日本大学通信教育部 日本大学通信教育部の概要

日本大学通信教育部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 17:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
日本大学 > 日本大学通信教育部
1号館

概要

文部科学省に認可された正規の大学通信教育課程であり、卒業すると通学課程と同等の学士が授与される。1948年(昭和23年)に開設して以来、3万人を超える卒業生を輩出しており、数多く存在する大学通信教育の中でも特に実績がある。開設されている科目の履修で教員免許司書教諭学芸員の資格[1]が取得できることから、科目等履修生として在籍している学生も多い[2]インターネットを活用したメディア授業もある。また、通信教育部単独のキャンパスを持つためスクーリングも充実しており、通学部の学生と変わらない大学生活を送ることが可能。(スクーリングだけでの卒業式が可能)

転籍・転部

通信教育部(法・文理・経済・商学部)から、通学課程(法・文理・経済・商学部)の同学部へ行くことを転籍という。試験を受け、合格すれば、2年次・3年次に通学課程への転籍・転部が可能。

令和2年度は、出願者111名に対し54名が合格し、通学課程に籍を移している(毎年、出願者の1/3から1/2程度合格している)。

転籍は、編入学と異なり、1学年入学時から通学課程に在籍していたという扱いになる。また、基本的に課程が同じなため、殆どの単位が認められる。

転籍・転部が可能な学部

理工学部及び医学部への転籍・転部は不可。

沿革

  • 1948年(昭和23年) - 旧制日本大学に通信教育部設置認可。三崎町校舎に開設。
  • 1949年(昭和24年) - 新学制に移行。通信教育部法学部・文学部・経済学部開設。
  • 1957年(昭和32年) - 経済学部商業学科が独立し、商学部商業学科となる。
  • 1958年(昭和33年)
    • 1月 - 文学部が文理学部となる。
  • 2004年(平成16年) - インターネットによるメディア授業を開始する。通信教育部校舎内に総合生涯学習センターを開設(三崎町キャンパス3号館内)。
  • 2014年(平成26年)
    • 9月 - 通信教育部・総合生涯学習センターともに三崎町キャンパスから日本大学会館の隣接地(市ヶ谷キャンパス)に新築移転。

学部・学科

旧通信教育部1号館

所在地




「日本大学通信教育部」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学通信教育部」の関連用語

日本大学通信教育部のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本大学通信教育部のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学通信教育部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS