因果性 医療における因果関係の理解や誤解

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 因果性の解説 > 医療における因果関係の理解や誤解 

因果性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/18 13:21 UTC 版)

医療における因果関係の理解や誤解

医療の世界でも、大学病院の医療者ですら、原因と結果を混同あるいは勘違いしてしまう者がいるので注意が必要である[13]

また、医療行為自体が疾患の原因となってしまうことがあり、これを医原病という。

因果関係の幻想は、実際には無関係な2つの出来事の間に因果関係があるという信念を人々が発達させるときに発生する。健康、財政、幸福などの重要な生活分野に関連して悲惨な結果をもたらすことがある[14]

脚注

参考文献

  • 『西洋思想大事典』フィリップ・P・ウィーナー(編)、平凡社、1990年8月。ISBN 9784582100105 
  • 『世界大百科事典』平凡社。 
  • 大沼正則『科学の歴史』青木書店、1978年。 
  • 上田正仁『現代量子物理学』培風館、2004年12月。ISBN 978-4563022655 
  • L D Landau, E.M. Lifshitz (1976-12-31). Quantum Mechanics: Non-Relativistic Theory. Course of theoretical physics 3 (3rd ed.). Butterworth-Heinemann. ISBN 978-0750635394 
  • Michael E. Peskin, Daniel V. Schroeder (1995-10-02). A Introduction to Quantum Field Theory. Westview Press. ISBN 978-0201503975 
  • 江夏弘「場の量子論における相対論的 Hamilton 形式と微視的非因果律」『立命舘大学理工学研究所紀要』第11巻、1964年、65-66頁。 
  • 関根松夫「高エネルギーで因果律の破れている可能性」『素粒子論研究』第36巻第3号、1967年11月、231-242頁。 
  • 関根松夫「因果律の破れと高エネルギー π-N 全断面積」『素粒子論研究』第40巻第5号、1970年1月、200-202頁。 
  • 稲垣久和「微視的因果律の破れと共鳴準位」『素粒子論研究』第49巻第1号、1974年3月、22-34頁。 
  • 藤沢令夫「Aitia-Causa-Cause --「因果律」とは基本的に何だったのか」『理想』第634号、1987年4月、100-103頁。 
  • 相澤洋二「複雑系と多対多の因果律(研究会「複雑系」研究会報告)」『物性研究』第59巻第3号、1992年12月、343-347頁。 
  • ニールス・ボーア『ニールス・ボーア論文集〈1〉因果性と相補性』岩波文庫。 
  • A. Einstein, B. Podolsky, and N. Rosen (1935). “Can Quantum-Mechanical Description of Physical Reality Be Considered Complete?”. Physical Review 47: 777-780. http://prola.aps.org/abstract/PR/v47/i10/p777_1. 
  • S. Kochen, and E.P. Specker (1967). “The problem of hidden variables in quantum mechanics”. Journal of Mathematics and Mechanics 17: 59–87. 

関連項目


注釈

  1. ^ つまり、現代の創発の概念にもつながるような発想の原稿。
  2. ^ 光学』において、「空間は sensorium dei(神の感覚中枢)」と記述している。

出典

  1. ^ Oxford Dictionaries
  2. ^ お酒の代謝能力の違い
  3. ^ a b c d e 大沼正則 (1978)
  4. ^ 平凡社『西洋思想大事典』(1990)【因果性】
  5. ^ a b c 『哲学・思想 事典』
  6. ^ a b 平凡社『世界大百科事典』 vol.7 p.7【因果律】。
  7. ^ 平凡社『西洋思想大事典』 (1990)【因果性】p.595。
  8. ^ Peskin, Schroeder (1995) Chapter 2 他。
  9. ^ a b 上田 (2004)
  10. ^ Einstein, Podolsky, Rosen (1935).
  11. ^ Kochen, and Specker (1967).
  12. ^ ボーア論文集 (1)
  13. ^ とある勘違い治療の実例”. 夏井睦 (2001年12月20日). 2017年11月10日閲覧。
  14. ^ Matute, Helena; Blanco, Fernando; Yarritu, Ion; Díaz-Lago, Marcos; Vadillo, Miguel A.; Barberia, Itxaso (2015). “Illusions of causality: how they bias our everyday thinking and how they could be reduced” (English). Frontiers in Psychology 6. doi:10.3389/fpsyg.2015.00888. ISSN 1664-1078. https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2015.00888/full. 


「因果性」の続きの解説一覧




因果性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「因果性」の関連用語











因果性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



因果性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの因果性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS