破砕帯とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > 破砕帯の意味・解説 

破砕帯

読み方:はさいたい
別名:だんそうはさいたい

岩盤割り砕かれて、多くの隙間を持つようになった地層のこと。断層運動などによって発生する

破砕帯は通常の地盤に比べ軟弱であり、地下水などが含まれている場合も多い。トンネル工事などでは岩盤の脆い危険地帯となり、地震発生際に活断層と共に大きく動く危険性もある。

福井県敦賀原発は破砕帯の真上位置しており、従来地震などによる影響はないと評価されていたが、2011年震災以降あらためて破砕帯による影響調査する取り組み進められている、


はさい‐たい【破砕帯】


破砕帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/30 16:49 UTC 版)

破砕帯(はさいたい)




「破砕帯」の続きの解説一覧



破砕帯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「破砕帯」の関連用語

破砕帯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



破砕帯のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの破砕帯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS