壽とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > とし > の意味・解説 

こと‐ぶき【寿】

祝い言葉を言うこと。また、その言葉ことほぎ。「婚姻の寿を述べる」

めでたいこと。いわい。よろこびまた、その儀式。「寿を成す」

命の長いこと。長生き長命長寿。「寿を保つ」


じゅ【寿】

命の長いこと。長生き長命。「寿を養う」

長命場合年齢。「百歳の寿を保つ」

祝い言葉贈り物

喜び余り千金を—にしたとか」〈芥川秋山図


じゅ【寿〔壽〕】

常用漢字] [音]ジュ(呉) [訓]ことぶき ことぶく ことほぐ

長生きする。長命。「福寿

いのち。とし。「寿命延寿喜寿聖寿長寿天寿白寿

長命祝い。「寿賀

祝い言葉を述べる。ことほぐ。「寿詞

名のり]いき・かず・たもつ・つね・とし・としなが・なが・のぶ・ひさ・ひさし・ひで・ひろし・ほぎ・やすし・よし

難読寿司(すし)・寿詞(よごと)


こと‐ぶき【寿】

〔名〕

慶事をことばで祝うこと。また、そのことば。ことほぎほぎごと祝言

(10C終)八〇「卯杖(うづゑ)のことぶき

実隆公記明応七年(1498)八月紙背老鶴のかことの事先年申候し、めてたきことふきを申て候とこそ存候へ」

② いのち。よわい。また、いのちの長いこと。長命寿命

類従賀茂女集(10C後)「草の庵久しきつまを飾りて、戒をば保たずして、ことふきを保てるさまども」

③ めでたいこと。いわい。また、そのいわいの儀式現代では、そのときに、祝儀袋などに書く文字をもいう。

太平記14C後)一七「早く是を天に祭(まつ)て寿(コトブキ)をなすべし」

読本雨月物語(1776)蛇性の婬「其志の篤きに愛(めで)て、豊雄をすすめてつひに婚儀(コトブキ)をとりむすぶ

祝いの品

筑紫道記(1480)「宿坊院主あるじこまやかにして、ことぶきさへとりそへて」


じゅ【寿】

〔名〕

年齢。とし。よわい。

延喜式(927)二一白兎〈月之精也。其寿千歳〉」〔史記蔡沢伝〕

② (形動長く生命を保つこと。長生きすること。また、そのさま。長命長生長寿

本朝文粋(1060頃)一四・村上天皇為母后四十九日御願文〈大江朝綱〉「哀楽夢。未是界之寿禍福相改」

福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉五「顔淵は寿(ジュ)なる可きなれども」〔書経洪範

祝い贈りもの祝いことほぎ祝賀

秋山図1920)〈芥川龍之介〉「張氏の孫を上座に招じて、〈略〉千金を寿(ジュ)にしたとか云ふ事です」〔戦国策‐燕策下・王喜


こと‐ほぎ【寿・言祝】

〔名〕

① (上代は「ことほき」) ことほぐこと。ことばで祝うこと。また、そのことば。ことぶき祝賀。賀。

延喜式(927)祝詞九条家本訓)「天つ璽(しるし)の劔鏡を捧げ持ち賜ひて言寿(コトホキ)〈古語に許止保企(コトホキ)といへり。寿詞といへるは今の寿觴(さかほかひ)の詞の如し〉宣(の)りたまひしく」

祝い挨拶と、それに添え贈り物祝いの品々。

蜻蛉(974頃)下「うぶやの事ありしを〈略〉ことほきをぞさまざまにしたる」


こと‐ぶ・く【寿】

〔他カ四〕 (「ことほぐ(寿)」の変化した語)

祝いを言う。よろこびを言う。また、祝う。祝福する。ことほぐ

筑紫道記(1480)「同行に語れば、皆ことぶきあへり」

結婚する。

浮世草子武道伝来記(1687)七「御本妻を祝言(コトブ)き給ふ事は、御とどまり遊ばすか、といへば」


こと‐ほ・ぐ【寿・言祝】

〔他ガ五(四)〕 (上代は「ことほく」。「言(こと)祝(ほ)く」の意) ことばで祝福する。よろこびを言う。祝福する。賀すことぶく

古事記(712)中「爾に言祷(ことほ)き白ししく」

人情本春色梅児誉美(1832‐33)四「幾代かかほる春の実いりをここに寿(コトホギ)て、めでたく筆をおさめはべりぬ」

[補注]ことばに現実をあやつる力があると信じられていた日本古代言霊(ことだま)思想反映した語であるとみられる


ほき【祝・寿】

〔名〕 (動詞「ほく(祝)」の連用形名詞化後世は「ほぎ」) ことほぐこと。ことばで祝うこと。ことほぎ

古事記(712)中・歌謡「神菩岐(ホキ) 寿き狂ほし 豊本岐(ホキ) 寿き廻(もとほ)し 献(まつ)り来(こ)し 御酒ぞ」


ほ・く【祝・寿】

〔他カ四〕 (後世は「ほぐ」)

① よい結果が得られるように、祝福のことばを唱えるまた、そのようにして神に祈る。ことほぐ。いわう。

万葉(8C後)一八・四一三六「あしひきの山の木末の寄生(ほよ)取りてかざしつらくは千年(ちとせ)保久(ホク)とそ」

相手に悪い結果が来るように神に祈る。のろう。

書紀720神代下(鴨脚本訓)「矢を取て咒(ホキ)て曰はく


ほかい ほかひ 【祝・寿・祷】

〔名〕 (動詞「ほかう(祝)」の連用形名詞化後世は「ほがい」)

① 神を祝福し幸いを招くこと。ことほぐこと。転じて、神仏食物などを供えてまつること。

醍醐寺文書‐(年月日未詳)(室町春日局書状「又一日さたみつせうみゃうゐん殿さまの御ほかいにのぼりまいらせ候て」

② (乞児) 「ほかいひと乞児)」の略。

国文学発生第二稿)(1924)〈折口信夫巡遊伶人の生活「其ほかひたちが、どういふ訣で流離生活を始め事になったか」


ほか‐・う ‥ふ 【祝・寿・祷】

〔他ハ四〕 (動詞「ほく(祝)」の未然形反復継続助動詞「ふ」が付いてできたもの) 望む結果が得られるようなことば唱えて神に祈る。また、祝福する。ことほぐ。〔享和本新字鏡(898‐901頃)〕


寿

読み方:コトホギ(kotohogi)

古代祝いのことばを述べて、長命安泰を祈ること。

別名 言祝


ほかい 【寿・祝】

後世ホガイとも。元来日本で神を祝福することを意味したが、転じて祭や酒宴祝いごとを指すようになった。さらに祝福言葉唱え戸口に立ち、物・銭をもらう物もらいをもいう(乞児)。

ことほぎ 【寿・言寿・言祝】

日本で、言葉祝福すること(上代清音)。ことぶき。ことほがい。

寿

作者山本文緒

収載図書ブラック・ティー
出版社角川書店
刊行年月1995.3


ハオルチア・レツーサ (寿)

Haworthia retusa

Haworthia retusa

南アフリカケープ地方原産です。薄緑色の三角形が、直径10センチほどのロゼット形成します。先端には、半透明の窓があります晩春花茎伸ばして、薄緑の筋が入った小さな白い花を咲かせます。
ユリ科ハオルチア属の常緑多年草で、学名Haworthia retusa。英名は Star cactus

寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 北海道釧路市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 新潟県長岡市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 長野県飯山市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 鹿児島県鹿屋市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 北海道千歳市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 北海道枝幸郡中頓別町


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 山形県鶴岡市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 埼玉県本庄市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 埼玉県桶川市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 埼玉県北足立郡伊奈町


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 千葉県我孫子市


寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 東京都台東区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

寿

読み方:コトブキ(kotobuki)

所在 山梨県(富士急行線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

寿

読み方
寿ことぶき
寿じゅ
寿
寿すさき
寿すざき
寿とし
寿ひさし

寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/28 00:32 UTC 版)

寿、壽(ことぶき、しゅ、しゅう、じゅ)。和訓「ことぶき」は「ことほぎ」の転訛という。




「寿」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/12/26 03:20 UTC 版)

発音(?)


寿

出典:『Wiktionary』 (2021/09/19 11:04 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. (ことぶき) いのちまた、いのち長いこと。長命長寿
  2. (ことぶきことほぎ) めでたいことを祝うこと。また、祝い言葉儀式
  3. (ことぶき) めでたいこと。

熟語



寿

寿
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



壽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「壽」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



壽のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、寿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS