中央構造線とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地学 > 構造線 > 中央構造線の意味・解説 

ちゅう おうこうぞうせん -あうこうざう- [0] 【中央構造線】


中央構造線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/21 07:36 UTC 版)

中央構造線(ちゅうおうこうぞうせん。: Median Tectonic Line)は、日本最大級の断層系。英語表記からメディアンラインメジアンラインとも言い、略して MTL とも言う。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 鹿塩(かしお)時階の名称は長野県大鹿村の地名に由来している[1]
  2. ^ 三波川帯と領家帯のように、地質体が低角の逆断層によって数十kmから百kmの距離を移動して重なった構造はナップ英語版構造と呼ばれる[10]
  3. ^ 棚倉構造線 (Tanagura Tectonic Line) は棚倉断層とも呼ばれ、茨城県常陸太田市から福島県棚倉町にかけて存在している。八溝帯と阿武隈帯を分ける、長さ約60kmの横ずれ断層である[15]
  4. ^ 砥部衝上断層は、日本の地質百選[19]や国の天然記念物に指定されている[20]
  5. ^ 日奈久区間の南は、御立岬付近から八代海南部にかけて延びる、長さ約30kmと推定される八代海区間である[29]
  6. ^ ほか、岡田 (2012) ではMTL断層帯とも表記している。後藤 & 中田 (2000) では、地質境界としては狭義の中央構造線、活断層としては中央構造線活断層系と呼び分けている。

出典

  1. ^ a b c d 村田明広. “中央構造線 ちゅうおうこうぞうせん”. 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンク. 2016年3月27日閲覧。
  2. ^ a b c 後藤 & 中田 2000, p. 6.
  3. ^ 山下 2014, p. 58.
  4. ^ a b 山下 2014, p. 59.
  5. ^ フォッサマグナ地域西縁の糸魚川-静岡構造線”. 大鹿村中央構造線博物館. 2016年3月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e 中央構造線はどこを通っている?”. 大鹿村中央構造線博物館. 2016年3月30日閲覧。
  7. ^ a b c 中央構造線断層帯(金剛山地東縁-伊予灘)”. 地震調査研究推進本部. 2016年3月30日閲覧。
  8. ^ a b 地震調査委員会 活断層の長期評価 中央構造線断層帯(金剛山地東縁-伊予灘)の長期評価を一部改訂”. 地震調査研究推進本部 (2011年). 2016年3月30日閲覧。 地震調査委員会 活断層の長期評価 中央構造線断層帯(金剛山地東縁-伊予灘)の長期評価を一部改訂 (PDF) 」 、『地震本部ニュース』、地震調査研究推進本部事務局、2011年4月15日、 8-9頁、2016年3月30日閲覧。
  9. ^ 数研出版編 2014, p. 264.
  10. ^ a b c d 数研出版編 2014, p. 255.
  11. ^ a b c d e f g 柳井ら 2000, p. 1086.
  12. ^ a b 後藤 & 中田 2000, p. 7.
  13. ^ 後藤 & 中田 2000, pp. 7-8.
  14. ^ 高橋雅紀「関東平野地下深部に特定された中央構造線 活断層の原因を地下深部に探る (PDF) 」 、『産総研TODAY』第6巻第5号、産業技術総合研究所 地質調査総合センター、2006年5月、 20-21頁、2009年10月7日閲覧。
  15. ^ 日本地質学会構造地質部会編 2012, pp. 4-5.
  16. ^ 新妻信明. “関東プレートとM8級地震発生場としての鹿島海底崖および中央構造線”. 日本地球惑星科学連合 2001年大会予稿集. 2011年6月9日閲覧。[リンク切れ]
  17. ^ 和歌山北部の中央構造線、地震確率14%…今後30年以内”. 読売新聞 (2011年2月19日). 2011年2月21日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ 地震調査研究推進本部地震調査委員会 (2011年2月18日). “中央構造線断層帯(金剛山地東縁-伊予灘)の長期評価(一部改訂) (PDF)”. 主要活断層帯の長期評価. 地震本部. 2016年3月30日閲覧。
  19. ^ a b c “「地質百選」83カ所選定/市町村に認定書送付/全地連”. 建設通信新聞 (日刊建設通信新聞社). (2007年5月10日). "全国地質調査業協会連合会...は、「日本の地質百選」として83カ所を選んだ。...▽長野=中央構造線(大鹿町)...▽三重=中央構造線(月出)...▽愛媛=砥部衝上断層..." 
  20. ^ 日本地質学会構造地質部会編 2012, pp. 22-23.
  21. ^ a b 平成28年(2016年)熊本地震及び関連情報「中央構造線に関する現在の知見−九州には中央構造線はない」 - 産業技術総合研究所地質調査総合センター(2016年5月13日)
  22. ^ 九州地域の活断層の長期評価(第一版)概要 (PDF)”. 地震調査研究推進本部 (2013年2月). 2016年4月25日閲覧。
  23. ^ 橋本勇「九州の基盤構造・火山・地熱 (1) 九州の基盤岩と北薩の屈曲 (PDF) 」 、『アーバンクボタ』第22号、1984年4月、 p. 2、2016年4月25日閲覧。
  24. ^ 古澤美由紀「九州の鉱床を伴う新第三紀および第四紀火成岩の地球化学 (PDF) 」、鹿児島大学(博士(理学)論文)、2012年3月15日NAID 5000005769212016年4月24日閲覧。
  25. ^ 小坂 1995. p. 94.
  26. ^ 小坂 1995. p. 95.(図3-13 九州におけるグリーンタフ及び瀬戸内系火山岩類の分布)
  27. ^ 松本征夫「九州の基盤構造・火山・地熱 (3) 別府-島原地溝 (PDF) 」 、『アーバンクボタ』第22巻、クボタ1984年4月、 p. 13.(図3・3 別府-島原地溝内の断層と基盤深度)、2016年4月24日閲覧。
  28. ^ a b 福田将眞、田中均、高橋努 (2015年9月11日). “九州山地西縁の日奈久断層の再検討 (PDF)”. 日本地質学会第122年学術大会(2015長野大会)講演要旨. 日本地質学会. 2016年4月25日閲覧。
  29. ^ a b 地震調査研究推進本部地震調査委員会 (2013年2月1日). “布田川断層帯・日奈久断層帯の評価(一部改訂) (PDF)”. 地震調査研究推進本部. p. 1. 2016年4月25日閲覧。
  30. ^ a b c d e f 岡田 1993, p. 8.
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n 岡田 1993, p. 9.
  32. ^ セグメント区分 (PDF)”. 地震・地震動評価委員会及び施設健全性評価委員会ワーキング・グループ3. 原子力安全委員会 (2009年5月28日). 2012年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年8月14日閲覧。
  33. ^ 都司嘉宣. “歴史上の内陸被害地震の事例研究”. 平成13年度成果報告. 東京大学地震研究所 地震・火山噴火予知研究協議会. 2011年6月9日閲覧。
  34. ^ 松田時彦「要注意断層」の再検討 (PDF) 」 、『活断層研究』第14号、日本活断層学会、1996年doi:10.11462/afr1985.1996.14_1NAID 1300033556412011年11月11日閲覧。
  35. ^ 活断層としての中央構造線”. 大鹿村中央構造線博物館. 2016年3月30日閲覧。
  36. ^ a b 中央構造線露頭”. 大鹿村中央構造線博物館. 2016年3月30日閲覧。
  37. ^ 岡田 2012, pp. 132-134.
  38. ^ a b 岡田 2012, p. 145.
  39. ^ “悩む巨大プラント・伊方原発20年(12)原子力損害賠償”. 愛媛新聞 朝刊 (愛媛新聞社): p. 総一. (1997年10月12日). "昨年公表された岡村真・高知大教授(地震地質学)らによる伊予灘の海底活断層調査で、伊方原発前面海域に最も活動度の高いAクラス活断層二本が確認された。...高知大グループの調査では、二千年間隔でマグニチュード(M)6・8〜7・2、最悪の場合は7・6の地震を起こす可能性もある。" 
  40. ^ “活断層の不安消えず 問われる審査の妥当性”. 四国新聞 朝刊: p. 24 社会. (2000年12月16日). "原発は本当に大地震に耐えられるのか―。...この不安が、十五日判決の四国電力伊方原発2号機訴訟でも主な争点だった。...中央構造線のそばにある伊方原発も、当初から震災が不安視されたが、岡村真・高知大教授が原発沖に活断層を発見したと発表したことで、論議は一気に熱を帯びた。...読者談話 伴英幸・原子力資料情報室共同代表の話 新しい活断層が見つかったことを取り上げ、それまでの安全審査の判断が誤りであったと踏み込んだ...。同様の訴訟で初の判断...。" 
  41. ^ “伊方原発は大丈夫か 近くに巨大活断層”. 高知新聞. (2006年3月25日). http://www.kochinews.co.jp/jisin/jisin060325.htm 2016年3月30日閲覧。 
  42. ^ “中央構造線断層帯 紀伊半島M8の確率5% 四国M8で0.3% 今後30年 政府調査委”. 高知新聞 朝刊. (2003年2月13日). "...長期評価は、中央構造線が全区間で同時にずれればM8以上の地震になると分析。個別にずれても、四国では...石鎚山脈北縁西部-佐田岬北西付近に至る区間...もM8以上と指摘した。...中央構造線の断層から最も近いところで約六キロしか離れていない愛媛県の伊方原発の安全性。岡村教授も同原発の周辺は「震度7クラスになる」とみる。..." 
  43. ^ 日本地質学会構造地質部会編 2012, pp. 16-17.
  44. ^ 大鹿村の中央構造線(北川露頭・安康露頭)」が国の天然記念物に指定”. 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク (2013年6月26日). 2016年3月27日閲覧。
  45. ^ 大鹿村の中央構造線(北川露頭・安康露頭)”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2016年3月27日閲覧。 “おおしかむらのちゅうおうこうぞうせん(きたがわろとう・あんこうろとう)
  46. ^ 講談社編 2003, pp. 213. "月出(つきで)の中央構造線(ちゅうおうこうぞうせん)"
  47. ^ 日本地質学会構造地質部会編 2012, pp. 18-19.
  48. ^ 月出の中央構造線”. みんなで、守ろう!活かそう!三重の文化財 / 情報データベース. 三重県教育委員会事務局社会教育・文化財保護課. 2016年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月18日閲覧。
  49. ^ "月出の中央構造線 「地質百選」に"朝日新聞2007年5月25日付朝刊、三重版23ページ
  50. ^ 河本 2010, pp. 20-22.
  51. ^ 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク ロゴマークが決定しました”. 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク. 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク協議会 (2011年1月25日). 2012年1月26日閲覧。
  52. ^ ジオサイト 中央構造線の活動”. 下仁田ジオパーク. 下仁田町産業観光課. 2016年4月6日閲覧。
  53. ^ 2012年 町勢要覧 (PDF)”. 下仁田町. pp. 1, 2, 19. 2016年4月6日閲覧。







中央構造線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中央構造線」の関連用語

中央構造線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ムカデメリベ

新規検査

記念式

ステア

ウコンガサ

メガネ留め

サイレージ

Jimmy Carter





中央構造線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中央構造線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS