月とは?

がち ぐわち 【月

謡曲松風」に「月は一つ,影は二つ三つ汐」とあることからという〕 江戸時代上方遊里揚げ代一匁下級女郎をいう。汐・影の次位で分(わけ)の上位。
一説に「頑痴(がんち)」の転という。「瓦智」とも当てる〕 やぼなこと。不粋なこと。また,その人。 「粋も-も入らばこそ/浄瑠璃虎が磨

【がつ】[漢字]

【 月 】 ぐわつ
⇒ げつ〔月〕 [漢]

げつ [1] 【月】

七曜の一。「月曜」の略。

【げつ】[漢字]

【 月 】 [音] ゲツガツ
つき。 「 月暈げつうん月光月食月輪月齢新月風月満月明月落月
1年12分した長さ。 「 《 ゲツ月刊月間月給月経月謝月収月賦月報隔月日月年月 ・来月 」 「 《 ガツ月忌一月正月

つき [2] 【月】

地球をめぐる衛星太陽の光を受けて地上の夜を照らす。自転公転周期等しく,常に同じ面を地球向けて,27.3日で地球一周する。太陽地球との相対的位置関係によって満ち欠け現象を生じ,その平均周期朔望月さくぼうげつといい,29.530589日である。半径は1738キロメートルで,地球の約4分の1質量地球の0.0123倍。表面重力地球の約6分の1地球からの平均距離384400キロメートル1969年7月人類初の踏査が行われた。古くから,太陽とともに人類親しまれ,神話伝説詩歌素材となっている。特に詩歌では秋の月をいうことが多い。太陰[季] 秋。 《 -天心貧しき町を通りけり /蕪村
天体衛星。 「木星の-」
の上での一か月時間の単位太陽暦では一太陽年12分し,2月を除いて一か月日数30日31日である。太陰太陽暦いわゆる旧暦では大の月30日小の月29日とし,1年一二か月一三か月であった。
月の光月影。 「 -がさしこむ
一か月。 「 -に一回集金に来る」
機の熟する期間。特に,妊娠一〇か月目の産み月のこと。 「 -が満ち生まれる」
家紋の一。さまざまな形を図案したもの
月経月のもの。 「汝が着せる襲(おすい)の裾に-立ちにけり/古事記

つく 【月

「つき」の交替形。他の語と複合して用いる。「―夜」「―読み」など。
上代東国方言〕 つき。 「浦野の山に-片寄るも/万葉集 3565


月は地球のまわりを回る衛星

月は地球からいちばん近いところにある天体で、大気もありません。地球からの距離は約38km赤道のまわり10周したくらいの距離にあたります。また、大きさ赤道直径が約3,476kmで地球の約1/4、重さ地球の1/81ほどしかありません。月は地球の衛星で、地球のまわりを1公転する間に、1自転します。自転公転と同じ27.32日の周期ですので地球からはいつも同じ面しか見ることができません。


さまざまな説がある月の誕生

月がどのように誕生したかについては、さまざまな説があります星雲集まりかたまってできた「兄弟説」、地球の自転が現在よりも速かったころ、赤道部分がふくれて飛び出した「親子説」、地球近くにきた天体が、地球引力につかまり月となった「他人説」、地球ができたころに、惑星衝突し、惑星地球破片から月が生まれた「衝突説」などいろいろな仮説ありますが、本当のことはまだわかっていません。

月の表面のクレーターは隕石が衝突してできたもの

月の表面には「海」と呼ばれる平らな部分と、「陸」と呼ばれる山や谷の部分隕石(いんせき)との衝突によってできた山の噴火口のような「クレーター」が見られます。1969年アポロ11号アームストロング船長人類ではじめて月に降りました。それから1972年までに9回の月探査おこなわれさまざまなことがわかりました月の裏側地球からは見ることができません。1959年旧ソ連ロケットルナ3号によってはじめ写真撮影成功しました。表面と似ていますが、「海」と呼ばれる部分少なくなっています。

巨大な月のクレーター
巨大月のクレーター

月の裏側
月の裏側

月は約30日ごとに満ち欠けをくり返す

満月新月半月三日月地球からは月はいろいろな形に見えます。月は地球のまわりを回っています。約29日半の周期満ち欠けをくり返します。新月とは月が太陽方向にあるときのことで、月は見えません。そして、右側から丸くなり、三日月半月(上弦の月)、11日の月になり、満月になります。このとき太陽の光が月を真正面から照らします。そして18日の月、半月(下弦の月)、26日の月をへて、およそ30日後にまた新月になるのです。


北極と南極に、氷が存在する有力な証拠が見つかる

1998年3月NASA月探査機ルナプロスペクターは、月の両極付近に、氷が存在する可能性が高いこと示すデータ測定しました。これは、氷の中の水素分子宇宙線が当たったときに飛び出す中性子確認したことによるものです。それによると、高度約100kmからとらえた氷の存在すると考えられている地域は、北極広さ1万5万km2南極で5,000~2km2におよんでおり、クレーターの土の中に0.3~1%割合で氷が含まれるとすると、氷の総推定量は1,000~3億tとみられています。1998年9月NASA発表によると、同探査機観測に基づく総推定量60億tに達しています。
氷は、約20億年前に月に衝突したいん石が運んできたもので、太陽光当たらない両極かなりの低温のため蒸発せずにそのまま土の中に残ったものと考えられています。

氷があれば、将来の月面基地建設も可能

氷の存在確認され、液体として回収することができれば人間が月で生活するときの生活用水が得られ、また液体酸素液体水素からロケット燃料つくりだすことができることから、月面基地建設可能性が高まることになります。ルナプロスペクター観測で、氷の存在の有力な証拠が見つかり、今後直接月面上で氷の探査を行うことが期待されています。


つき 【月】

月は古くから豊穣源泉との信仰があり、また、死と再生司る生命源泉ともみなされてきた。豊穣源泉との考え方は、夜露が月から下ると考えられていたかららしい。生命に関しては、動物出産満月新月の夜に多いことなどから当然考えられ、潮の満ち引きも月の引力による。それが生物の内にあるリズム司ることにもなるのは、女性月経でも知ることができる。仏教では衆生が本来もっている清浄心を月に例える(→ 月輪)。だがラテン語ルナ〈月〉が形容詞ルナティックになると〈狂気の〉になる如く狼男月光を浴びて変身するとの話もある。日本でもツキは〈憑き〉に通じるから狐憑き犬神憑きなどに連動し、月自体満ち欠け無常である如く、月に対す連想もさまざまだ。西洋では月は女神で、日は男神だが、日本では日が女神で、月は男神である(天照大神の弟で月読命)。月山はこれを祀る

作者松本清張

収載図書延命の負債
出版社角川書店
刊行年月1987.6
シリーズ名角川文庫


作者生田勉

収載図書疲労
出版社新風舎
刊行年月2001.6


作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


作者坂口延子

収載図書月と花
出版社書房
刊行年月2005.4


作者たむらしげる

収載図書象の思い出
出版社中央出版アノニマ・スタジオ
刊行年月2005.6



作者牧之島純

収載図書ははそはの母
出版社書房
刊行年月2006.10


作者越智月子

収載図書きょうの私は、どうかしている
出版社小学館
刊行年月2006.12


作者三巻昌之

収載図書真夜中の決闘
出版社日本文学館
刊行年月2008.8


作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11

収載図書戦後短篇小説選―「世界」1946-1999 3
出版社岩波書店
刊行年月2000.3

収載図書決定版 三島由紀夫全集 20 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.7


作者笹沢洋市

収載図書文学伝習所の人
出版社講談社
刊行年月1988.1


作者金井美恵子

収載図書金井美恵子短篇 2
出版社日本文芸社
刊行年月1992.3

収載図書ピクニック、その他の短篇
出版社講談社
刊行年月1998.12
シリーズ名講談社文芸文庫


作者立松和平

収載図書風月
出版社河出書房新社
刊行年月1993.8


作者村松友視

収載図書モームの部屋―旅の物語
出版社河出書房新社
刊行年月1997.1


作者大竹伸朗

収載図書ネガな夜
出版社作品社
刊行年月1998.5


作者堀岡寿子

収載図書事故堀岡寿子作品集
出版社れんが書房新社
刊行年月1998.7


作者森絵都

収載図書ショート・トリップ
出版社理論社
刊行年月2000.6

収載図書ショート・トリップ
出版社集英社
刊行年月2007.6
シリーズ名集英社文庫


読み方:つき

  1. 鰻屋魚屋川魚符牒にして四といふ数量を表す、通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 四。〔川魚商〕
  3. 四。〔魚屋
  4. 四。〔鰻屋

分類 川魚商、符牒魚屋鰻屋


月(※「目」か)

読み方:つき

  1. 八。〔商〕

分類


読み方:つき

  1. 鏡ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・島根県
  2. 鏡。〔第六類 器具食物
  3. 鏡。

分類 島根県


読み方:つき

  1. 月。月経のこと。略語つきのもの。「月を見ぬ娘はちぢに物思ひ」「まだ月のさはりにならぬ物思ひ」。
  2. 月経のことをいふ。〔情事語〕
  3. 月経のこと。
  4. 天癸のこと。『古事記』に「おすひの裾に都紀太ちにけり」とあるを村田了意の『雅言集覧』に月水也といへり。
  5. 月役の略で月経のこと。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ツキtsuki

季語で月といえば秋を指す

季節

分類 天文


読み方:ツキtsuki

所在 静岡県浜松市


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
たかげつ
つき
つきざき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/13 06:27 UTC 版)

(つき、: Mond: Lune: Moon: Luna ルーナ)は、地球の唯一の衛星(惑星の周りを回る天体)である。太陽系の衛星中で5番目に大きい。地球から見て太陽に次いで明るい[4]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「月」は「他の惑星の衛星」という意味がある[5]
  2. ^ 「コヨミ」は「カヨミ(日を読むこと)」が転じた語彙という説が有力である[6]
  3. ^ 地球から見て月が±7°程度秤動して見える以上、月から見ればその角度だけ地球の視位置が変化していることであり、「月から見て地球は天空の一点に静止して見える」というのは誤りである。特に、秤動により地球から月面の59%が観測できるということは、地球が見えたり沈んだりする月面上の場所も存在することを意味する。月周回軌道の宇宙船や観測機でなくとも、月面上で地球の出・地球の入りは観測できる。ただし、地球で見える日出・日没や月出・月没と違い、地球の出と地球の入りはほぼ同じ方位となる。
  4. ^ 太陰暦をもとにしたローマ暦では、月初を「カレンダエ (Kalendae)」、月の第13日又は第15日を「イードゥース (Īdūs)」、その9日前の第5日又は第7日を「ノーナエ (Nōnae)」と呼び、この3日を特別視した。ただし、ローマ暦における月の第1日は、必ずしも新月とは一致しない(参照:ローマ暦#ローマ暦の日付の数え方)。
  5. ^ 太陰太陽暦をもとにしたユダヤ暦では、月の第1日を「ローシュ・ホーデッシュ Rōš Hōdheš」と呼んだ。
  6. ^ ただし、朔日を除く。朔日の午前0時時点では朔を迎えていないため、いまだ月齢0となっていないからである。
  7. ^ 必ず十五夜に満月(望)になるわけではない。太陰太陽暦では、15日と16日とが半々くらいである。たまに、17日の未明が満月になることがある(例えば、2015年6月3日)。
  8. ^ 大砲を使用して宇宙へ行くという概念はヴェルヌよりも137年早くムルタ・マクダーモットが自身の著作に記していた。また、当時、既に兵器としてではあったものの、ロケットは存在しており、宇宙旅行の道具としてシラノ・ド・ベルジュラックアシール・エアーオードの作品でも移動手段としてロケットが扱われていた。

出典

  1. ^ a b c d 丸善株式会社『理科年表 第80冊』2007年 ISBN 4621077635
  2. ^ NASA Staff (2011年5月10日). “Solar System Exploration - Earth's Moon: Facts & Figures”. NASA. 2011年11月6日閲覧。
  3. ^ a b 離心率と軌道長半径より計算。
  4. ^ 古在由秀 「月」『世界大百科事典』 平凡社1988年
  5. ^ デジタル大辞泉『』 - コトバンク
  6. ^ 『神道の本 八百万の神々がつどう秘教的祭祀の世界』 学研
  7. ^ a b 青木、p70
  8. ^ 地球型惑星(固体) - 東京大学 地球惑星科学専攻 宇宙惑星科学講座”. 2014年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月17日閲覧。
  9. ^ Apollo Laser Ranging Experiments Yield Results From LPI Bulletin, No. 72, August, 1994
  10. ^ アポロから35年。今も続く実験。(三菱電機サイエンスサイト・2004年7月)
  11. ^ 誠文堂新光社『天文年鑑2013』pp.114-117 月の首振り運動(秤動)より、概略数値を提示。
  12. ^ a b 40億年前の月自転軸は数十度ずれていた (PDF)”. 九州大学 (2014年5月2日). 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  13. ^ 高橋太 (2014年). “磁場で捉えた月のダイナモと極移動の痕跡 / 宇宙科学の最前線”. JAXA. 2017年6月17日閲覧。
  14. ^ もっと知りたい! 「月」ってナンだ!?”. JAXA. 2015年12月23日閲覧。
  15. ^ 月の満ち欠け/周期”. 国立天文台. 2015年12月23日閲覧。
  16. ^ 学術誌「Science Express」webサイト版 2009年9月24日付 掲載。
  17. ^ “月面、水が存在か 今も太陽側で生成? 3探査機観測”. 朝日新聞. (2009年9月24日). オリジナル2010年2月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100213030246/http://www.asahi.com/science/update/0924/TKY200909240094.html 2009年10月16日閲覧。 
  18. ^ SELENE(かぐや)搭載カメラによる月面の縦穴発見 宇宙科学研究所、2009年11月5日
  19. ^ 月面に天然橋、LROが発見 ナショナルジオグラフィック
  20. ^ NASA - Lunar Reconnaissance Orbiter (LRO) (英語)
  21. ^ a b 月のミステリー 奇妙な発光現象の正体は? NHK コズミック フロント☆NEXT
  22. ^ a b 謎の発光現象-TLP 環境科学技術研究所
  23. ^ 月面の環境(レゴリスを中心に) (PDF) JAXA 宇宙教育センター
  24. ^ a b Richard Lovett (2009年3月3日). “400年来の謎、月面の発光現象解明へ”. ナショナルジオグラフィック ニュース. オリジナル2010年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100109163304/http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=18981431&expand 2010年8月31日閲覧。 
  25. ^ 小型衛星によるLTPおよび高速衝突発光現象観測の提案 ISASニュース 2005.3 No.288
  26. ^ 天文月報2004年7月号430p 国立天文台 小久保英一郎
  27. ^ a b c 青木、p140
  28. ^ 「天文学入門 星とは何か」、丸善出版、P35 ISBN 978-4-621-08116-7
  29. ^ 「天文学入門 星とは何か」、丸善出版、P44 ISBN 978-4-621-08116-7
  30. ^ 月の誕生について、巨大衝突説(ジャイアントインパクト説)は本当に正しいのでしょうか?その根拠はどのようなものなのでしょうか?”. 月探査情報ステーション. 2016年3月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月14日閲覧。
  31. ^ a b c “月の起源、「巨大衝突」ではなかった? 定説覆す論文発表”. AFP通信. (2017年1月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/3113531 2017年1月10日閲覧。 
  32. ^ a b c Raluca Rufu, Oded Aharonson & Hagai B. Perets (2017), "A multiple-impact origin for the Moon", Nature Geoscience.
  33. ^ Early Earth may have had two moons nature
  34. ^ 日本標準時正午時点の月齢。
  35. ^ “満月の日には犯罪が増える?英警察発表”. AFPBB News. (2007年6月6日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2235559/1659766 2011年4月16日閲覧。 
  36. ^ 石川源晃『【実習】占星学入門』 ISBN 4-89203-153-4
  37. ^ 永積安明池上洵一訳注『今昔物語集平凡社ISBN 4582803830
  38. ^ “SPACESHIPS OF FICTION”. Science-Fantasy Review IV (18). (SPRING '50). http://efanzines.com/FR/sfr18.htm. 
  39. ^ 貫名駿一 (1882年6月). 星世界旅行 千万無量. 世界蔵. 
  40. ^ 井口元一郎 (1888年). 夢幻現象政海之破裂. 
  41. ^ 羽化仙史 (1906年). 月世界探検. 大学館. 
  42. ^ 石松夢人 (1915年). 怪飛行艇月世界旅行. 萬巻堂. 
  43. ^ S Yasuyuki, T Satoshi, T Jun, H Ki-iti, H Axel (2007年). “未解析だったアポロ熱流量観測データ (PDF)”. 日本惑星科学会誌、16 (2). 2007年10月20日閲覧。
  44. ^ 月面クレータ、ジョルダノ・ブルーノの形成年代に関する研究成果会津大学先端情報科学研究センター
  45. ^ 『月のかぐや』JAXA宇宙航空研究開発機構・編、新潮社2009年)22ページ



出典:『Wiktionary』 (2012/04/12 21:29 UTC 版)

読み

太字は表内音訓

名詞

つき

地球周囲公転する唯一の天体。つきを参照

げつ

(げつ)

  1. 月曜日の略。
関連語

接尾辞

-(がつ)

  1. 漢語数詞xに付き、年のx番目の月を表す。
    一月は、年の1番目の月である。

熟語

四字熟語

関連語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





月と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

月に関連した本

「月」に関係したコラム

  • CFDの先物の限月とは

    CFDの先物の限(げんげつ)とは、株価指数先物や商品先物などの取引が終了するのことです。例えば、日経平均株価(日経225)に連動した株価指数先物の場合、限は3、6、9、12の4つのに設...

  • FXのアノマリー一覧

    FXのアノマリー(anomaly)とは、FX(外国為替証拠金取引)において、ファンダメンタルズやテクニカルでは理論的な裏付けのできない事象のことです。以下は、FXにおいてアノマリーといわれる事象の一覧...

  • 株365の日経225証拠金取引の値動きを景気から予測するには

    株365の日経225証拠金取引の値動きを景気動向から予測することができるでしょうか。日本では、内閣府が景気統計の1つとして景気動向指数を発表しています。Webサイトからは内閣府のホームページの「統計表...

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9...

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

  • CFDのコンバージョンレートとは

    CFDのコンバージョンレートとは、CFD業者が外貨建て商品における必要証拠金の計算をする際に使用する為替レートのことです。適用為替レートともいいます。コンバージョンレートは、必要証拠金以外に、金利調整...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「月」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ギアナ宇宙センター

NGC4826

宇宙開発競争の幕開け

STS-63

ASTRO-E

火星

ひまわり7号

OICETS





月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2017 Japan Aerospace Exploration Agency
中経出版中経出版
Copyright (C) 2017 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの月 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS