大峯あきらとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 大峯あきらの意味・解説 

大峯あきら

大峯あきらの俳句

くらがりに女美し親鸞忌
吾子が嫁く宇陀は月夜の蛙かな
曝書して太平洋を明日越えん
神々のたたかひし野に鍬始
苗代や日と月とある越の空
苗代や様つけて呼ぶ岩木山
虫の夜の星空に浮く地球かな
雪女郎真北へ伸びる岬かな
餅配大和の畝のうつくしく
高浪をうしろにしたり暦売
 

大峯顕

(大峯あきら から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/10 13:11 UTC 版)

大峯 顕(おおみね あきら、1929年7月1日 - )は、日本の哲学者浄土真宗僧侶俳人大阪大学名誉教授、元龍谷大学教授。専立寺前住職。学者としての専攻は宗教哲学。中期フィヒテ研究・西田幾多郎研究で知られる。俳号は大峯あきら






「大峯顕」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大峯あきら」の関連用語

大峯あきらのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大峯あきらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大峯顕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS