月 (暦)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 月 (暦)の意味・解説 

月 (暦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/20 16:13 UTC 版)

(つき、がつ、げつ、: month)は、時間単位の一つ。の中間にある単位で[1]、一を12分したである[2]。現在世界で標準的に用いられるグレゴリオ暦[3]は修正元のユリウス暦の月を汲み、1か月の日数は30もしくは31日を基本とし、2月のみ通常は28日、4年に1度(ただし400年間に3回例外を置く)の閏年には29日としている[4][5]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 天文や天文台についての質問:国立天文台では、冬の2か月に相当する期間は時間としての経過はあるが「暦」が無い空白として取り扱われたと説明する。

脚注

  1. ^ a b c d 岡田ら (1994)、pp.70-72、四季と暦、月と暦
  2. ^ 「【月】」『日本語大辞典』 講談社1989年、第一刷、1291頁。ISBN 4-06-121057-2
  3. ^ 佐藤 (2009)、pp.77 - 81、世界統一暦の試み
  4. ^ a b 質問3-7 1月1日はどうやって決まったの?”. 国立天文台. 2011年12月20日閲覧。
  5. ^ a b c d 池内 (1999)、3.俺は北極星のように不動だ、pp.44-47、改暦の歴史
  6. ^ 青木 (1982)、序章 月と時、pp.1-2、月のみちかけ
  7. ^ 「【年】」『日本語大辞典』 講談社、1989年、第一刷、1507頁。ISBN 4-06-121057-2
  8. ^ a b 青木 (1982)、序章 月と時、pp.3-4、太陰太陽暦
  9. ^ a b c 馬嶋玄敏. “暦法、とくに置閏法についての一考察 (PDF)”. 奈良女子大学学術情報リポジトリ. 2011年12月20日閲覧。
  10. ^ 月と地球の軌道”. 北海道大学理学部地球惑星科学科. 2011年12月20日閲覧。
  11. ^ 7月22日皆既日食”. 国立天文台. 2011年12月20日閲覧。
  12. ^ a b 松本晃治/国立天文大学電波研究部. “やさしい海洋潮汐モデリング (PDF)”. 東京大学地震研究所. 2011年12月20日閲覧。
  13. ^ 井本正介. “制限三体問題とサロス周期 (PDF)”. 福井県地域共同リポジトリ. 2011年12月20日閲覧。
  14. ^ 日食とサロス周期”. 北海道大学情報基盤センター北館. 2011年12月20日閲覧。
  15. ^ 2000年1月1日 12:00 TT;Derived from ELP2000-85: M. Chapront-Touzé, J. Chapront (1991): Lunar tables and programs from 4000 B. C. to A. D. 8000. Willmann-Bell, Richmond VA; ISBN 0-943396-33-6
  16. ^ 青木 (1982)、第4章 単位と天体暦、p.165、三 一年の長さ 一年の日数
  17. ^ 沼澤茂美、脇屋奈々代 『宇宙』 成美堂出版2007年、50頁。ISBN 978-4-415-30019-1
  18. ^ a b 池内 (1999)、3 俺は北極星のように不動だ、pp.42-43、ローマの暦
  19. ^ 岡田ら (1994)、p.297、原始的な暦法、ボントク・イゴロット族の暦
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 岡田ら (1994)、pp.297-298、原始的な暦法、アイヌの暦
  21. ^ 岡田ら (1994)、p.298、原始的な暦法、イロコイ族の暦
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 『アイヌの民俗』更科源蔵1982
  23. ^ アイヌ民族の有用植物”. 北海道立衛星研究所. 2011年12月20日閲覧。
  24. ^ a b c 岡田ら (1994)、pp.15-28、和風月名の由来
  25. ^ a b 岡田ら (1994)、pp.299-300、太陰暦、イスラム暦
  26. ^ 岡田ら (1994)、pp.301-302、太陰太陽暦、ユダヤ暦
  27. ^ 岡田ら (1994)、pp.315-317、太陽暦、マヤ暦
  28. ^ 佐藤悦夫. “マヤのカレンダー”. 富山国際大学現代社会学部. 2011年11月2日閲覧。
  29. ^ 民法 第6章 期間の計算”. 民法条文解説.com. 2011年11月2日閲覧。
  30. ^ 計量法(平成四年五月二十日法律第五十一号)”. 総務省. 2011年11月2日閲覧。
  31. ^ a b 暦の基礎知識”. 筑波大学附属図書館. 2011年11月2日閲覧。
  32. ^ 二十四節気”. 国立天文台. 2011年11月2日閲覧。

脚注2

  1. ^ 暦象年表2009






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

月 (暦)に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「月 (暦)」の関連用語

月 (暦)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

筒城浜海水浴場

手根骨

トランスポーター

可変後退翼

821SC

出版記念

尾方剛

軍鶏





月 (暦)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの月 (暦) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS