ウィンクとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > ウィンクの意味・解説 

ウィンク【ウィンク】(観賞樹)

登録番号 第3277号
登録年月日 1992年 9月 1日
農林水産植物の種類 ばら
登録品種の名称及びその読み ウィンク
 よみ:ウィンク
品種登録の有効期限 18 年
育成者権の消滅 1995年 9月 2日
品種登録者の名称 今井清
品種登録者の住所 広島県安芸郡倉橋町14088
登録品種の育成をした者の氏名 今井清
登録品種の植物体の特性の概要
 
登録品種の育成経過概要
 



ウィンク

名前 Wink

Wink

(ウィンク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/07 14:10 UTC 版)

Wink(ウィンク)は、日本の女性アイドルデュオで、鈴木早智子相田翔子の二人組。1988年4月27日デビュー、1996年3月31日活動停止[6]




注釈

  1. ^ 所属事務所欄に、語尾に「S」無しで「P-ARTIST」、同住所欄に「109港区北青山2-7-28NAビル3F」と記されている。なお前年93年度版(1993年10月20日発行)p.142の「Wink」の項では、所属事務所欄に「アップライトミュージック」、同住所欄に「106港区六本木6-5-17」と記されている。
  2. ^ 鈴木は、1996年の2月下旬か3月上旬に事務所の社長からWinkの活動停止を宣告された際の記述において、事務所名を明示せずに、「デビューのときからの社長は代わっており、社名も変更していました。しかし、ここが生まれ育った事務所であることは変わりません。」と記している。
  3. ^ 鈴木は、Winkの活動停止直後の動向として、事務所名を明示せずに、「私は社名変更したそれまでの事務所。そして翔子は新会社に行くことになりました。」と記している。
  4. ^ 所属事務所欄に「マンリープロモーション」、同住所欄に「102千代田区三番町7-13三番町パークマンション201」と記されている。なお、同書に「相田翔子」は立項されていない。
  5. ^ 鈴木早智子は、前事務所(アップライトミュージック)が社名変更したものとしており[2]、Winkの活動停止後に社名変更したともする[3]マンリープロモーション[4]
  6. ^ この記事がWinkの活動停止発表の場であったことについては、鈴木 2010, p.155。
  7. ^ 鈴木が1987年「上半期」、相田が「下半期」のグランプリとされることがあるが[9]、鈴木が1987年上半期中に発行の『UP TO BOY』の一つで公表されたグランプリ、相田が下半期中のそれという意味なら誤りではないものの、誤解を招く表現である。なお、1987年の『UP TO BOY』で公表されたミス・アップ・グランプリは、1月号・第5代島田りか子、3月号・第6代真弓倫子、5月号・第7代鈴木早智子、7月号・第8代北野美佐緒(後の森川美沙緒)、11月号・第9代相田翔子の5人。
  8. ^ 明星』1990年7月号p.25に掲載される鈴木早智子の独白によると、「花束っていうと、デビューの日を思い出します。88年4月27日。私たちはオフで、それぞれ自宅にいたら、事務所からデビュー記念の花束が届いたんです」とのことで、「Sugar Baby Love」の発売日1988年4月27日が「デビューの日」である。なお、このデビュー曲は、1988年4月14日(木)に放送開始した『熱っぽいの!』(フジテレビ系)の主題歌として用いられたので、このドラマを通してWinkの「デビュー」前に公表されたことになる。
  9. ^ アップライトミュージック社長(1989年当時)森裕平の証言として以下のようにある。「グループ名には、およそ20の候補があった。ベルズ、カルガリー、トゥインクル…。最終的には〝WINK〟と〝OZ〟に絞られた。「カルガリーというのは、当時、ちょうどオリンピックの時期だったからね(笑)。Winkに決まった、ほとんどひらめきだね。響きがよくて、言いやすくて、覚えやすいことが条件だった」(アップライトミュージック・森氏)」。
  10. ^ 鈴木早智子の証言として以下のようにある。
    「最初はいろいろな候補が挙がりました。
    『oz(オズ)』
    二人ともうお座だから、ということで『フィッシュズ』。
    こんなベタな名前もありました。
    『早智子と翔子』
    しかし、どれもいまいちピンとこなかったのです。そのときでした。
    「『Wink(ウィンク)』っていうのは、どう?」
    事務所にいたマネージャーがひとこと言ったのです。「それ、いいね」
    偶然、マネージャーが言ったひとことが私たちの名前を決めたのでした。」
  11. ^ ここでの年間売り上げは1988年12月5日から1989年11月27日のもの。
  12. ^ 読売新聞』1989年7月8日朝刊第32面(『読売新聞縮刷版』1989年7月号p.404)および夕刊第16面(同前p.428)のテレビ番組表に番組放送予定記載あり。
  13. ^ 上半期グランプリ受賞は「情熱つたわれWINK」(『ザテレビジョン』1989年第31号)p.33(各地方版共通)などに言及あり。
  14. ^ 『読売新聞縮刷版』1989年12月14日朝・夕刊TV番組表に放送予定あり。年間グランプリ受賞は『スコラ』1990年5月10日号p.174などに言及あり。
  15. ^ 船山基紀が腕を振るったユーロビート調のアレンジが功を奏したものという見方もある[14]
  16. ^ 『80年代アイドルcollection』pp.38-39の「80年代シングルランキングTOP50」では、1980年代におけるWinkのシングル総売上げは、年間ベスト50位以内のものに限れば191.3万枚、同書が認定した「80年代アイドル」中8位、年間ベスト50位以内ランクイン曲数は4曲、同じく「80年代アイドル」中8位とする。同様に1980年代において、「80年代アイドル」のシングルチャート最高位の座は1989年の1回としている。なお、同書における「80年代アイドル」の定義は、記載が無いため不明であるが、全員女性であり、また、1988年に星野裕子としてデビューして1990年の改名後にブレイクした、かとうれいこが「80年代アイドル」に含まれている。
  17. ^ 『80年代アイドルcollection』p.51に、出典や具体的な出演作品の例示が無いながら、言及がある。なお、本『Wikipedia』に立項されている「鈴木早智子」と「相田翔子」も参照。
  18. ^ 2017年における動向として、「相田翔子、Wink30周年目に感謝つづる 「近々また会う約束」は活動再開フラグ?」(『ねとらぼエンタ』2017年4月27日)(2017年5月4日閲覧)参照。
  19. ^ メディア等ではしばしば「”元”Winkの鈴木早智子(または相田翔子)」のように記載される[18]
  20. ^ 『読売新聞縮刷版』1998年12月29日(火)朝・夕刊TV番組表に放送・出演予定記載あり。
  21. ^ 『読売新聞縮刷版』1999年12月30日(木)朝・夕刊TV番組表に放送・出演予定記載あり。
  22. ^ 収録日は2018年8月4日[21][22]
  23. ^ 1991年頃まで[要出典]その後、三浦亨による振付となる[要出典]
  24. ^ ここでの年月日は『はた金のオリコン・ザ・ビッグヒット』における公表日。『読売新聞縮刷版』1989年7月8日(土)朝刊ラジオ・FM番組表の同番組の欄に、「ウィンクイメージソング大発表」とある。
  25. ^ 曲名の表記は『Twinkle Angels』(ワニブックス、1990年4月10日)p.171の記載に従っている。
  26. ^ 同資料には、「谷穂ちろる(作詞)+渡辺英樹野村義男(作曲)+WINK(歌)=つまり“THE KING C-LOVE FAMILY”」とある。1989年4月1日(土)放送の『はた金のオリコン・ザ・ビッグヒット』におけるパーソナリティ・波多江孝文(はた金)の発言によれば、バンド名は「ザ・キング・クラブ・ファミリー」と読み、同名中の「キング」は「はた金」の「金」に由来する。
  27. ^ ザテレビジョン 首都圏版』1989年第22号の番組表p.72に番組放送・出演予定記載、同「TV番組解説」p.75に紹介記事あり。
  28. ^ 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1991年第26号)p.53(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。
  29. ^ 『Twinkle Angels』 1990, p.170に紹介記事あり。
  30. ^ 『ザテレビジョン』の1989年より1992年の各号における「NEWすたーれぽーと」(各地方版共通)に、1990年2月7日、4月18日、6月9日、7月25日、10月24日、11月21日、1991年1月16日、2月6日、4月10日、4月17日、6月12日、6月26日、8月21日、および1991年8月25日(日)(関西圏では9月1日(日))のスペシャル番組『やまかつIN武道館』の番組放送・出演予定記載あり。
  31. ^ a b 「年末年始ビッグスター50」(『ザテレビジョン』1990年第1号)p.94(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。
  32. ^ 「NEWすたーれぽーと」(『ザテレビジョン』1990年第20号)p.37(各地方版共通)に番組放送・出演予定記載あり。
  33. ^ 放送開始:1989年4月1日[33]、撮影:1989年3月1日、企画制作会社:I&Sティー・ワイ・オー、演出:北川みつを、音楽:Wink「Remember Sweet」[34]
  34. ^ 撮影:1990年2月[35]
  35. ^ 放送開始:1989年4月1日[33]、撮影:1989年3月2日、企画制作会社:旭通信社葵プロモーション、演出:鈴木拓彦、音楽:Wink「Remember Sweet」[36]
  36. ^ 放送開始:1989年9月23日(北海道のみ8月28日)[37]、撮影:1989年7月20日、企画制作会社:I&S・アダルト、演出:小野寺龍敏、音楽:Wink「Shining Star」[34]
  37. ^ 放送開始:1989年9月23日(北海道のみ8月28日)[37]、撮影:1989年7月30日、企画制作会社:I&S・マザース、演出:湯浅宣之、音楽:Wink「チョコレートは明治」テーマソング[34]
  38. ^ 撮影:1990年2月[35]
  39. ^ 放送開始:1989年4月中旬[33]、撮影:1989年4月8日、企画制作会社:電通電通プロックス、演出:木村草一、音楽:Wink「淋しい熱帯魚」[38]
  40. ^ 1990年3月発売。
  41. ^ 1990年11月発売、撮影:1990年10月上旬[39]
  42. ^ 1991年6月発売、相田翔子の出演、音楽:Wink「真夏のトレモロ」。
  43. ^ 1991年7月発売、鈴木早智子の出演、音楽:Wink「真夏のトレモロ」。
  44. ^ 1991年11月発売、相田翔子の出演、音楽:Wink「背徳のシナリオ」。
  45. ^ 1991年12月発売、鈴木早智子の出演、音楽:Wink「背徳のシナリオ」。
  46. ^ 撮影:1989年5月15日、企画制作会社:電通・マザース、演出:関谷宗介、音楽:映画『輝け!ミス・ヤング・アメリカ英語版』(原題“Smile”)のテーマ[38]
  47. ^ 1990年6月発売。
  48. ^ 1990年7月発売。
  49. ^ 「ビデオファンレター下さい」編と、「ビデオファンレターありがとう」編の2編あり。いずれも、撮影:1989年8月26日、企画制作会社:電通・電通プロックス、演出:坂本淳、音楽:Wink「One Night In Heaven」[38]
  50. ^ SC-D50の「ご存知」編と、SC-D30・SC-D50・SC-D70の「CDプレゼント」編、2編あり。いずれも、撮影:1989年9月1日、企画制作会社:電通・マザース、演出:岩井克之、音楽:Wink「思い出を愛してた」[40]
  51. ^ 撮影:1989年5月12日、企画制作会社:マッキャンエリクソン博報堂・アドハウスDC、演出:林田知明、音楽:Wink「サッポロ一番カップスター」テーマソング[41]
  52. ^ 「花園」編と「青空」編の2編あり。いずれも、放送開始:1989年10月14日[42]、撮影:1989年9月5日、企画制作会社:電通・マザース、演出:岩井克之[41]
  53. ^ 放送開始:1989年11月20日[42]、撮影:1989年9月10日、企画制作会社:アドベンチャーズ・黒沢エンタープライゼス、演出:花木薫、音楽:ジョー・リノイエLove Me Tender[40]
  54. ^ a b 放送開始:1993年9月1日、音楽:Wink「咲き誇れ愛しさよ」[44]
  55. ^ 撮影:1994年1月[45]
  56. ^ 音楽:Wink「愛を奪って 心縛って」[46]
  57. ^ 撮影:1994年3月、音楽:Wink「Tasty」[47]
  58. ^ 2編あり。いずれも放送開始:1995年1月26日[48]
  59. ^ 朝日新聞』大阪版1988年8月21日~10月9日朝・夕刊のラジオ番組表に、簡略化された表題『ウィンク』で放送予定記載あり。
  60. ^ 『ORICON WEEKLY』1988年8月22日号~10月10日号の「WEEKLY SCHEDULE」に、1988年8月22日(月)、9月4日(日)・9日(金)・14日(水)、10月2日(日)・4日(火)における、6回分の収録予定記載あり。

出典

  1. ^ TVスター名鑑'94』(東京ニュース通信社、1994年10月20日)p.148「Wink」の項[注 1]
  2. ^ 鈴木 2010, p.154[注 2]
  3. ^ 鈴木 2010, p.158[注 3]
  4. ^ 『'97TVスター名鑑』(東京ニュース通信社、1996年10月30日)p.59「鈴木早智子」の項[注 4]
  5. ^ Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)p.15。
  6. ^ a b 「年商70億円が2億円になり「Wink」活動停止 ― 二人が語る8年間」(『FOCUS』1996年3月6日号pp.54-55)[注 6]
  7. ^ 「してみます、夢の数だけ冒険心 お待たせっ!『ミスUPフェスティバル』グランプリのサッチン。ミス・アップ№7で大登場! 鈴木早智子」(『UP TO BOY』1987年5月号pp.2-11)。
  8. ^ 「気弱なさびしんぼは寄っといで、秋色影絵のさわやか翔子。ミス・アップ№9はキミだけにトコトン優しいソフティ17歳。相田翔子」(『UP TO BOY』1987年11月号pp.2-13)。
  9. ^ いつみても波瀾万丈』(日本テレビ系、2006年3月5日(日)放送)。
  10. ^ 「実録シンデレラストーリー Winkが止まらない」(『BOMB!』1989年9月号)p.30[注 9]
  11. ^ 鈴木 2010, p.70[注 10]
  12. ^ 『オリコン年鑑1990別冊 オリコン・チャート・データ'89』(オリジナルコンフィデンス、1990年4月20日)p.26[注 11]
  13. ^ 「日本レコード大賞31」(『公益社団法人 日本作曲家協会』)、2017年11月12日閲覧。
  14. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』(宝島社、2017年8月7日)p.39。
  15. ^ 「紅白歌合戦ヒストリー 第40回(1989年/平成1年)」(『NHKオンライン』)、2017年11月12日閲覧。
  16. ^ 「突然の活動休止から22年、Wink活動再開を待望する声」(『NEWSポストセブン』2018年8月21日16:00)、2018年10月16日閲覧。
  17. ^ マルコポロリ!』(関西テレビ、2008年7月13日(日)放送、鈴木早智子出演)。
  18. ^ 「元「Wink」相田翔子 ほぼ裸エプロン!?アイドル時代の“天然伝説”語る」(『スポニチ Sponichi Annex』2018年7月4日16:46)、2018年9月17日閲覧。
  19. ^ 「『第50回日本レコード大賞』大賞はEXILE「Ti Amo」 最優秀新人賞はジェロ」(『ORICON NEWS』2008年12月30日23:00)、2018年1月10日閲覧。
  20. ^ 「『第50回日本レコード大賞』にゲストとして駆けつけたWink」(『ORICON NEWS』2008年12月30日23:00)、2018年1月10日閲覧。
  21. ^ 「Wink、10年ぶり4度目の復活!息ピッタリの振りで「淋しい熱帯魚」熱唱」(『 スポーツ報知』2018年8月4日23:20)、2018年8月28日閲覧。
  22. ^ 「Wink一夜限りの復活 NHK思い出のメロディー」(『日刊スポーツ』2018年8月4日23:53) (2018年8月28日閲覧)。
  23. ^ 『NHKクロニクル』「第50回思い出のメロディー」番組表検索結果、2018年9月6日閲覧。
  24. ^ 「第50回思い出のメロディー」(『NHKオンライン』)、2018年9月6日閲覧。
  25. ^ 「Wink:平成最後のレコ大で「淋しい熱帯魚」 平成元年の大賞曲」(『MANTAN』 2018年12月30日)、2018年12月31日閲覧。
  26. ^ 「日本レコード大賞!」(相田翔子オフィシャルブロク『こんな翔子に誰がした?』 2018年12月23日) 、2018年12月30日閲覧。
  27. ^ 「早智子のひとりごと」(オレガ公式サイト内「SACHIKO'S CHATTY ROOM」)2004年4月21日時点のアーカイブ
  28. ^ 「相田翔子、約20年ぶりのミニライブ開催。Wink時代の名曲も披露」(『BARKS』2013年9月7日)、2013年9月23日閲覧。
  29. ^ 『Wink30周年特設サイト』、2018年8月28日閲覧。
  30. ^ 「相田翔子、Wink時代は「笑えなかった」スマイル練習も「本番になると緊張」」(『マイナビニュース』2017年9月19日) 、2017年9月19日閲覧。
  31. ^ 「伝説的サイケバンドを経て裏方に。水橋春夫の「いい加減」な才能」(『CINRA.NET』2016年7月25日)、2018年1月14日閲覧。
  32. ^ 『Twinkle Angels』 1990, p.171[注 26]
  33. ^ a b c 「Winkの青春グラフィティ」 1990, p.99。
  34. ^ a b c 『Twinkle Angels』 1990, p.154。
  35. ^ a b 『Twinkle Angels』 1990, p.121。
  36. ^ 『Twinkle Angels』 1990, p.153。
  37. ^ a b 「アイドルCMらんど Winkスペシャル」(『ORICON WEEKLY』1989年9月25日号p.32)。
  38. ^ a b c 『Twinkle Angels』 1990, p.156。
  39. ^ 「WINK最新情報グラフィティ」(『BOMB!』1991年1月号)p.107。
  40. ^ a b 『Twinkle Angels』 1990, p.157。
  41. ^ a b 『Twinkle Angels』 1990, p.155。
  42. ^ a b 「Winkの青春グラフィティ」 1990, p.98。
  43. ^ Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第24号(1993年5月)pp.4-5。
  44. ^ Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第25号(1993年8月)p.2。
  45. ^ Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)p.4。
  46. ^ a b c Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)p.10。
  47. ^ Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第28号(1994年5月)pp.10-11。
  48. ^ Winkファンクラブ会報『Winkers Party』第32号(1995年2月)pp.3-4。
  49. ^ 「曖・昧・Me」(『Movie Walker』)、2018年1月27日閲覧。
  50. ^ 「曖・昧・Me」(『ぴあ映画生活』)、2018年1月27日閲覧。
  51. ^ 「ウインク写真集『ダブルトーン』」(『ワニブックスオフィシャルサイト』)、2018年1月14日閲覧。
  52. ^ 「ウインク写真集『WINKISSIMO(ウインキッシモ)』」(『ワニブックスオフィシャルサイト』)、2018年1月14日閲覧。
  53. ^ 「ウインク写真集ウィンク写真集『レジェンド』」(『ワニブックスオフィシャルサイト』)、2018年1月14日閲覧。


「Wink」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウィンク」の関連用語

ウィンクのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウィンクのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのWink (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS