Apollo 7とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > Apollo 7の意味・解説 

アポロ7号

分類:宇宙飛行


名称:アポロ7号(Apollo 7)
小分類:アポロ計画
打上げ国名機関:アメリカ/アメリカ航空宇宙局(NASA)
打ち上げ年月日:1968年10月11日
帰還年月日:1968年10月22日
打上げロケット:サターンIB
宇宙飛行士:ウォルター・M・シラー/ドン・F・エイゼル/ウォルター・カニンガム
飛行時間:260時間8分45
国際標識番号:1968089A

アポロ計画初めての有人宇宙飛行行なったのがアポロ7号です。地球をまわる軌道アポロ宇宙船システムテストされ、月まで往復するのに必要な時間よりも長く飛びつづけましたまた、その様子はテレビ中継され、世界中人々熱狂させましたアポロ宇宙船船内マーキュリー宇宙船ジェミニ宇宙船よりも広く以前座席縛りつけられたままだった宇宙飛行士船内動きまわれるようになりました座席の下には個人使えるスペースであって、この空間その後飛行寝室として使われるようになりました
船長ウォルター・シラーは、マーキュリー8号ジェミニ6号パイロット経験したことがあり、三つ宇宙計画すべてで飛んだ、ただ一人宇宙飛行士です。

1.宇宙船はどんな形をして、どのような性能持っているの?
アポロ宇宙船司令船機械船から構成されています。司令船円錐形をした居住カプセルで、全長3.23m、底辺直径3.91m、重量5.56トンです。円筒形機械船司令船酸素電力供給したり、推進ロケット役割をする部分です。全長7.37m、直径3.91m、重量23.2トンなります


2.ロケットはどんな形をして、どのような性能持っているの?
サターンIB全長68.3m、直径6.6m、重量587トンです。推力744トンロケットエンジンが8基と、推力102トンロケットエンジンが1基ついていました

3.打上げ飛行順序はどうなっているの?
サターンIBロケット地球軌道打ち上げられたあと、アポロ宇宙船地球周回飛行行ない、再び大気圏突入して帰還しました。

4.宇宙飛行目的は?
アポロ宇宙船テストです。

5.宇宙でどんな活動をし、どのような成果おさめたの?
アポロ計画初の有人宇宙飛行行ない宇宙船テストしました


参考文献:アランシェパードディーク・スレイトン著/ムーンショット(集英社)、竹内均監修/Newton Collction II 宇宙開発(教育社)


アポロ7号

(Apollo 7 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 00:30 UTC 版)

アポロ7号は、1968年アメリカ合衆国によって実行された有人宇宙飛行計画である。アポロ計画において、飛行士を宇宙に送るのはこれが初めてのことであった。また1967年に発生した、三人の宇宙飛行士の命を奪ったアポロ1号の火災事故の後、アメリカが有人宇宙飛行計画を再開して地球周回低軌道上に人間を送るのも、これが初めてであった。アポロ初の有人宇宙飛行はAS-204の計画番号を当てられていたアポロ1号が行うはずだったが、代わりに7号が、1号が行う予定であった任務を引き継ぐこととなった。船長はウォルター・シラー司令船操縦士はドン・エイゼル月着陸船操縦士はウォルター・カニンガムであった。


注釈

  1. ^ 空軍基地は当初はケープ・カナベラルと命名されていたが、1963年11月のケネディ大統領の暗殺直後にジョンソン大統領によってケープ・ケネディと改名された。「カナヴェラル (Canaveral) の名称は1973年に元に戻された

出典

  1. ^ a b Watkins, Thomas (2007年5月3日). “Astronaut Walter Schirra dies at 84”. Valley Morning Star. Associated Press (Harlingen, Texas). http://www.valleymorningstar.com/news/latest_news/article_b5ab61b9-cbe9-5db5-b76f-8cfd89096919.html 2013年10月4日閲覧。 
  2. ^ Karrens, Ed (Announcer) (1968年). “1968 Year in Review: 1968 in Space”. UPI.com. United Press International (E. W. Scripps). http://www.upi.com/Archives/Audio/Events-of-1968/1968-in-Space 2013年7月6日閲覧。 
  3. ^ a b c Portree, David S. F. (2013-09-16). “A Forgotten Rocket: The Saturn IB”. Wired (New York: Condé Nast). http://www.wired.com/wiredscience/2013/09/a-forgotten-rocket-the-saturn-ib/ 2013年10月4日閲覧。. 
  4. ^ Pearlman, Robert Z. (2010年5月3日). “Guenter Wendt, 86, 'Pad Leader' for NASA's moon missions, dies”. collectSPACE. Robert Pearlman. 2014年6月12日閲覧。
  5. ^ a b c Farmer & Hamblin 1970, pp. 51–54
  6. ^ a b c d Wade, Mark. “Apollo 7”. Encyclopedia Astronautica. 2008年10月24日閲覧。
  7. ^ Apollo 7 Mission Report” (PDF). NASA. pp. 5–158 (1968年12月1日). 2014年7月11日閲覧。
  8. ^ Steven-Boniecki 2010, pp. 55–58
  9. ^ “Schirra rules no telecast”. The Windsor Star. United Press International (Windsor, Ontario): p. 1. (1968年10月12日). https://news.google.com/newspapers?id=UjQ_AAAAIBAJ&sjid=cVEMAAAAIBAJ&dq=apollo%207%20television%20broadcast&pg=1799%2C3226547 2013年10月6日閲覧。 
  10. ^ Apollo 7 Air-to-Ground Voice Transcriptions” (PDF). NASA. pp. 117–118. 2008年10月24日閲覧。
  11. ^ Apollo 7 Air-to-Ground Voice Transcriptions” (PDF). NASA. p. 1170. 2008年10月24日閲覧。
  12. ^ a b c Pearlman, Robert Z. (2008年10月20日). “First Apollo flight crew last to be honored”. collectSPACE. Robert Pearlman. 2014年6月12日閲覧。
  13. ^ Hengeveld, Ed (2008年5月20日). “The man behind the Moon mission patches”. collectSPACE. Robert Pearlman. 2013年7月6日閲覧。 "A version of this article was published concurrently in the British Interplanetary Society's Spaceflight magazine." (June 2008; pp. 220–225).
  14. ^ The Log of Apollo 7 - YouTube


「アポロ7号」の続きの解説一覧

「Apollo 7」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Apollo 7」の関連用語

Apollo 7のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Apollo 7のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
JAXAJAXA
Copyright 2024 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアポロ7号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS