太陽風とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 流れ > 太陽風の意味・解説 

たい ようふう -やう- [3] 【太陽風】

太陽から太陽系空間放出されているプラズマ流れ。主に電子陽子から成り速さ毎秒350700キロメートル彗星太陽反対側へガス尾を引くのは太陽風で吹き飛ばされるためである。地磁気のために地球表面には到達しないが,磁気嵐極光電離層乱れなどは太陽風が要因となって起こる。たいようかぜ。

太陽風

太陽から開放され、秒速800kmに達す速さ宇宙空間放出される帯電粒子絶え間ない嵐。

太陽風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/01 23:34 UTC 版)

太陽風(たいようふう, Solar wind)は、太陽から吹き出す極めて高温で電離した粒子(プラズマ)のことである[1][2]。これと同様の現象はほとんどの恒星に見られ、「恒星風」と呼ばれる。なお、太陽風の荷電粒子が存在する領域は太陽圏と呼ばれ[3]、それと恒星間領域の境界はヘリオポーズと呼ばれる[4]




[ヘルプ]
  1. ^ a b c 太陽風はどう作られるのか?~金星探査機「あかつき」が明らかにした太陽風加速~”. 宇宙航空研究開発機構&東京大学 (2014年12月18日). 2016年6月28日閲覧。
  2. ^ a b 宇宙情報センター. “太陽風”. JAXA. 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ 「ボイジャー1号」、ついに太陽圏を脱出 人工物初”. AstroArts (2013-09-13日). 2016年7月2日閲覧。
  4. ^ ボイジャー1号が太陽圏を脱出”. JAXA (2013年9月17日). 2016年7月2日閲覧。
  5. ^ 「徹底図解 宇宙のしくみ」、新星出版社、2006年、p40
  6. ^ 宇宙空間を吹く風-太陽風-,東北工業大学 中川朋子
  7. ^ Dynamics of the Interplanetary Gas and Magnetic Fields,Eugene Newman Parker,Astrophysical Journal 128:664, 1958
  8. ^ Christopher T. Russell. “THE SOLAR WIND AND MAGNETOSPHERIC DYNAMICS”. Institute of Geophysics and Planetary Physics University of California, Los Angeles. 2007年2月7日閲覧。
  9. ^ ,太陽風と太陽風擾乱の生成,亘 慎一,通信総合研究所季報Vol.48 No.3 ,P21-35,2002年


「太陽風」の続きの解説一覧





太陽風と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「太陽風」の関連用語

太陽風のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

木津川

カルガモ

割り込み

チチ

ワット

φ2.5 モノラルプラグ

Passat Variant

バット溶接





太陽風のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2017.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの太陽風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS