ガツとは?

Weblio 辞書 > 食品 > 豚肉の部位 > ガツの意味・解説 

ガツ [1]

〔英語の gut由来する〕
料理用の)牛の第一胃豚の胃についてもいう。

ガツ(胃)

ガツ 厚さは3~4mm、重さは400g程度偏平な形をしています。やや硬く歯ごたえがありますが、風味良く鉄板焼煮込みをはじめ、様々な料理合わせることができます

豚肉

(ガツ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/11 04:39 UTC 版)

豚肉(ぶたにく)とは、ポーク英語: pork)とも呼ばれる。食肉にされる。日本においては、地域によらず平均的に食べられている。[3]


  1. ^ http://www.nal.usda.gov/fnic/foodcomp/search/
  2. ^ [『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007]
  3. ^ 全国消費実態調査 生精肉の各地域一世帯あたり支出額 2004年
  4. ^ 全国食肉事業協同組合連合会 外部リンク
  5. ^ 今さら聞けない肉の常識 第19回 <SPF豚肉は生食できるか〉 日本獣医畜産大学畜産食品工学科肉学教室
  6. ^ 肉の生食は危険です中野区公式ホームページ 2012年7月12日
  7. ^ ライオン等の肉食動物はE型肝炎やカンピロバクター菌に対する抵抗力を持っているが、人間はそれらの菌や毒に対する抵抗力がない。このため古くから豚の生食は危険とされている。
  8. ^ SPF豚に関するQ&A日本SPF豚協会
  9. ^ SPF豚肉は生食できるか? 日本獣医畜産大学畜産食品工学科肉学教室
  10. ^ SPF豚とは?日本SPF豚協会
  11. ^ a b 池田稔、織奥学、羽田智栄、豚ムレ肉の発生にかかわる豚ストレス症候群関連遺伝子(豚骨格筋リアノジンレセプター変異遺伝子)の保有状況調査 (PDF)
  12. ^ 豚のストレス症候群 (PSS) の肉質 (PDF) 岩手県畜産試験場 研究報告
  13. ^ 航空会社の失態、機内食配れず(CNN.NEWS.2011年2月24日)



  • 画数:6
  • 音読み:ガツ、 ガチ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ガツに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ガツ」の関連用語

ガツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

コブクロ

ダイチョウ

ヒレ

モモ

カタ

カシラ

ノドスジ

ガツ





ガツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
サイボクサイボク
Copyright(C)2017株式会社埼玉種畜牧場
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豚肉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS