12-000形とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 12-000形の意味・解説 

12000系

(12-000形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/27 17:47 UTC 版)

12000系(12000けい)、12000形(12000がた)とは、12000の数値を使用する、ないしは5桁の数値のうち上1桁目に「1」、2桁目に「2」を使用する体系を持つものを指す。




「12000系」の続きの解説一覧

東京都交通局12-000形電車

(12-000形 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/27 16:56 UTC 版)

東京都交通局12-000形電車(とうきょうとこうつうきょく12-000がたでんしゃ)は、1991年平成3年)12月10日より営業運転を開始した、東京都交通局都営地下鉄大江戸線用の通勤形電車。形式名は、ハイフンを抜かして「いちまんにせんがた」と読む[1]


注釈

  1. ^ 東京都交通局の発表では「セミ集中式」と称しているが、冷房装置2台をダクトを用いて分散する方式は集約分散式が正しい。
  2. ^ 帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄銀座線01系丸ノ内線02系に設置されているものに類似したもの。
  3. ^ ドアを閉めた後、車両のそばにいる乗客に離れるよう注意を喚起する放送。
  4. ^ 日本国内における鉄道車両は狭軌車両が主流であり、狭軌車両に内軸箱方式を採用することは主電動機等の取り付けの関係から難しい。ただし、大江戸線のような標準軌であればスペースに余裕があることから採用はしやすい。
  5. ^ これは馬込検車場内でのリニアモーター試験は試験線の都合上、速度は40 km/hに抑えられ、高速走行時の安全性などが確認できないためであった。回転形モーター車では浅草線を走行することは可能であるが、リニアモーター車両ではリアクションプレートを敷設しない限り、浅草線本線の走行は不可能である[12]
  6. ^ 当時の光が丘 - 練馬間の最大運用本数は4本で、予備車は1本が確保されていた。
  7. ^ 1次車ではマスコンテーブル右下に配置していた。
  8. ^ これは異常時に救援編成を連結した際にブレーキの引き通しを行うことや、検査入場時にE5000形電気機関車を連結することを目的としたものである。
  9. ^ 一部の雑誌では全車両が日立製作所製となっているが これは誤りで第07 - 12編成と中間増備車は日車製、それ以外が日立製なのが正しい。
  10. ^ これは当時の練馬 - 光が丘間の最大運用本数が4本と予備2本のため、同数の3次車で1・2次車を一時的に編成替えのため置き換えるためであった。
  11. ^ 1・2次車とは逆配置となった。
  12. ^ つり革はつり手棒を短くしてドア間10個から8個に削減。暖房器は750kW出力品を使用しており、1・2次車では先頭車10台、中間車12台だが、3次車では先頭車6台、中間車8台に削減された。
  13. ^ 第53編成は全線開業時に入籍していないため、実際には予備車9本。
  14. ^ 後年に落成した大阪市交通局新20系相模鉄道9000系などにも似たデザインが採用された。
  15. ^ 後年となるが、同様の構造は東京地下鉄10000系相模鉄道20000系などで採用されている。
  16. ^ 将来の6両編成時は3M3T、8両編成時は4M4Tを想定。
  17. ^ この軸箱方式の台車は、ボルスタ付ではあるが、後の浅草線5300形三田線6300形においても採用されている。
  18. ^ 後者2つは大邱地下鉄放火事件の影響による難燃性基準変更による。
  19. ^ 都庁前駅では光が丘発/行の列車と都庁前着/発列車とは前後が逆になる。

出典

  1. ^ PHP研究所「都営地下鉄・都電・都バスのひみつ」
  2. ^ a b c 日本鉄道車輌工業会『車両技術』193号(1991年2月)「東京都交通局12号線用地下鉄電車」pp.63 - 81。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.470 - 480。
  4. ^ a b 鉄道ピクトリアル2001年7月号臨時増刊号
  5. ^ 対列車光空間伝送システム納入事例集 (PDF) - 日立製作所 八木アンテナ(インターネットアーカイブ
  6. ^ a b c 日立製作所「日立評論」1991年3月号「車両情報制御システム」 (PDF) 」pp.33 - 40。
  7. ^ a b c d e f 日本鉄道車輌工業会『車両技術』193号(1991年2月)「東京都交通局12号線用地下鉄電車」pp.78 - 80。
  8. ^ 東芝『東芝レビュー』1991年3月号「東京都交通局分圧6相接続式SIV」p.261。
  9. ^ 鉄道史資料保存会『日車の車輌史 写真・図面集 - 台車篇』p.40。
  10. ^ 三菱電機『三菱電機技報』1991年1月号トピックス「地下鉄用列車無線システム」 (PDF) 」p.17。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.494 - 495。
  12. ^ a b 東京都交通局「大江戸線放射部建設史」
  13. ^ a b c d e f g h i j k l 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.489 - 493。
  14. ^ a b c d e f g h i 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.480 - 482。
  15. ^ a b c d e f g h i 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.484 - 485。
  16. ^ a b c 交友社『鉄道ファン』1998年3月号「平成9年12月19日東京都交通局12号線練馬 - 新宿間延伸開業」p.68。
  17. ^ a b c d e f g h i 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.482 - 484。
  18. ^ 鉄道車両への摩擦攪拌接合の適用(電気製鋼2007年4月号・インターネットアーカイブ)。
  19. ^ 大江戸線 木場車庫への車両搬入が完了しました (2000年2月17日東京都交通局ニュース・インタ―ネットアーカイブ・2000年時点の版)
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』pp.485 - 489。
  21. ^ a b c d e f 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』1986年8月号新型車両プロフィールガイド「東京都小型地下鉄車両」pp.85 - 89。
  22. ^ a b c d e f g h i j k l 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』1986年8月号「東京都交通局地下鉄12-000形試作車両」pp.58 - 61。
  23. ^ a b c d e 鉄道ジャーナル社『鉄道ジャーナル』1986年8月号新型車両プロフィールガイド「東京都小型地下鉄車両」pp.88 - 89。
  24. ^ 日本鉄道サイバネティクス協議会「鉄道サイバネ・シンポジウム論文集」第23回(1986年11月)「東京都交通局12号線試作車両用駆動・制御装置」論文番号415。主電動機・VVVFインバータ装置・ブレーキ制御装置が三菱電機製である。
  25. ^ a b c d 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』1986年8月号「東京都交通局地下鉄12-000形試作車両」pp.62 - 63。
  26. ^ KD91 KD91A/東京都交通局12-000形試作車(鉄道ホビダス台車近影・インターネットアーカイブ)。
  27. ^ a b 日本鉄道サイバネティクス協議会「鉄道サイバネ・シンポジウム論文集」第23回(1986年11月)「東京都交通局12号線試作車両用車上集中制御装置」論文番号448。
  28. ^ 三菱電機『三菱電機技報』1987年1月号トピックス「東京都交通局向け12号線試作車両用車上集中制御装置」 (PDF) 」p.71。
  29. ^ 三菱電機『三菱電機技報』1987年2月号特集論文「鉄道車両における情報システムの動向」 (PDF) 」p.8 - 13(特にpp.12 - 13)。また、本試作車が同誌の表紙を飾っている。
  30. ^ 「東京都交通局80年史」ならびに「大江戸線放射部建設史」東京都交通局
  31. ^ 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』1986年8月号「東京都交通局地下鉄12-000形試作車両」p.74。
  32. ^ a b 東京都交通局『東京都交通局90年史』pp.92 - 93。
  33. ^ 東京都交通局『大江戸線放射部建設史』p.5「大江戸線の経緯」。
  34. ^ a b c d e f 東京都交通局『東京都交通局80年史』「東京都地下鉄建設・経営調査会 最終報告」pp.558 - 559。
  35. ^ a b c d 交友社『鉄道ファン』1986年8月号 形式図「東京都交通局12-000形」、1991年3月号 形式図「東京都交通局12-000形」。
  36. ^ 鉄道図書刊行会「鉄道ピクトリアル」2010年10月臨時増刊号鉄道車両年鑑
  37. ^ a b 鉄道車両の床材料の改良計画について(国土交通省報道発表資料)。
  38. ^ 地下鉄車両の床材料の交換について(東京都交通局ニュース・インターネットアーカイブ・2011年時点の版)。
  39. ^ 平成26年度実施事例 お客様に期待されるサービスを目指して アーカイブ 2020年10月27日 - ウェイバックマシン - 東京都交通局
  40. ^ 都営大江戸線に新車両がデビューします。~平成27年4月6日より運行開始予定~ アーカイブ 2020年10月27日 - ウェイバックマシン - 東京都交通局ニュースリリース 2015年3月30日
  41. ^ 都営大江戸線12-000形1次車が営業運転終了”. 鉄道ニュース. 交友社 (2016年7月1日). 2016年7月15日閲覧。 アーカイブ 2016年7月20日 - ウェイバックマシン
  42. ^ 東京都交通局向けリニア式地下鉄車両を受注”. 川崎重工ニュースリリース. 川崎重工 (2016年5月26日). 2016年8月30日閲覧。 アーカイブ 2020年6月5日 - ウェイバックマシン
  43. ^ 東京都交通局経営計画2016” (PDF). 東京都交通局. p. 57 (2016年2月12日). 2016年8月30日閲覧。 アーカイブ 2022年6月22日 - ウェイバックマシン


「東京都交通局12-000形電車」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「12-000形」の関連用語

12-000形のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



12-000形のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの12000系 (改訂履歴)、東京都交通局12-000形電車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS