にさんかいおうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化学反応 > 気体 > にさんかいおうの意味・解説 

にさん かいおう -くわいわう [5] 【二酸化《硫黄》】

硫黄硫黄化合物燃焼したときに生じる無色刺激臭のある気体化学式 SO2 呼吸器強く刺激してぜんそく起こしたり、酸性雨のもとになるなど公害原因物質となる。還元作用強くパルプ砂糖・毛・絹・麦わらなどの脱色漂白に用いる。硫酸製造原料として重要。無水亜硫酸亜硫酸ガス

二酸化硫黄(SO2) (にさんかいおう)

 亜硫酸ガスともいう。化石燃料燃焼時に不純物として含まれる硫黄酸化により発生する。大気中で酸化して三酸化硫黄となり更に水分結合して硫酸ミストとなって浮遊する。主要な大気汚染物質である。



にさんかいおうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「にさんかいおう」の関連用語

にさんかいおうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



にさんかいおうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.

©2019 Weblio RSS