船長とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 船長の意味・解説 

せん ちょう -ちやう 【船長】

[1] 船舶乗組員の長。乗組員監督船舶積み荷管理運航指揮などについて,法律上多く権限義務有するキャプテン
[0] 船の長さ船首から船尾までの長さ

ふな おさ -をさ [2] 【船長

その船の長。船頭せんちょう


船長(漁労船を除く)

分類日本標準職業分類(平成21[2009]年12月統計基準設定) > 輸送・機械運転従事者 > 船舶・航空機運転従事者 > 船長(漁労船を除く)
説明漁労船を除く各種船舶に船長として乗り組み船内所属員を指揮監督し、各部との連絡調整船舶の安全維持能率的運航等、その船舶属す一切仕事統括するものをいう
事例運搬船船長;汚物運搬船船長;貨物船船長;監視船船長;機帆船船長;油そう()船(タンカー)船長;タグボート船長;旅客船船長;しゅんせつ船船長;工事監督船船長;測量船船長;防疫船船長;練習船船長;連絡船船長;診療船船長;引船船長;郵便船船長;遊覧船船長;小型船舶操縦者フェリーボート船長;給油船船長;鉱石専用船船長;釣船船長;はしけ船長;冷凍運搬船船長

船長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/27 13:28 UTC 版)

船長(せんちょう、captain)とは、特定の船舶の乗組員で、船舶の指揮者であるとともに船主の代理人として法定の権限を有する者[1]。日本では軍艦自衛艦)の長を艦長と称している。ヨットにおいては艇長(ていちょう)あるいはスキッパー英語: skipper)と称することもある。




  1. ^ a b 田村諄之輔 、平出慶道 『現代法講義 保険法・海商法補訂第2版』 青林書院、1996年、162頁。
  2. ^ a b c d e f 田村諄之輔 、平出慶道 『現代法講義 保険法・海商法補訂第2版』 青林書院、1996年、163頁。
  3. ^ a b 田村諄之輔 、平出慶道 『現代法講義 保険法・海商法補訂第2版』 青林書院、1996年、164頁。
  4. ^ a b 田村諄之輔 、平出慶道 『現代法講義 保険法・海商法補訂第2版』 青林書院、1996年、165頁。
  5. ^ 田村諄之輔 、平出慶道 『現代法講義 保険法・海商法補訂第2版』 青林書院、1996年、166頁。


「船長」の続きの解説一覧





船長と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「船長」の関連用語

1
主将 国語辞典
70% |||||

2
大佐 国語辞典
70% |||||

3
大尉 国語辞典
70% |||||


5
キャップ 国語辞典
54% |||||

6
船将 国語辞典
54% |||||

7
艦長 国語辞典
54% |||||




船長のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオクワガタ

ビールの賞味期限

日・時間

ホコリタケ

多重無線装置

イエローストーン国立公園

炭俵

コリドラス・エリザエ





船長のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
総務省総務省
Copyright(c)2016 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの船長 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS