地質年代とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > 地質年代の意味・解説 

地質年代

読み方ちしつねんだい
【英】: geological time, geological age

地球生成時期はまだ確定されていないが、地殻earth crust)はおよそ 45 億年くらい前からでき始めたと考えられている。このころ地殻火山活動が盛んで、堆積たいせき}があった跡は残っていない。6 億年以前ころから明確な堆積始まり、これをカンプリア紀(Cambrian)と呼ぶ。
これからを地質年代といい、表のように区分されている。カンプリア紀以前にも若干堆積あったらしく、これを前カンプリア時代という。すなわち、地層区分し、その生成時期相対的時間関係で表したものが地質年代であり、その区分単位大区分から小区分へ代、紀、世、期に分け通常、前カンプリア時代古生代中生代新生代の 4 代に分け、これらをさらに表のように 11 紀に分けている。各年代区分主として化石によっているが、年代古くなるに従って化石少なくなり、時間精度落ちるが、同時に時間幅も大きくなっている。また地質年代決定するのに、放射性物質一定速度崩壊するという事実を利用し、これを時間物指しとして地層の古さを求めている。放射性物質にはいろいろあるが、一般によく用いられるのがウラニウムトリウムカリウムルビジウムである。ごく近くのものについては炭素も用いられている。石油産出する地層いろいろな地質時代わたっている。最も古いものオーストラリアの先カンプリア紀のものから、新しいものはルイジアナ第四紀のものまである。
世界石油埋蔵量割合調べてみると、古生代 14 %、中生代 55 %、新生代 31 %となる。中世代の堆積岩分布世界的にみても非常に広く、量も多い。ほとんどの石油堆積岩のなかにできるから、量の多い中世代の堆積岩石油を含んでいる可能性は一番大きい。古生代堆積岩石油少ないのは、一度たまった石油が、その後地殻変動散逸したため考えられている。

表 地質年表

地質年代

英訳・(英)同義/類義語:geological age

地層堆積順序化石同定することによって推測された、地球のある時期年代放射性同位元素利用した絶対年代測定法も使われる。

地質時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/02 06:58 UTC 版)

(地質年代 から転送)

地質時代(ちしつじだい、: Geologic time scale;Geological age)とは、約46億年前の地球の誕生から現在までの内、直近数千年の記録の残っている有史時代歴史時代)以前のことである。




  1. ^ アメリカ地質調査所(USGS)作成のこの図は一般向け広報資料で、地質時代区分と基底年代は最新の情報ではない。更新依頼がUSGSに出されてはいる。英版のノートより。
  2. ^ 地質年代の日本語名称については、JIS A 0204:2012「地質図-記号,色,模様,用語及び凡例表示」により、表記法が定められている[22][23]。それによると、地質時代の名称は、同規格の表7に示された名称を用いるが、表7に示されていない世及び期については、対応する英文名の読みをそのままカタカナで書き下ろし、その後ろに時代の単位を添えて表示する、としている。
  1. ^ 滋賀県立琵琶湖博物館 「地質時代区分と絶対年代」 閲覧2012-4-7
  2. ^ 鹿児島県地学会 「地質時代」 閲覧2012-4-7
  3. ^ a b Dino Club 「自然の認識と産業革命」
  4. ^ 掛川武「太古代海洋における硫酸還元菌の活動と生息環境 (PDF) 」 、『地学雑誌』第112巻第2号、2003年、 218-225頁、2012年10月18日閲覧。
  5. ^ a b 兼岡一郎 (2011) 「地質年代表における年代数値」日本地質学会、閲覧2012-5-31
  6. ^ 知泉Wiki 「だんだんと遅くなる地球」 閲覧2012-10-26、仮リンク-参考情報
  7. ^ 国立天文台 「Q&A 昔の月は近かった」 閲覧2012-10-26、仮リンク-参考情報
  8. ^ 国立天文台 「Q&A 月がなぜ離れていく」
  9. ^ 葛生化石館 「最古の化石 ストロマトライト」 閲覧2012-10-26
  10. ^ 大阪市立自然史博物館 「地球と生命の誕生」
  11. ^ Stanley, Steven M. (1999). Earth System History. New York: W.H. Freeman and Company. pp. 297–301. ISBN 0-7167-2882-6
  12. ^ ネイチャー Nature Japan 「気候: 冷たい太陽」閲覧2012-6-21
  13. ^ Nature Japan 「始生代初期の微生物によるメタン生成に対する流体包有物からの証拠」閲覧2012-6-21
  14. ^ Nature Asia 「ケイ酸塩単結晶に記録された32億年前の地球磁場強度」閲覧2012-6-21
  15. ^ 惑星科学研究センター「大気の進化と酸素」 (PDF) 閲覧2012-6-21
  16. ^ 東京大学大学院・新領域創成科学研究科・杉田研究室「全球凍結(スノーボールアース)と酸素大気の形成」閲覧2012-6-21
  17. ^ a b Heinrich D Holland王立協会 The oxygenation of the atmosphere and oceans (PDF) 閲覧2012-6-21
  18. ^ 東京大学大学院新領域創成科学研究科「酸素は地球にいつどのように登場したのか -酸素大気形成のタイミングとメカニズムを解明-」閲覧2012-6-21
  19. ^ 岩手県立総合教育センター 「地質時代」 閲覧2012-4-7
  20. ^ 国際層序委員会 (ICS) International Stratigraphic Chart (PDF) 閲覧2015-05-25
  21. ^ a b 日本地質学会 「地質系統・年代の日本語記述ガイドライン 2015年4月改訂版」 閲覧2015-10-29
  22. ^ 日本工業規格 JIS A 0204:2012 地質図-記号,色,模様,用語及び凡例表示
  23. ^ 日本地質学会 「JISに定められた地質年代の日本語表記」閲覧2014-12-30
  24. ^ 世界地質図委員会 (CGMW) Geologic Time Scale 2008 閲覧2012-5-27
  25. ^ 鹿野和彦、星住英夫、巖谷敏光、酒井彰、山元孝広、牧本博、久保和也、柳沢幸夫 et al.「地質図に用いる用語,記号,模様,色及び凡例の表示に関する基準とその解説 (PDF) 」 、『地質調査所月報』第51巻第12号、地質調査総合センター2000年、 657-678頁、2012年6月3日閲覧。
  26. ^ 白亜紀以前は省略
  27. ^ 琵琶湖博物館「日本列島の成立」 閲覧2012-4-21
  28. ^ F.M. Gradstein, J.G. Ogg, Mark Schmitz, Gabi Ogg (2012). The Geologic Time Scale 2012 2-Volume Set (1st ed.). Elsevier. ISBN 9780444594259. 
  29. ^ a b 第四紀の定義”. 日本第四紀学会. 2014年12月30日閲覧。
  30. ^ a b 磯﨑行雄、太田彩乃「超海洋中央部での古生代末大量絶滅事件と浅海環境の急変─海山頂部相中・上部ペルム系石灰岩の生層序および岩相層序─ (PDF) 」 、『地学雑誌』第110巻第3号、2001年、 427-432頁、2012年6月1日閲覧。
  31. ^ 国際層序委員会 (ICS) GSSP Table - All Periods (PDF) 閲覧2015-10-29






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

地質年代に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地質年代」の関連用語

地質年代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

火山砕屑岩

繰延係数

天然ガス液化プロセス

コア掘り

地層密度検層

模式柱状図

エスカレーション条項

原油供給価格





地質年代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2016 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地質時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS