かこうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 加工 > かこうの意味・解説 

か‐こう【下後】

下部後方


か‐こう〔‐カウ〕【下降】

[名](スル)下へ向かって移動、または、変化すること。「飛行機が下降する」「支持率が下降する」⇔上昇


か‐こう【仮構】

[名](スル)実際にはないことを存在するものとして仮に作り設けること。想像によってつくり出すこと。また、そのもの虚構。「仮構の世界


か‐こう〔‐カウ〕【佳×肴/××肴】

うまい酒のさかな。おいしい料理。「珍味—」


か‐こう【加功】

[名](スル)助力すること。法律では、犯罪加担することをいう。

ハルマ釈辞の書は、彼が—して、其の業を助成せりとなり」〈蘭学事始


か‐こう【加工】

[名](スル)

原料素材に手を加え新しい物を作ること。細工をすること。「加工を施す」「を加工して練り製品作る」「加工品」「食品加工」

法律で、他人動産工作加えて、新たな加工物を作ること。加工物の所有権原則として材料所有者属する。


かこ・う〔かこふ〕【囲う】

[動ワ五(ハ四)]

外部からそこなわれないように、まわりを取り巻く。中に取り込めて、外との境を作る。「敷地を塀で—・う」「庭木を—・う」

人目から隠しておく。かくまう。「犯人を—・う」

小銭を—・って」〈真山・男五人

人に知られないようにして世話をする。「妾(めかけ)を—・う」

野菜果物保存処置をして蓄える。貯蔵する。「ネギを—・う」

かばう。たすけ守る。

「姫を—・ひ奥へ入り給ふを」〈伎・壬生大念仏

[可能] かこえる


か‐こう【架構】

材を組み立ててつくった構造物


か‐こう〔‐カウ〕【歌稿】

歌の草稿。歌の下書き詠草


か‐こう〔‐カウ〕【歌行】

楽府(がふ)の一体。同じ題が南北朝以前楽府になく、古体詩七言長編が多い。


か‐こう【河口】

河川が海や湖に注ぎ入る所。かわぐち


か‐こう〔‐カウ〕【河港】

河口または河岸に造られた港。


か‐こう〔クワクワウ〕【火光】

炎が出す光。また、灯火の光。

「—は湿を帯びて焔青く」〈織田訳・花柳春話


か‐こう〔クワ‐〕【火口】

火山の、噴出物放出される開口部噴火口

ボイラーの火のたき口


か‐こう〔クワ‐〕【火孔】

火山火口内、または周辺部に新たに形成された小さ噴出口


か‐こう〔クワ‐〕【火工】

火薬爆薬詰めること。また、その作業をする人。


か‐こう〔‐カウ〕【稼行】

[名](スル)地下資源を掘り取ること。採掘。「現に稼行されている炭鉱


か‐こう〔クワ‐〕【花候】

花の咲くころ。はなどき


か‐こう〔クワカウ〕【花梗】

花柄(かへい)


か‐こう〔クワカウ〕【花香】

花の香り。

仏前霊前にそなえる花と香。

「仏に—奉り」〈盛衰記・二〉


か‐こう〔クワカフ〕【華甲】

《「の字分解すると六つの「十」と「一」とになり、「甲」は甲子(きのえね)で十干十二支それぞれの最初を指すところから》数え年61歳の称。華年(かねん)。還暦


か‐こう〔クワ‐〕【課口】

律令制で、調(ちょう)・庸(よう)・雑徭(ぞうよう)を負担する者。17歳上の男子で、正丁(せいてい)・老丁中男(ちゅうなん)・残疾(ざんしつ)の4種がある。課丁(かてい・かちょう)。


かこう

〔名〕 (歴史的かなづかい未詳。「かかう」と同じ語か) 綿入れ着物、または布類の小切れをいう。

四河入海(17C前)二三「縕は日本に云ふかこうと云ものぞ」

八多化の寝覚草(1848)「麁服(あしききもの)をほろ、小ぎれをかこうといふ」


か‐こう ‥カウ 【下行】

〔名〕

① 下へ行くこと。下り行くこと。

暦象新書(1798‐1802)中「霊台儀象志に、時の一秒下行一丈四尺四寸とす。〈略〉下行は即落線なり」

文字書き方として上から下に書き綴って行く方法。たてがき

音楽で、高い音から低い音に移行すること。


か‐こう ‥カウ 【下降】

〔名〕 下にさがること。くだること。降下。⇔上昇

本朝続文粋(1142‐55頃)一・参安楽寺詩〈大江匡房〉「下降礎石上昇

*土(1910)〈長塚節二七其の温度著るしく下降した」〔礼記‐楽記〕


か‐こう【仮構】

〔名〕

① 仮に構造物をつくること。また、その物。仮のかまえ。仮のしつらえ。〔工学字彙(1886)〕

想像力によって組み立てられたもの。また、そのようにして組み立てること。虚構

*続三千里河東碧梧桐明治四二年(1909)九月五日写生客観的━に拘泥して仮構の詩美忘れるのは一方に偏したことである」


か‐こう【加功】

〔名〕 他人行為一部分担すること。首謀者に力を添えること。手伝うこと。法律では犯罪手伝行為をいう。

随筆折たく柴の記(1716頃)下「本犯の罪問ふに及ばれざらむには、加功のものの罪を論ずべきにもあらず」

刑法明治四〇年)(1907)六五条犯人身分に因り構成可き犯罪行為に加功したるときは」〔白虎通五行


か‐こう【加工】

〔名〕

人工加えること。手を加え細工すること。原料または他の製品に手を加えて、新し製品作ること。

他人の顔(1964)〈安部公房〉黒いノート「いまでも未開人は平気で顔を加工する」

法律で、天然物または他人所有物、ことに動産工作加えて、それを他の形状変更すること。〔加工の為輸入する物品に関する制(明治三九年)(1906)〕


か‐こう クヮ‥ 【化工】

〔名〕 万物をつくり出す神。造物主

新撰類聚往来(1492‐1521頃)上「釣播暖、化工密運」〔蘇軾‐和述古冬日牡丹詩〕


か‐こう クヮカウ 【和羹】

〔名〕

① 肉や野菜など種々のものを混ぜて味を調和させた羹(あつもの)。

江吏部集101011頃)上・春日野行「此時想得和羹事、誰問当初傅野」〔書経‐説命下〕

君主助け天下宰領すること。また、その人宰相。〔張説‐恩制賜食於麗正書院宴詩〕


か‐こう ‥カウ 【嘉幸】

〔名〕 めでたいこと。よいしあわせ

庭訓往来(1394‐1428頃)「自他嘉幸、千万千万


か‐こう ‥カウ 【嘉肴・佳肴】

〔名〕 おいしい肴(さかな)。うまい料理。〔文明本節用集室町中)〕

*寄笑新聞1875)〈梅亭金鵞〉七号「牛豕を以て上なき佳肴(カコウ)とし」


かこう【嘉興】


かこ・う かこふ 【囲】

〔他ワ五(ハ四)〕

中にとりこめ周囲をふさぐ。回りとりかこむ。とりまく。

霊異記810‐824)上「親属東人を繋(つな)ぎ、閉ぢ居(お)き構樔(カコフ)〈興福寺訓釈 二合加己不〉」

にごりえ(1895)〈樋口一葉〉四「草ぼうぼう空地面、それが端を少し囲(カコ)って」

② 害から守ってやる。たすけまもる。かばう。

信長公記(1598)一二足弱をかこはせ退き候はんに」

洒落本魂胆惣勘定(1754)上「目立ぬやうに其衣類をかこうべし

他人に知られないよう隠しておく。かくまう

*男五人(1908)〈真山青果〉一「内々小銭を貯(カコ)って」

④ 妾(めかけ)を別宅などに人に知られないように住まわせる。妾を置いて養う。

浮世草子傾城禁短気(1711)一「有徳なる人にかこはれながら貧なる男を忍びて」

(5) 果実野菜などを覆いをして保存する。貯えておく。貯蔵する。

交隣須知(18C中か)一「氷ガアルニヨリ、ヨウカコフタモノデ」

(6) 捕獲した魚介類一時的活簀(いけす)などに飼っておく。

(7) 船が使用されないで年を越す。→囲船(かこいぶね)②。

(8) 家などを整備したり修理したりする(日葡辞書(1603‐04))

(9) カルタばくちの一種「きんご」で一四点となった時、伏せることをいい、転じて、そっと伏せておく、見のがすの意にいう。

浄瑠璃御所桜堀川夜討(1737)二「汗水流し取った物を、又物せうとはそりゃ胴慾今夜の所は囲うて貰ほ」


かこう【夏口】


か‐こう【家口】

〔名〕 家長以外の家族

続日本紀和銅四年(711)一〇月甲子「凡私鋳銭斬、従者没官、家口皆流」〔列子黄帝


か‐こう【架構】

〔名〕 材片を結び合わせ組み上げ構造物。〔工学字彙(1886)〕


か‐こう ‥カウ 【歌稿】

〔名〕 歌の草稿詠草

日本外史(1827)一「忠澄撿其鎧歌稿、因知其為忠度也」


か‐こう ‥カウ 【歌行】

〔名〕 中国の詩の一体。楽府題(がふだい)によく用いられた歌、行、吟、曲、引などを題名に使った作品で、六朝以前の古い楽府にはないものをさす。たとえば、「長恨歌」「兵車行」など。通常その中でも、七言古詩詩体のものに限っていうことが多く七言歌行と呼ぶこともある。広い意味では楽府体一種ともいえる。

随筆孔雀楼筆記(1768)四「予少年のとき白雪七言歌行を作る


か‐こう【河公】

〔名〕 水の神河伯。〔漢書溝洫志〕


か‐こう【河口】

〔名〕 河の、海または湖に流れ込む部分。海に流れ込む場合には有潮河口、無潮河口の二種がある。かわぐち

輿地誌略(1826)一「南流して黒海に入、河口広数里」


か‐こう【河工】

〔名〕 河川工事

地方官会議日誌‐一〇・明治八年1875七月二日「且河を凌し漕を便にするのみならば、河工も甚易し


か‐こう ‥カウ 【河港】

〔名〕 河口河岸にある港。河津(かしん)。

地方官会議日誌‐九・明治八年1875七月二日大蔵省に於て河港道路修築規則頒布す」


か‐こう クヮ‥ 【火候】

〔名〕 火のかげん。

*玩先生詠物百首(1783)射香「火候将繊指掩、香名難翠眉顰」

新浦島(1895)〈幸田露伴一一「鼎(てい)はそもそもどんなもの火候(クヮコウ)は摂氏何度たるべき」


か‐こう クヮクヮウ 【火光】

〔名〕 炎が出す光。火の光。ひかり。

正法眼蔵123153光明「仏光も自己光明も、赤白青黄にして、火光水光のごとく珠光玉光のごとく」〔史記孟嘗君伝〕


か‐こう クヮ‥ 【火口】

〔名〕 火山体一部に開いた、溶岩火山ガスなどの噴出口噴火口。〔五国対兵語字書(1881)〕


か‐こう クヮ‥ 【火孔】

〔名〕 火山火口内に新しくできたさらに小さ火口


か‐こう クヮ‥ 【火工】

〔名〕 弾丸火薬詰め作業また、その作業をする人。〔五国対兵語字書(1881)〕


か‐こう クヮ‥ 【火攻】

〔名〕 火を放って敵を攻めること。ひぜめ。

詩聖詩集‐二編(1828)七・秋蚊団扇払難除、奇策火攻」〔孫子‐火攻〕


か‐こう クヮカフ 【火閤】

〔名〕

火の見やぐら

空華日用工夫略集応安五年(1372)七月一日「遂率一衆火閤而為禅堂

② こたつ。

五山堂詩話(1807‐16)二「睡与蒲団穏、暖於火閤親」


か‐こう クヮ‥ 【花候】

〔名〕 花の咲く時候花盛りの頃。花期

西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉前「花候には其美麗なること心目を快す」


か‐こう クヮクヮウ 【花光・華光】

〔名〕

花の色。花のつややかさ。

凌雲集(814)神泉苑花宴落花篇〈嵯峨天皇〉「見取花光表出造化寧仮丹青筆」〔李白‐寄遠詩〕

華やかな光。

火の柱(1904)〈木下尚江二一銀燭華光燦爛たる一室に」


か‐こう クヮカウ 【花巷】

〔名〕 遊女屋芸者屋などが集まっている所。花街(かがい)。遊里色里

帰省(1890)〈宮崎湖処子〉五「花巷には不夜城あり、銀座には暗夜なきも」


か‐こう クヮカウ 【花梗】

〔名〕 =かへい(花柄)〔生物学語彙(1884)〕


か‐こう クヮカウ 【花香】

〔名〕

① 花のにおい。花の香気。花気

*植学啓原(1833)三「花香之性、軽々之、頭脳爽快

仏前霊前にそなえる花と香。香花香華(こうげ)。

本朝文粋(1060頃)一四・為覚運僧都四十九日願文大江以言〉「花香梵唄荘厳、亦在南嶽光儀


か‐こう クヮ‥ 【華構・花構】

〔名〕 はなやかな建物構え。立派な造り

本朝文粋(1060頃)一三・為左大臣供養浄妙寺願文大江匡衡〉「自長保年三月一。結花構初心


か‐こう クヮカフ 【華甲・花甲】

〔名〕 (「の字分解すると、六つの十と一とになり、「甲」は「甲子」の略で、十干十二支それぞれの最初を指すところから) 六一歳の称。還暦ほんけがえり華甲子

伊沢蘭軒(1916‐17)〈森鴎外〉一七四大久保五岳忠宜。今歳華甲」


か‐こう クヮ‥ 【課口】

〔名〕 令制で、租・庸・調のうち課役すなわち人身課税である調・庸を負担する者。男子のうち正丁二一歳以上)、老丁六一歳以上)、残疾不具または罹病)、中男一七歳以上)の四種がこれに該当する。皇親八位以上、少男(一六歳以下)、蔭子、耆(六六歳以上)、廃疾篤疾、および女子家人奴婢不課口である。→課戸(かこ)。

令義解718)戸「戸内課口者。為課戸。無課口者。為不課戸


か‐こう ‥クヮウ 【遐荒・蝦荒】

〔名〕 都からはるかに離れ野蛮の地。国はずれ。

性霊集‐三(835頃)贈伴按察平章事赴陸府詩「授斧節於竜顔、撫皇化蝦荒」〔晉書文帝紀〕


か‐こう ‥クヮウ 【霞光】

〔名〕 空が日の光を受けて赤く見えるもの。朝焼け夕焼けなど。転じて、錦などの織物

新撰万葉(893‐913)上「霞光片々錦千端、未名花五彩斑」

新浦島(1895)〈幸田露伴〉四「父は猶一つの匣(はこ)を披けば中なるは玉手筥とは問はでも著(しる)く、霞光(カクヮウ)奕々(えきえき)と閃(ひら)めき出でて」


か‐こう クヮ‥ 【靴工】

〔名〕 靴を作る職工靴師。〔軍制綱領1875)〕


書こう、闕こう、描こう、舁こう、画こう、欠こう、掻こう

読み方:かこう

カ行五段活用動詞「書く」「闕く」「描く」「舁く」「画く」「欠く」「掻く」の未然形である「書こ」「闕こ」「描こ」「舁こ」「画こ」「欠こ」「掻こ」に、推量意志勧誘助動詞「う」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

かこう 【加工、finishing,converting】

印刷後に製品として仕上げるための作業表面加工製本加工などの総称

囲う

かこう - 乗務員さんの用語

・使っている人たち
無線主体営業するドライバー

1:毎日同じ時間無線を頼むお客様頼み込んで、自分と相番交互でそのお客様送迎すること。(通常出勤時が多い)

2:会社無線室を通さないで直接お客様依頼ドライバー請けてしまうこと。(不定期無線を頼むお客様仲良くなって携帯連絡を貰う事など)

読み方:かこう

  1. 他人金品ヲ盗ムコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・宮城県
  2. 品ヲ盗ムコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・徳島県
  3. 窃取行為を云ふ。
  4. 窃取行為のこと。

分類 宮城県徳島県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

花香

読み方
花香かこう

かこう

出典:『Wiktionary』 (2019/09/10 14:23 UTC 版)

動詞

(かこう)

  1. 外部及ばないように、周囲をとりまく。
  2. 人目から隠しておく。かくまう
  3. 別宅などに置く。
  4. 野菜果実などを蓄えておく。
  5. かばう保護する。

活用

かこ-う 動詞活用日本語活用
ワ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
かこ

活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 かこわない 未然形 + ない
意志勧誘 かこおう 未然形音便 + う
丁寧 かこいます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かこった 連用形音便 + た
言い切り かこう 終止形のみ
名詞化 かこうこ 連体形 + こと
仮定条件 かこえば 仮定形 + ば
命令 かこえ 命令形のみ

発音

か↗こう

語源

関連語

翻訳

とりまく

かくまう

貯蔵。妾

かばう

同音異義語




かこうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かこう」の関連用語

かこうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かこうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2021 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかこう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS