カリウムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > カリウム > カリウムの意味・解説 

カリウム [2][1]ドイツ Kalium】 〔potassium〕


K

ドイツ Kalium〗 カリウムの元素記号

カリウム

分子式K
その他の名称:Potassium、K
体系名:カリウム塩、カリウム


物質
カリウム
英語名
Potassium
元素記号
K
原子番号
19
分子量
39.0983
発見
1807年
原子半径(Å)
2.26
融点(℃)
63.5
沸点(℃)
765.5
密度(g/cm3
0.86
比熱(cal/g ℃)
0.177
イオン化エネルギー(eV)
4.341
電子親和力(eV)
0.5012


カリウム

英訳・(英)同義/類義語:potassium

周期律表のI属(アルカリ金属)に属す金属元素で、陽イオンは重要な生理作用を持つ。K

カリウム(K)

カリウムは生物にとって必須金属で、生物浸透圧調節筋肉収縮神経の伝達などの働きをしています。地殻中には2.1%、海水中には約380mg/リットル含まれています。主な用途としては、還元剤無機化学工業におけるカリウム化合物原料等があり、また、ナトリウムとの合金液体金属として高温温度計原子炉冷却材に使われています。

カリウム

読み方かりうむ
【英】:K

人体に必要なミネラル一種で、浸透圧の調整などの働きをする。ナトリウム排出する作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節する上で重要。

 人体に必要なミネラル一種で、成人体内には約120gから200gが含まれています。遊離イオンリン酸塩たんぱく質との結合体としてそのほとんどが細胞内にありますが、ごく一部血液リンパなどの体液細胞外液)や骨にも含まれています。
 カリウムは、細胞内液浸透圧調節して一定に保つ働きありますまた、神経の興奮性や筋肉収縮に関わっており、体液pHバランスを保つ役割も果たしています。ナトリウム身体の外に出しやすくする作用があるため、塩分の摂り過ぎを調節するのに役立ちます。「日本人の食事摂取基準2005年版)」では、高血圧予防目的としたカリウム摂取目標量を成人男女とも1日当たり3,500mgとしています。不足するとこれらの働き影響することはもちろん、脱力感食欲不振筋無力症精神障害不整脈などの症状みられることがあります。なお、大量摂取した場合でも体内調節機構が働くので、通常、カリウムが過剰になることはまれであると言われています。


カリウム

ナトリウムとともにからだの水分バランス調節心拍リズムを正常に保つミネラルです。筋肉中にも多く含まれ、筋肉運動するために必要とされます。トマトジュースサツマイモインゲン豆、ひじき、バナナなどに含まれています。

カリウム(かりうむ)

元素記号はK。カビ酵母増殖に重要な役割を果たすが、多すぎると製麹や醪経過温度が急昇し、管理が困難になる。

カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/27 04:32 UTC 版)

カリウムドイツ語: Kalium [ˈkaːriʊm]新ラテン語: kalium)は原子番号 19 の元素で、元素記号K である。原子量は 39.10。アルカリ金属に属す典型元素である。医学薬学栄養学などの分野では英語ポタシウム (Potassium [poʊˈtæsiəm]) が使われることもある。和名では、かつて加里(カリ)または剥荅叟母(ぽたしうむ)という当て字が用いられた。




  1. ^ a b 櫻井、鈴木、中尾 (2003) 24頁。
  2. ^ James, Arthur M.; Lord, Mary P. (1992). Macmillan's Chemical and Physical Data. London: Macmillan. ISBN 0-333-51167-0. 
  3. ^ a b Dye, J. L. (1979). “Compounds of Alkali Metal Anions”. Angewandte Chemie International Edition 18 (8): 587–598. doi:10.1002/anie.197905871. 
  4. ^ 千谷 (1959) 83頁。
  5. ^ Helmenstine, Anne Marie. “Qualitative Analysis – Flame Tests”. About.com. 2011年5月9日閲覧。
  6. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 249-250頁。
  7. ^ a b c Winter, Mark. “Potassium: Key Information”. Webelements. 2011年5月8日閲覧。
  8. ^ Davy (1808) p. 25.
  9. ^ a b ショアー、ボルハルト (2004) 361頁。
  10. ^ a b c d Holleman, Arnold F.; Wiberg, Egon; Wiberg, Nils (1985). “Potassium” (German). Lehrbuch der Anorganischen Chemie (91-100 ed.). Berlin: Walter de Gruyter. ISBN 3-11-007511-3. 
  11. ^ Burkhardt (2006) p. 35.
  12. ^ 化学大辞典編集委員会 (編) 『化学大辞典』 共立出版、1993年。
  13. ^ a b 村上雅人 『元素を知る事典: 先端材料への入門』 海鳴社、2004年、100頁。ISBN 9784875252207
  14. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 253頁。
  15. ^ Burkhardt (2006) p. 32.
  16. ^ 日本工業規格、JIS K0102 工場排水試験方法。
  17. ^ 日本工業規格、JIS K0400-49-20 水質―ナトリウム及びカリウムの定量―第2部:原子吸光法によるカリウムの定量。
  18. ^ 日本分析化学学会 (2008) 97頁。
  19. ^ 榊徹 (2003年). “イオン選択電極”. エーアンドティー. p. 5. 2011年9月28日閲覧。
  20. ^ 日本分析化学学会 (2008) 106頁。
  21. ^ Cameron, A. G. W. (June 1957). Stellar Evolution, Nuclear Astrophysics, and Nucleogenesis. Chalk River Laboratory report CRL-41. http://www.fas.org/sgp/eprint/CRL-41.pdf. 
  22. ^ a b c Georges, Audi (2003). “The NUBASE Evaluation of Nuclear and Decay Properties”. Nuclear Physics A (Atomic Mass Data Center) 729: 3-128. Bibcode 2003NuPhA.729....3A. doi:10.1016/j.nuclphysa.2003.11.001. 
  23. ^ President and Fellows Harvard College. “Radioactive Human Body”. Harvard Natural Sciences Lecture Demonstrations. 2011年10月1日閲覧。
  24. ^ Winteringham, F. P. W. (1989). Radioactive fallout in soils, crops and food. FAO Soils Bulletin 61. Rome: Food and Agriculture Organization of the United Nations. p. 32. ISBN 9789251028773. http://books.google.de/books?id=KRVXMiQWi0cC&pg=PA32 2011年5月15日閲覧。. 
  25. ^ Monroe, James Stewart; Wicander, Reed; Hazlett, Richard W. (2007). Physical Geology: Exploring the Earth (6th ed. ed.). Belmont, CA: Thomson Brooks/Cole. p. 80. ISBN 9780495011484. http://books.google.de/books?id=iXfhFnoQBQ0C&pg=PA80. 
  26. ^ a b c 自然起源放射性物質データベース(窒素肥料・リン酸肥料・カリ肥料) (pdf)”. 独立行政法人 放射線医学総合研究所. pp. 10-11. 2011年5月8日閲覧。
  27. ^ SIDS 初期評価プロファイル 塩化カリウム (pdf)”. 一般社団法人 日本化学物質安全・情報センター. p. 2. 2011年5月8日閲覧。
  28. ^ a b c Prud'homme, Michel; Krukowski, Stanley T. (2006). “Potash”. In Kogel, Jessica Elzea; Trivedi, Nikhil C.; Barker, James M.; Krukowsk, Stanley T.. Industrial Minerals & Rocks. Littleton, CO: Society for Mining, Metallurgy, and Exploration. pp. 723–740. ISBN 9780873352338. http://books.google.com/books?id=zNicdkuulE4C&pg=PA723. 
  29. ^ Burkhardt, Elizabeth R. (2003). “Potassium and Potassium Alloys”. In Ullmann, Fritz; Bohnet, Matthias. Ullmann's encyclopedia of industrial chemistry. 29. Weinheim: Wiley-VCH. p. 83. 
  30. ^ Garrett, Donald E. (1996). Potash: deposits, processing, properties and uses. London: Chapman & Hall. ISBN 9780412990717. http://books.google.de/books?id=EHx51n3T858C. 
  31. ^ Wishart, David J. (2004). Encyclopedia of the Great Plains. University of Nebraska Press. p. 433. ISBN 9780803247871. http://books.google.de/books?id=rtRFyFO4hpEC&pg=PA433. 
  32. ^ Ober, Joyce A. (2008年). “Mineral Commodity Summaries 2008: Potash”. United States Geological Survey. 2008年11月20日閲覧。
  33. ^ Micale, Giorgio; Cipollina, Andrea; Rizzuti, Lucio (2009). Cipollina, Andrea; Micale, Giorgio; Rizzuti, Lucio. ed. Seawater Desalination: Conventional and Renewable Energy Processes. Berlin: Springer. p. 3. ISBN 9783642011498. http://books.google.de/books?id=NXEmcGHScV8C&pg=PA3. 
  34. ^ a b Ober, Joyce A. (2007年). “Mineral Yearbook 2006: Potash”. United States Geological Survey. 2008年11月20日閲覧。
  35. ^ 荻野博 『典型元素の化合物』 岩波講座 現代科学への入門 11、岩波書店、2004年、150頁。ISBN 4-00-011041-1
  36. ^ Potassium Metal 98.50% Purity”. Galliumsource.com. 2010年10月16日閲覧。
  37. ^ 004 – Potassium Metal”. Mcssl.com. 2010年10月16日閲覧。
  38. ^ Abdelwahab, M.; Youssef, S.; Aly, A.; Elfiki, S.; Elenany, N.; Abbas, M. (1992). “A simple calibration of a whole-body counter for the measurement of total body potassium in humans”. International Journal of Radiation Applications and Instrumentation. Part A. Applied Radiation and Isotopes 43 (10): 1285-1289. doi:10.1016/0883-2889(92)90208-V. 
  39. ^ Chang, Raymond (2007). Chemistry. Boston: McGraw-Hill Higher Education. p. 52. ISBN 9780071105958. http://books.google.com/books?id=huSDQAAACAAJ 2011年5月29日閲覧。. 
  40. ^ Campbell, Neil (1987). Biology. Menlo Park: Benjamin/Cummings. p. 795. ISBN 0-8053-1840-2. 
  41. ^ Lockless, S. W.; Zhou, M.; MacKinnon, R. (2007). “Structural and thermodynamic properties of selective ion binding in a K+ channel”. PLoS Biol 5 (5): e121. PMID 17472437. 
  42. ^ Schonwald, Seth (2004). “Potassium Chloride and Potassium Permanganate”. Medical toxicology. Philadelphia: Lippincott Williams & Wilkins. pp. pp. 903-905. ISBN 9780781728454. http://books.google.com/books?id=BfdighlyGiwC&pg=PA903. 
  43. ^ a b c d 「日本人の食事摂取基準」策定検討会: “日本人の食事摂取基準”. 厚生労働省. pp. 192-194 (2010年). 2011年10月1日閲覧。
  44. ^ Marfy, Claire; Cardello, A. V.; Brand, Joseph G. (1981). “Tastes of Fifteen Halide Salts Following Water and NaCl: Anion and Cation Effects”. Physiology & Behavior 26: 1083-1095. http://nsrdec.natick.army.mil/LIBRARY/80-89/R81-77.pdf. 
  45. ^ 橋本壽夫 (2008年10月25日). “塩・話・解・題 43 ハロゲン化合物の味と安全性”. たばこ塩産業新聞 塩事業版 (JTクリエイティブサービス). http://www.geocities.jp/t_hashimotoodawara/salt6/salt6-08-10.html 2011年8月25日閲覧。 
  46. ^ Potassium Food Charts”. Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition. 2011年5月18日閲覧。
  47. ^ Folis, R. H. (1942). “Myocardial Necrosis in Rats on a Potassium Low Diet Prevented by Thiamine Deficiency”. Bulletin of the Johns-Hopkins Hospital 71: 235. 
  48. ^ Grim, C. E.; Luft, F. C.; Miller, J. Z.; Meneely, G. R.; Battarbee, H. D.; Hames, C. G.; Dahl, L. K. (1980). “Racial differences in blood pressure in Evans County, Georgia: relationship to sodium and potassium intake and plasma renin activity”. Journal of Chronicle Diseases 33 (2): 87-94. doi:10.1016/0021-9681(80)90032-6. PMID 6986391. 
  49. ^ Karger, S. (2004). “Energy and nutrient intake in the European Union” (PDF). Annals of Nutrition and Metabolism 48 (2 (suppl)): 1-16. doi:10.1159/000083041. http://content.karger.com/ProdukteDB/produkte.asp?Aktion=ShowPDF&ProduktNr=223977&Ausgabe=230671&ArtikelNr=83312&filename=83312.pdf. 
  50. ^ D'Elia, L.; Barba, G.; Cappuccio, F.; Strazzullo, P. (2011). “Potassium Intake, Stroke, and Cardiovascular Disease: A Meta-Analysis of Prospective Studies”. The Journal of the American College of Cardiology 57 (10): 1210-1219. doi:10.1016/j.jacc.2010.09.070. 
  51. ^ Committee on Optimization of Nutrient Composition of Military Rations for Short-Term, High-Stress Situations; Committee on Military Nutrition Research (2006). Nutrient composition of rations for short-term, high-intensity combat operations. Washington, D.C.: National Academies Press. pp. pp. 287 ff. ISBN 9780309096416. http://books.google.com/books?id=kFatoIBbMboC&pg=PT287 2011年5月29日閲覧。. 
  52. ^ Shallenberger, R. S. (1993). Taste chemistry. London: Blackie Academic & Professional. pp. pp. 120 ff. ISBN 9780751401509. http://books.google.com/books?id=8_bjyjgClq0C&pg=PA120 2011年5月29日閲覧。. 
  53. ^ Slonim, Anthony D.; Pollack, Murray M. (2006). “Potassium”. Pediatric critical care medicine. Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins. p. 812. ISBN 9780781794695. http://books.google.com/books?id=_XavFllbnS0C&pg=PA812. 
  54. ^ Visveswaran, Kasi (2009). “hypokalemia”. Essentials of Nephrology (2nd ed. ed.). New Delhi: BI Publications. p. 257. ISBN 9788172253233. http://books.google.com/books?id=c4xAdJhIi6oC&pg=PT257. 
  55. ^ 中屋豊 『よくわかる栄養学の基本としくみ』 秀和システム、2009年、167頁。ISBN 9784798022871
  56. ^ 嶋津孝、下田妙子 『臨床栄養学 疾病編』 化学同人〈エキスパート管理栄養士養成シリーズ〉、2010年、第2版、159頁。ISBN 4759812296
  57. ^ 年報 平成20年”. 経済産業省生産動態統計. 2011年6月10日閲覧。
  58. ^ a b c d Greenwood (1997) p.73
  59. ^ 千谷 (1959) 108頁。
  60. ^ 足立、岩倉、馬場 (2004) 52頁。
  61. ^ Roy, Amit H. (2007). “Fertilizers and Food Production”. In Kent, James A.. Kent and Riegel's handbook of industrial chemistry and biotechnology. 1. New York: Springer. pp. pp. 1111-1157. ISBN 9780387278438. http://books.google.com/books?id=AYjFoLCNHYUC&pg=PA167. 
  62. ^ 施肥量決定の考え方、方法等”. 三重県中央農業改良普及センター. p. 78. 2011年6月29日閲覧。
  63. ^ “Potassium Content of Selected Foods per Common Measure, sorted by nutrient content”. USDA National Nutrient Database for Standard Reference, Release 20. http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/Data/SR20/nutrlist/sr20w306.pdf 
  64. ^ Figoni, Paula I. (2010). “Bleaching and Maturing Agents”. How Baking Works: Exploring the Fundamentals of Baking Science. Hoboken: John Wiley & Sons. p. 86. ISBN 9780470392676. http://books.google.com/books?id=XqKF7PqV02cC&pg=PA86. 
  65. ^ Chichester, C. O. (1986). “Uses and Exposure to Sulfites in Food”. Advances in Food Research. 30. Orlando: Academic Press. pp. pp. 4-6. ISBN 9780120164301. http://books.google.com/books?id=eblAtwEXffcC&pg=PA4. 
  66. ^ Kearey, Philip; Brooks, M.; Hill, Ian (2002). “Optical Pumped Magnetometer”. An introduction to geophysical exploration. Oxford: Blackwell Science. p. 164. ISBN 9780632049295. http://books.google.com/books?id=R_Y925b97ncC&pg=PA164. 
  67. ^ Werner, R. C.; Jackson, C. B. (1957). “Chapter 18. The Manufacture of Potassium and NaK”. Advances in Chemistry. 19. pp. pp. 169-173. doi:10.1021/ba-1957-0019.ch018. ISBN 9780841200203. ISSN 9780841221666. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/ba-1957-0019.ch018. 
  68. ^ Greenwood (1997) p. 76.
  69. ^ Siegel, Richard S. (1940). “Ignition of the safety match”. Journal of Chemical Education 17 (11): 515. doi:10.1021/ed017p515. 
  70. ^ Toedt, John; Koza, Darrell; Cleef-Toedt, Kathleen Van (2005). “Personal Cleansing Products: Bar Soap”. Chemical Composition of Everyday Products. Westport: Greenwood Press. ISBN 9780313325793. http://books.google.com/books?id=UnjD4aBm9ZcC&pg=PA4. 
  71. ^ 千谷 (1959) 114頁。
  72. ^ 『めっき科電気めっき作業法-2級技能士コース』 職業能力開発総合大学校能力開発研究センター、職業訓練教材研究会、2005年、223頁。ISBN 4786330043
  73. ^ 加藤俊二 『身の回りを化学の目で見れば』 化学同人、1986年、162頁。ISBN 4759801553
  74. ^ Greenwood (1997) p.74
  75. ^ Marx, Robert F. (1990). The History of Underwater Exploration. New York: Dover Publications. ISBN 9780486264875. http://books.google.com/books?id=oiWFhoRzPBQC&pg=PA93. 
  76. ^ Gettens, Rutherford John; Stout, George Leslie (1966). Painting Materials: A Short Encyclopaedia. New York: Dover Publications. pp. pp. 109-110. ISBN 9780486215976. http://books.google.com/books?id=bdQVgKWl3f4C&pg=PA109. 
  77. ^ 櫻井、鈴木、中尾 (2003) 128頁。
  78. ^ コットン、ウィルキンソン (1987) 264頁。
  79. ^ ショアー、ボルハルト (2004) 359-361頁。
  80. ^ ショアー、ボルハルト (2004) 360頁。
  81. ^ 『医薬部外品原料規格-2006追補』 薬事日報社、薬事日報社、2009年、16頁。ISBN 4840811016
  82. ^ 『食品衛生検査指針 理化学編 2005』 厚生労働省、日本食品衛生協会、2005年、76-77頁。ISBN 4889250034
  83. ^ 萩中淳 『分析科学』 化学同人、2007年、294頁。ISBN 4759812520
  84. ^ 本浄高治 『基礎分析化学』 化学同人、1998年、80-82頁。ISBN 4759808205
  85. ^ Bowen, Robert (1988). “Theory and Assumptions in Potassium-Argon Dating”. Isotopes in the Earth Sciences. London: Chapman & Hall. pp. pp. 203-208. ISBN 9780412537103. http://books.google.de/books?id=k90iAnFereYC&pg=PA207. 
  86. ^ A temperature below absolute zero Max Plank Gesellscaft
  87. ^ Purefoy, Christian (2010年11月26日). “Nigeria's 500-year-old dye tradition under threat”. CNN. http://edition.cnn.com/2010/WORLD/africa/11/26/nigeria.dye.tradition/index.html 2011年10月1日閲覧。 
  88. ^ Marggraf, Andreas Siegmund (1761). Chymischer Schriften. Berlin: Bey Arnold Wever. p. 167. http://books.google.com/books?id=b-ATAAAAQAAJ&pg=PA167. 
  89. ^ du Monceau, H. L. D. (1736). “Sur la Base de Sel Marine” (French). Memoires de l'Academie royale des Sciences: 65-68. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k3533j/f73.image.r=Memoires%20de%20l%27Academie%20royale%20des%20Sciences.langEN. 
  90. ^ Enghag, P. (2004). “11. Sodium and Potassium”. Encyclopedia of the Elements. Weinheim: Wiley-VCH. ISBN 3527306668. 
  91. ^ van der Sijs i.a., Nicoline (2010)[1] Retrieved 14 August 2016
  92. ^ Davy (1808) pp. 1–44.
  93. ^ a b Shaposhnik, V. A. (2007). “History of the discovery of potassium and sodium (on the 200th anniversary of the discovery of potassium and sodium)”. Journal of Analytical Chemistry 62 (11): 1100-1102. doi:10.1134/S1061934807110160. 
  94. ^ Weeks, Mary Elvira (1932). “The discovery of the elements. XI. Some elements isolated with the aid of potassium and sodium: Zirconium, titanium, cerium, and thorium”. Journal of Chemical Education 9 (7): 1231. doi:10.1021/ed009p1231. 
  95. ^ Siegfried, R. (1963). “The Discovery of Potassium and Sodium, and the Problem of the Chemical Elements”. Isis 54 (2): 247-258. doi:10.1086/349704. JSTOR 228541. 
  96. ^ Browne, C. A. (1926). “Historical notes upon the domestic potash industry in early colonial and later times”. Journal of Chemical Education 3 (7): 749. doi:10.1021/ed003p749. 
  97. ^ 石鹸の歴史”. 石鹸百科. 生活と科学社 (2009年). 2011年9月29日閲覧。
  98. ^ Liebig, Justus von (1840). Die organische Chemie in ihrer Anwendung auf Agricultur und Physiologie. Braunschweig: Vieweg. http://books.google.com/?id=Ya85AAAAcAAJ. 
  99. ^ Cordel, Oskar (1868). Die Staßfurter Kalisalze in der Landwirthschaft. Aschersleben, Germany: L. Schnock. http://books.google.com/?id=EYpIAAAAYAAJ. 
  100. ^ Birnbaum, Karl (1869). Die Kalidüngung in ihren Vortheilen und Gefahren. Berlin: Wiegandt & Hempe. http://books.google.com/?id=J8Q6AAAAcAAJ. 
  101. ^ United Nations Industrial Development Organization; Int'l Fertilizer Development Center (1998). Fertilizer Manual. Dordrecht, The Netherlands: Kluwer Academic Publishers. pp. pp. 46 ff, 417 ff. ISBN 9780792350323. http://books.google.de/books?id=qPkoOU4BvEsC&pg=PA46. 
  102. ^ Miller, H. (1980). “Potash from Wood Ashes: Frontier Technology in Canada and the United States”. Technology and Culture 21 (2): 187-208. doi:10.2307/3103338. JSTOR 3103338. 
  103. ^ Rittenhouse, P. A. (1979). “Potash and politics”. Economic Geology 74 (2): 353-357. doi:10.2113/gsecongeo.74.2.353. 
  104. ^ 消防法”. 総務省. 2011年5月15日閲覧。
  105. ^ 毒物及び劇物取締法 昭和25年12月28日 法律第303号 第2条 別表第2 13
  106. ^ Alkali Metals Sodium, Potassium, NaK, and Lithium”. DOE Handbook. Washington, D.C.: U.S. Department of Energy (1994年). 2010年10月16日閲覧。
  107. ^ Wray, Thomas K. (1992年). “Danger: peroxidazable chemicals”. Environmental Health & Public Safety (North Carolina State University). 2011年5月16日閲覧。



カリウム

出典:『Wiktionary』 (2011/07/05 11:35 UTC 版)

名詞

カリウム

  1. 原子番号 19元素記号 K の金属元素アルカリ金属単体常温常圧では銀白色固体

翻訳






カリウムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カリウム」の関連用語

カリウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウイスキーフロート

向獅子マーク

ウイスキーの製造工程

コルクスクリュー

ビールの製造工程

ビールの原料

ビールの原料

ピノ・ノワール





カリウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2017 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2017 Japan Sake Brewers Association
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカリウム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS