實とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 建設 > の意味・解説 

じつ【実】

【一】[名]

うそ偽りのないこと。真実本当。「実のところ」「実を言うと」「実の子」⇔虚(きょ)。

内容実体実質。「名を捨てて実を取る

誠実な気持ちまごころ。「実のある人」

実際成績充実した成果実績。「改革の実を上げる」

珠算で、被乗数。または、被除数。→法

【二】[副]まことに本当に。

「—何(ど)うしても出家遂げられんか」〈円朝真景累ヶ淵

【三】形動ナリ現実的なさま。また、真心こもっているさま。

「かく金銀欲しがるかと思へば、さうした—な欲にもあらず」〈浮・禁短気・三〉


ざ‐ね【実/核】

接尾《「さね」の音変化名詞に付く。

根本のもの、そのものとなる意を表す。

先に生(あ)れし三女子(をみなご)は、物—汝(いまし)が物に因りて成れり」〈記・上〉

その中の主となるものであること、特に重んじるのであることの意を表す。

「上にありける左中弁藤原の良近(まさちか)といふをなむ、まらうど—にて」〈伊勢・一〇一〉


じち【実】

真実事実。じつ。

「—には似ざらめど、さてありぬべし」〈源・帚木


まめ【忠実/実】

[名・形動

労苦いとわず物事にはげむこと。また、そのさま。勤勉。「—に帳簿をつける」「若いのに—な人だ」「筆—」

からだのじょうぶなこと。また、そのさま。健康。たっしゃ。「—で暮らしおります」「—なのが何より

まじめであること。また、そのさま。実直。本気。誠実。

「いと—に、じちよう(=実用本位)にて、あだなる心なかりけり」〈伊勢・一〇三〉

実際役に立つこと。実用的であること。また、そのさま。

「をかしきものは…君達に、—なるものは北の方にと」〈落窪・四〉


み【実/子】

《「身」と同語源》

植物の種子果実。みのり。「花が咲いて—がなる」

汁の中に入っている肉や野菜の類。「味噌汁の—」

内容中身。「—のない議論」「花も—もある取り計らい


じつ【実〔實〕】

[音]ジツ(慣) [訓]み みのる まこと

学習漢字3年

[一]ジツ

木のみ。「果実結実綿実油

中身が詰まる。内容がみちる。「充実

中身内容。「内実名実有名無実

まごころまこと。実直質実・誠実・忠実・不実

そらごとでない。本当本当事柄。「実演実感実業実験実現実行実際実証実績実態実弾実物実務実用実力実例実生活/確実・現実・故実史実事実写実真実切実如実

血がつながっている。「実家実兄実母

[二]〈み〉「実生(みしょう)/花実

名のり]これ・さね・ちか・つね・なお・のり・ま・みつ・みる


ま‐こと【誠/真/実】

《「真(ま)事(こと)(言(こと))」の意》

【一】[名]

本当のことうそ・偽りのないこと。「うそから出た—」「—の武士

誠実で偽りのない心。すなおでまじめな心。「—の情」「—を尽くす」

歌論俳論用語。作品現れる作者真情真実性

【二】[副]本当に。実に。

「—済まん次第じゃが」〈有島カインの末裔

【三】[感]話の間に気づいたこと言い出すとき、忘れていたのを思い出したとき、別の話題転じるときなどに発する語。ほんとうにまあ。そうそうまことや

「—、人知れず心ひとつに思ひ給へあまること侍れ」〈狭衣・四〉


さ‐ね【実/核】

《「真(さ)根(ね)」の意》

果実中心にある堅い部分種。

板と板をつなぎ合わせるとき、一方の板の側面作る細長い突起

陰核

障子や壁の下地となる骨組み壁下地

根本のもの。実体

学問候ふべき器量などのあるを後世者(ごせぢゃ)の—と申しあひて候ふなり」〈一言芳談


む‐ざね【正身/実】

《「身(む)実(ざね)」の意》そのもの実体正体

「形はわが子にて、—は神人(かみ)」〈景行紀〉


さ‐ね【実・核】

〔名〕 (「真(さ)根(ね)」の意)

物事中心本質となるもの。根本。かく。真実

書紀720仁賢元年一月寛文版訓)「是を山田大娘皇女と為。更の名は、赤見皇女といふ。文稍に異(け)なりといへども、其の実(サネ)一なり」

物をつくりあげる材料、もととなるもの。ものざね

神皇正統記(1339‐43)上「其後猶四はしらの男神生れ給ふ物のさねわが物なれば我子なりとて」

果実中心部にある殻にはいったもの。種子。〔十巻本和名抄(934頃)〕

*虎明本狂言柿山伏室町末‐近世初)「うへからかきのさねおとす『やらきどくや、かきのさねがおつる』」

④ 人や動物骨組また、土壁障子などの(しん)にする骨組。骨。

*続詞花(1165頃)物名大垣はさねばかりこそ残りけれ方なしとてもいへはあらじな〈心也〉」

(5) 女性外陰部小突起。陰核ひなさきさねがしら

咄本・八行整版本昨日は今日の物語(1624‐34頃)「何としてか、女のさねを、大きながはさみて」

(6) 板をつなぎ合わせるために板の側面沿って作った細長い突起他方の板の細長い溝にはめ込んでつなぎ合わせる。〔日本建築辞彙(1906)〕


ざ‐ね【実】

接尾〕 「さね(実)」の変化した語。

根本のもの、原物の意を表わす

古事記(712)上「先に生れし三女子(をみなご)は物実(ざね)汝(いまし)が物に因りて成れり。故(かれ)、乃ち汝が子ぞ」

まさしく実体そのものであることを表わす

書紀720景行四〇年一〇月(北野南北朝期訓)「爰(ここ)に日本武尊主神化虵(かみサネなれるをろち)と云ことを知りたまはずして謂(のたま)て」

③ ある語について、その中の主たるのである意を表わす

伊勢物語(10C前)一〇一「うへにありける左中弁藤原の良近といふをなむ、まらうどさねにて、その日はあるじまうけしたりける」


じち【実】

〔名〕 (形動事実真実まこと。じつ。また、まことであるさま。

宇津保(970‐999頃)国譲下「此の事じちに定まりなば、又の日法師になりなん」

源氏100114頃)若菜上「じちの母君よりも、この御方をばむつまじき物に、頼みきこえ給へり」


じつ【実】

1⃣ 〔名〕

いつわりでないこと。ほんとうのところまことのもの。事実。⇔虚(きょ)。

玉葉承安二年(1172)一二月二二日「君不子細、人又不実、衰世也」

太平記14C後)一四「尊氏が不義叡聞(えいぶん)に達すと雖ども、未だ其の実(ジツ)を知らず」〔易経‐泰卦〕

仏語世間真実に対して、特に出世間真実をいう。仏に具現される究極不変真実

勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「真実者聖体円備偽曰真。至徳凝然虚曰実」

実体。「名」に対していう。

菅家文草900頃)五・哭田詩伯「自春風秋月下、詩人名在実応無」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)仙台「且紺の染緒つけたる草鞋二足餞(はなむけ)す。さればこそ風流しれもの爰に至りて其実顕す」〔孫子虚実

結果成果

今昔1120頃か)二〇「俄(にはか)に大魔出来妨ぐるは、功徳の実なれば」

(5) まごころ実意

中華若木詩抄(1520頃)下「軽薄は、字なりは、軽く薄なり。人の軽忽にして、実もなく、をちつかぬありさま也」

(6)じつごと実事)」「じつごとし実事師)」の略。

評判記難波立聞昔語(1686)竹嶋幸左衛門好色も人よりこゑてすくといふやつしも実も人に越つつ」

(7) 数学用語。

(イ) 被乗数被除数のこと。⇔法。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕

(ロ) 実数であること。

(8) 和算で、天元術定数項のこと。

2⃣ 〔形動

真実であるさま。また、実際的なさま。現実的なさま。

日葡辞書(1603‐04)「Iitna(ジツナ) coto(コト)〈訳〉 真実の事」

浮世草子傾城禁短気(1711)三「よい所嫁入りする、兼而心がけに、かく金銀欲しがるかと思へば、さふした実(ジツ)な欲にもあらず」

② 誠実であるさま。まごころこもっているさま。

浮世草子好色一代女(1686)二「実(ジツ)なる筆のあゆみには自然と肝にこたへ其人まざまざとあへるここちせり」

3⃣ 〔副〕 本当に。まことに真実に。→実に。

洒落本通人三国師(1781)発端「実(ジツ)おめへのやうに何によらず世話をゑゑてくんなはる人はねヱ」


じっ‐・す【実】

〔自サ変

充実する。空白が充たされる。

意図がみのる。成果があがる。

史記抄(1477)一一「上は喩ぞ。此は実したぞ」


み【実・子】

〔名〕

草木にみのったもの。植物の果実。みのり。くだもの

古事記(712)中・歌謡「立柧棱の 微(ミ)の無けく扱きしひゑね 後妻が 肴乞はさば 柃(いちさかき) 微(ミ)の多けく許多(こきだ)ひゑね」

源氏100114頃)明石此世のまうけに、秋の田のみを刈り納め

植物の種。

③ 汁のなかに入れる野菜や肉など。

仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)上「あかりこの織部になせりとも汁は残りてみやは残らむ」

中身内容。→身(み)(11)

万葉(8C後)一二二七九七「住吉の浜に寄るといふうつせ貝実(み)なき言もち余(あれ)恋ひめやも」

役者論語(1776)あやめぐさ所作事狂言花なり。地は狂言の実(ミ)なり」

(5) 酒、醤油(しょうゆ)などのもろみ。


み‐な・る【実】

〔自ラ四〕 実がなる。みのる。

書紀720推古二五年是歳(岩崎本訓)「五穀(たなつもの)登(ミナレ)り」


み‐のり【実・稔】

〔名〕

穀物草木が実を結ぶこと。結実

浮世草子日本永代蔵(1688)五「自から稲に実(ミ)のりの房振よく」

努力などが報いられること。努力成果

普賢(1936)〈石川淳〉七「かくて夜、今十二時となって、みのりなく果てるこの一日の間には語るべき何事も起らず」


み‐の・る【実・稔】

〔自ラ五(四)〕 (「実乗る」の意)

草木穀物などが実を結ぶ。実がなる。結実する。みなる。

書紀720仁徳四年二月前田本訓)「即ち知る、五穀(いつつのたなつもの)登(ミノラ)ずして百姓窮乏しからむことを」

努力などが報いられる。成果があがる。実を結ぶ。

椀久物語(1899)〈幸田露伴〉六「思はで造る其罪の果報が熟(ミノ)る因果同志


まめ【忠実・実】

形動

① まじめであるさま。誠実でうわついたところのないさま。

書紀720雄略七年是歳(前田本訓)「忠(マメ)なること白日(てるひ)に踰(こ)え、節(またき)こと青松(とこまつ)に冠(す)ぎたり」

実際役に立つさま。生活に直接かかわって実用向きであるさま。

大和(947‐957頃)一七三「車にてまめなるものさまざまにもてきたり」

勤勉でよく働くさま。働くことを苦にせずあれこれとよく動くさま。

古本説話集(1130頃か)四〇「いみじくふかうなりけるさぶらひの、よるひるまめなるが」

④ からだが丈夫なさま。すこやかであるさま。達者

方丈記1212)「苦しむ時は休めつ、まめなれば使ふ

[語誌]中古以降、「あだ」に対して用いられ、中世になると、現在のような③④の意味で用いられるようになった


む‐ざね【正身・実】

〔名〕 (「む」は「み(身)」に同じで、「むざね」は「身実」の意) そのものや人の実体正体。ただみ。

書紀720景行四〇年七月寛文版訓)「即ち知りぬ、形は則ち我が子にて、実(ムザネ)は則ち神人(かみ)にますことを」


ま‐こと【真・実・誠・信】

1⃣ 〔名〕 (ことば、事柄などの意を表わす「こと(言・事)」に、接頭語「ま(真)」の付いたもの

① うそや偽りでないこと。本当であること。本物であること。真実真理事実本質

万葉(8C後)一四・三三八四「葛飾真間の手児奈を麻許登(マコト)かもわれに寄すといふ真間の手児奈を」

源氏100114頃)帚木「はかなきあだ事をも、まことの大事をも」

② 人に対して誠実で欺かないこと。偽りのない心。まごころ真情誠意

書紀720推古一二四月図書寮本訓)「信(マコト)は是れ義(ことわり)の本なり事毎に有るべし」

文学芸術現われる真情真実味真実感動

古今(905‐914)仮名序僧正遍昭は、歌のさまはえたれども、まことすくなし

2⃣ 〔副〕 間違いなくその状態であることを強調する語。じつに。本当に。実際

万葉(8C後)三・二四五聞きしごと真(まこと)たふとくくすしくも神(かむ)さびをるかこれの水島

3⃣ 〔感動話題転じるときや、話の途中でひょいと思い当たったことを言い出したりする時、念を押す気持込め用いる語。ほんにまあ。たしかそう。そうそうまことに

狭衣物語(1069‐77頃か)四「まこと、人知れず心一つに給へあまること侍れ」


まこと‐し・い【真・実】

〔形口〕 [文]まことし 〔形シク〕 (「まこと(真)」を形容詞化したもの

[一] まことであるさま。

本当であるさま。本物であるさま。まともであるさま。

更級日記(1059頃)「それにも、例の癖は、まことしかべい事も思ひ申されず」

実直であるさま。まじめであるさま。

(10C終)二〇〇まことしうきよげなる人」

十六夜日記(1279‐82頃)「心づかひもまことしきさまにて」

正統、正式であるさま。本格的であるさま。

源氏100114頃)乙女琵琶〈略〉まことしう伝へたる人」

[二] 本当らしいさま。真実のように見えるさま。

夜の寝覚(1045‐68頃)一「まことしとりなし言はれん音聞の、なにばかりならぬ身の際にも、なほくるしく思ひ給ひて」

日葡辞書(1603‐04)「Macotoxij(マコトシイ)」

形動

〔名〕

〔名〕


まっこと【真・実・誠】

〔副〕 (「まこと(真)」の変化した語) 「まこと」を強めいい方

三河物語(1626頃)三「彼等がていにては、まっことの時は御旗を立申事は成間敷


実矧ぎ(さねはぎ)、実(さね)


サネ(実)

木材木材継ぎ合わせるときに一方の材には凸型突起を、もう一方には凹型の溝を加工し、それらを互いに噛み合わせてずれないようにし、また気密性防水性高める。その際凸型突起をサネという。主に床や壁など、板材並べてはぎ、継ぎ合わせる場合用いられることが多いが、マシンカット・ログの接合部分にも用いられる。サネの本数により、1本ザネ、2本ザネなどの種類があり、サネの本数が多いほど、強度気密性が増す。

じつ 【実】

権実

読み方:み

  1. 相場騰落するについての利得をいふ。値鞘に対して利得のことを実といつたのである。〔相場語〕

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ミ(mi

作者 幸田文

初出 昭和33年

ジャンル


読み方
さね
さねさき
じつ
みのる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/05 06:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

じつ

関連項目



出典:『Wiktionary』 (2019/01/16 14:18 UTC 版)

発音


出典:『Wiktionary』 (2019/07/19 18:04 UTC 版)

発音

名詞

  1. 植物種子やその周囲部分
  2. さねたね又は、その中の部分
  3. ジツ/まこと)うそではないことや心。本当
    • を言うと、のところ
  4. ジツ実際中身実体実利成果
  5. ジツ)。血縁関係。義理の関係ではないこと
    • の親

接頭辞

  1. ジツ数学の用語に付いて、実数に関係することや対象実数限定されることを表す。

翻訳

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



實と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「實」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



實のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2021 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS