クリスタルケイとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クリスタルケイの意味・解説 

Crystal Kay

(クリスタルケイ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/15 16:19 UTC 版)

Crystal Kay(クリスタル・ケイ、1986年2月26日 - )は、主に日本で活動する女性歌手女優[2]。本名、Crystal Kay Williams(クリスタル・ケイ・ウイリアムズ[3][4])。略称はCK[5]、クリケイ[6][7][8][9]


注釈

  1. ^ Crystal Kay feat. Verbalm-flo」名義。
  2. ^ Crystal Kay loves M-FLO」名義。
  3. ^ Crystal Kay×CHEMISTRY」名義。
  4. ^ Crystal Kay feat. 安室奈美恵」名義。
  5. ^ LLブラザーズと共に「GIANT SWING PRODUCTIONSファミリー」としてカメオ出演。

出典

  1. ^ ソニー・ミュージックエンタテインメント. “Crystal Kay : Biography”. 2009年7月24日閲覧。
  2. ^ Crystal Kay”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年5月14日閲覧。
  3. ^ a b Crystal Kay; CHEMISTRY(インタビュアー:クリス・ペプラー)「GUEST ROOM CRYSTAL KAY」『TOKIO HOT 100』、J-WAVE、2005年10月16日https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/guest_past/past_20051016.htm2020年5月17日閲覧 
  4. ^ Yahoo!ミュージック (2006年2月23日). “ミュージックマガジン - Crystal Kay - プロフィール”. 2006年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月13日閲覧。
  5. ^ a b LDH. “Crystal Kayプロフィール”. 2015年5月5日閲覧。 “"歌って踊れるCrystal Kay"をコンセプトにしたそのアルバムでCKの新境地を見事に提示してみせた。”
  6. ^ a b 織本幸介 (2009年9月1日). “赤西仁とのデュエット収録が話題に〜クリケイがベスト盤発売を記念して”. RBB TODAY (イード). https://www.rbbtoday.com/article/2009/09/01/62129.html 2020年5月17日閲覧。 
  7. ^ “クリケイ、横浜フェス「Y155」のシンボルアーティストに”. MusicVoice (アイ・シー・アイ). (2014年5月8日). https://www.musicvoice.jp/news/13799/ 2021年8月7日閲覧。 
  8. ^ “クリケイ&リトグリ、LINE MUSICのフリーイベントに登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年5月25日). https://natalie.mu/music/news/188482 2020年5月17日閲覧。 
  9. ^ ““クリケイ”参加で極上ハーモニー 三代目・登坂と“男女ハーモニー””. デイリースポーツ online. (2016年7月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/30/0009335261.shtml 2020年5月17日閲覧。 
  10. ^ クリスタル・ケイの母・シンシア「私は在日三世です」中学時代はチマチョゴリを着て登校、「ニンニクくさい!」からかわれても優等生だった幼少期”. 週刊女性PRIME. 2023年2月25日閲覧。
  11. ^ Crystal Kay Profile LDH mobile
  12. ^ a b Crystal Kay(インタビュアー:若松正子)「Crystal Kay、NY生活語る! 歌への取り組み方が変わった」『ORICON NEWS』、oricon ME、2頁、2015年12月16日https://www.oricon.co.jp/special/48520/2/2020年12月15日閲覧 
  13. ^ a b Crystal Kay(インタビュアー:若林ゆり)「クリスタル・ケイのコンプレックスを変えたNY「日本ではなかなかできなかった」」『週刊女性PRIME』、主婦と生活社、2頁、2019年6月7日https://www.jprime.jp/articles/-/15290?page=22020年5月14日閲覧 
  14. ^ a b c 人生が変わる1分間の深イイ話|2012-06-25(月)放送”. 価格.com (2012年6月25日). 2021年2月23日閲覧。
  15. ^ Yahoo!ミュージック (2006年2月23日). “ミュージックマガジン - Crystal Kay - インタビュー”. 2009年2月13日閲覧。
  16. ^ Crystal Kay(インタビュアー:平原綾香)「Crystal Kayさんがキュンとくる男性のしぐさは?!」『平原綾香のヒーリング・ヴィーナス』、エフエム東京、2015年11月22日https://www.tfm.co.jp/hv/index.php?catid=471&itemid=1027902020年5月18日閲覧 
  17. ^ “Crystal Kay、親子三代テレビ初共演 韓国で家族の秘密に涙”. 女子旅プレス (ネットネイティブ). (2015年5月15日). https://travel.mdpr.jp/travel/detail/1487186 2020年5月18日閲覧。 
  18. ^ a b c 藤崎昭子 (2009年9月7日). “夢に向かい、気を抜かず クリスタル・ケイ10周年”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/showbiz/music/TKY200909070202.html 2020年5月15日閲覧。 
  19. ^ a b c d Crystal Kay(インタビュアー:平原綾香)「今月のヴィーナスラウンジのゲストはCrystal Kayさんです。」『平原綾香のヒーリング・ヴィーナス』、エフエム東京、2015年11月8日https://www.tfm.co.jp/hv/index.php?itemid=102150&catid=4712020年5月18日閲覧 
  20. ^ a b c Crystal Kay(インタビュアー:若松正子)「Crystal Kay、NY生活語る! 歌への取り組み方が変わった」『ORICON NEWS』、oricon ME、2015年12月16日https://www.oricon.co.jp/special/48520/2020年12月15日閲覧 
  21. ^ Hot express (2001年5月11日). “Crystal Kay SPECIAL INTERVIEW”. 2009年2月13日閲覧。
  22. ^ ナタリー (2011年1月26日). “Crystal Kay、急病により2月からのツアー全公演中止”. 2011年10月16日閲覧。
  23. ^ ORICON STYLE (2011年10月6日). “クリスタル ケイ、海外進出視野にユニバーサル移籍”. 2011年10月16日閲覧。
  24. ^ クリスタル ケイ、ユニバーサル ミュージックへ移籍!!』(プレスリリース)ユニバーサルミュージック、2011年10月7日https://www.universal-music.co.jp/press-releases/2011-10-07/2020年5月15日閲覧 
  25. ^ “クリスタル ケイ新曲がフジ日9ドラマ挿入歌”. ORICON NEWS (oricon ME). (2011年10月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2002733/full/ 2020年5月15日閲覧。 
  26. ^ “Crystal Kay、「Superman」はあなた!”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2011年12月13日). https://www.barks.jp/news/?id=1000075561 2020年5月15日閲覧。 
  27. ^ “Crystal Kay移籍第1弾アルバムは“ビビッド”な仕上がり”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2012年5月10日). https://natalie.mu/music/news/69169 2020年5月15日閲覧。 
  28. ^ a b c Crystal Kay(インタビュアー:榑林史章)「Crystal Kay:3年半の間にNY移住、事務所移籍など環境変化「NYでアピール力のなさを実感」」『MANTANWEB』、MANTAN、2015年12月21日https://mantan-web.jp/article/20151221dog00m200016000c.html2020年12月15日閲覧 
  29. ^ a b Crystal Kay(インタビュアー:平原綾香)「Crystal Kayさんがニューヨークで学んだこと!」『平原綾香のヒーリング・ヴィーナス』、エフエム東京、2015年11月15日https://www.tfm.co.jp/hv/index.php?catid=471&itemid=1024632020年5月18日閲覧 
  30. ^ “Crystal Kay、安室奈美恵と念願のコラボ。“革命を歌おう、二人で””. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2015年8月6日). https://www.barks.jp/news/?id=1000118473 2020年5月17日閲覧。 
  31. ^ “Crystal Kay新曲は「オトナ女子」挿入歌、3年半ぶりアルバム発売も”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年10月15日). https://natalie.mu/music/news/162966 2020年5月17日閲覧。 
  32. ^ Crystal Kay(インタビュー)「Crystal Kay、20代の葛藤を乗り越えた今「これからが次のステップ」 最新ダイエット法&お酒での失敗談も<モデルプレスインタビュー>」『モデルプレス』、ネットネイティブ、2015年12月15日https://mdpr.jp/interview/detail/15499322020年5月17日閲覧 
  33. ^ “Crystal Kay、3年ぶりツアー完走「私は一生歌い続けるのが使命」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月25日). https://natalie.mu/music/news/181049 2020年5月17日閲覧。 
  34. ^ “Crystal Kay、ドラマ『デイジー・ラック』主題歌担当&ニューAL発売決定”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2018年3月28日). https://www.barks.jp/news/?id=1000153395 2020年5月18日閲覧。 
  35. ^ Crystal Kay(インタビュアー:麦倉正樹)「Crystal Kayが語る、シンガーとしての葛藤と変化「誰かのために歌いたいと思うようになった」」『リアルサウンド』、blueprint、2018年6月13日https://realsound.jp/2018/06/post-205965.html2020年5月18日閲覧 
  36. ^ Crystal Kay -アコースティックツアー「クリカフェ “For You”」開催決定!』(プレスリリース)UNIVERSAL MUSIC JAPAN、2018年5月11日https://www.universal-music.co.jp/crystal-kay/news/2018-05-11/2020年5月18日閲覧 
  37. ^ a b “Crystal Kay、アニメ主題歌で中田ヤスタカと初タッグ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年7月8日). https://natalie.mu/music/news/18486 2020年5月14日閲覧。 
  38. ^ “歌手のクリスタル ケイが『左目探偵EYE』でドラマ初出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2009年12月29日). https://www.oricon.co.jp/news/72043/full/ 2020年5月14日閲覧。 
  39. ^ “クリスタル・ケイ、連ドラ初レギュラー決定”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2009年12月30日). https://www.barks.jp/news/?id=1000056958 2020年5月14日閲覧。 
  40. ^ “Crystal Kay、主題歌を務めるオトナの土ドラ『ノンママ白書』に出演決定 松尾潔と第4話に登場”. リアルサウンド (blueprint). (2016年8月31日). https://realsound.jp/2016/08/post-9018.html 2020年5月14日閲覧。 
  41. ^ “城田優主演「ピピン」追加キャストにミュージカル初挑戦のCrystal Kayら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年7月16日). https://natalie.mu/stage/news/291304 2020年5月14日閲覧。 
  42. ^ TheatriX! (2018年7月16日). “Crystal Kayがミュージカル初出演、 城田優主演『ピピン』、今井清隆、霧矢大夢ら他メインキャストも発表”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/198583 2020年5月14日閲覧。 
  43. ^ Crystal Kay(インタビュアー:若林ゆり)「クリスタル・ケイのコンプレックスを変えたNY「日本ではなかなかできなかった」」『週刊女性PRIME』、主婦と生活社、2019年6月7日https://www.jprime.jp/articles/-/152902020年5月14日閲覧 
  44. ^ “第27回読売演劇大賞ノミネーションを発表”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年1月16日). https://natalie.mu/stage/news/363319 2020年5月14日閲覧。 
  45. ^ 第27回読売演劇大賞(2020年) 受賞者・受賞作紹介”. 読売新聞へようこそ. 読売新聞社 (2020年2月3日). 2020年5月14日閲覧。
  46. ^ “「ヘアスプレー」にCrystal Kay・三浦宏規ら、トレイシーの母役は山口祐一郎”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年4月8日). https://natalie.mu/stage/news/327076 2020年5月14日閲覧。 
  47. ^ TheatriX! (2019年4月8日). “ミュージカル『ヘアスプレー』日本版、メインキャストにCrystal Kay、山口祐一郎ら”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/233819 2020年5月14日閲覧。 
  48. ^ “ふぉ〜ゆ〜×梅棒の「Only.1,not No.1」と「ヘアスプレー」が全公演中止に”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年4月24日). https://natalie.mu/stage/news/376808 2020年5月14日閲覧。 
  49. ^ TheatriX! (2020年4月24日). “『ヘアスプレー』、ふぉ〜ゆ〜 meets 梅棒『Only 1, not No.1』 6月東京公演及び全国ツアー公演が中止”. SPICE (イープラス). https://spice.eplus.jp/articles/268489 2020年5月14日閲覧。 
  50. ^ a b CMソングで話題のCrystal Kay 新曲「Faces」が本日発売!リリックビデオも新しく公開!』(プレスリリース)UNIVERSAL MUSIC JAPAN、2017年2月17日https://www.universal-music.co.jp/crystal-kay/news/2017-02-17/2020年5月18日閲覧 
  51. ^ CRYSTAL KAY - CRYSTAL KAY” (Korean). Hot Tracks. 2014年9月14日閲覧。
  52. ^ 観光特急しまかぜのご案内(近畿日本鉄道)2013年2月2日閲覧
  53. ^ “Crystal Kay、ニューシングルに「Galaxy」CMソングを収録”. 音楽ナタリー. (2015年4月10日). https://natalie.mu/music/news/143696 2018年4月1日閲覧。 
  54. ^ Crystal Kay新曲は「オトナ女子」挿入歌、3年半ぶりアルバム発売も”. 音楽ナタリー (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  55. ^ 「シーズンズ」日本語版主題歌がCrystal Kayの新曲に決定、予告編も公開”. 映画ナタリー (2015年11月25日). 2015年11月25日閲覧。
  56. ^ 【Crystal Kay】New Single「サクラ」がTBS系テレビ「ひるおび!」3月度エンディングテーマに決定”. LDH.Inc, (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  57. ^ “ミランダ・カー、Crystal Kayの生歌に感激「ビューティフル!」”. ORICON STYLE. (2016年3月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2068581/full/ 2016年3月17日閲覧。 
  58. ^ “クリスタル・ケイが保奈美の連ドラ主題歌…フジ系「ノンママ白書」”. スポーツ報知. (2016年7月29日). https://hochi.news/articles/20160728-OHT1T50339.html 2016年7月29日閲覧。 
  59. ^ “Crystal Kay“遊び心のある設定”で鈴木保奈美主演ドラマに出演”. 音楽ナタリー. (2016年8月31日). https://natalie.mu/music/news/200108 2016年8月31日閲覧。 
  60. ^ 松任谷由実の名曲から生まれたドラマ『ユーミンストーリーズ』にクリスタル ケイ、池松壮亮らの出演決定 劇伴は青葉市子”. クランクイン!. ブロードメディア (2024年1月25日). 2024年1月28日閲覧。
  61. ^ 仲里依紗、森田剛、高橋和也、クリスタル・ケイ、松尾貴史らが「白鍵と黒鍵の間に」出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2023年4月27日). 2023年4月27日閲覧。
  62. ^ 上白石萌音、横山だいすけ、クリスタル ケイ出演決定!『美女と野獣』イン・コンサート 11/22(金)一般発売開始』(プレスリリース)ハーモニージャパン、2019年11月20日https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000067.000020716.html2020年5月15日閲覧 
  63. ^ EXILE THE SECOND、豪華ゲストほか総勢200人参加の「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」MV解禁”. BARKS (2016年6月24日). 2020年3月18日閲覧。
  64. ^ 第27回読売演劇大賞贈賞式開催  橋爪功、菅田将暉は笑顔で、神野三鈴は蒼井優と涙! 松たか子はガッツポーズ!”. イープラス (2020年2月29日). 2020年3月18日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クリスタルケイ」の関連用語

クリスタルケイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クリスタルケイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのCrystal Kay (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS