に少ない”物質とは”. AERA.com (2022年1月20日). 2022年1月24日閲覧。
  18. ^ 大気中の二酸化硫黄(SO2),浜松市






二酸化硫黄と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二酸化硫黄」の関連用語

二酸化硫黄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二酸化硫黄のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二酸化硫黄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS