らき☆すたの登場人物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > らき☆すたの登場人物の意味・解説 

らき☆すたの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/19 15:10 UTC 版)

らき☆すたの登場人物(らきすたのとうじょうじんぶつ)では、美水かがみによる4コマ漫画作品『らき☆すた』、およびそれを原作としたドラマCDゲームアニメ小説漫画作品に登場する人物について詳述する。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ アニメ版では涼宮ハルヒのほか、平野あや(本人)役としても出演している。ただし台詞はなく歌声のみである。
  2. ^ アニメ版では、その際の『涼宮ハルヒの憂鬱』に絡んだコスプレなど、声優ネタに絡んだ趣味を持ち出すこともある。
  3. ^ 何曲も入れるため、かがみに迷惑がられ、エンディングでは「早く曲入れないと、こなたのアニソンメドレー聞かされる羽目になるわよ」とつかさやみゆきに曲入れを急かすという行動を取られている。
  4. ^ 実際、日曜深夜に放送したネット局では、第1話放送日の4月8日(深夜。日付上は4月9日)が第16回統一地方選挙と重なったため、放送エリア内で議会の議員選挙や首長選挙が行われた県のネット局はそれの開票特番で時間変更が行われている。(最速放送のチバテレビは20:00というゴールデンタイムで放送され、日付上の時間で考えれば名実共に"最速放送"となっていた)。
  5. ^ ただし、「ねんどろいど コンプティークVer.」での動物化はとなっており、他のキャラクターの動物化Ver.とは見識が異なっている(かがみ、つかさ、みゆきの3人はこなたの見識と同じ動物による動物化がされている)。
  6. ^ ゲーム版では、強気な性格が強調されている。そのエピソードの一つが、永森やまとに学園祭の準備を手伝ってくれる様にを頼みに行ったが、不機嫌な言い方で「私には関係ない」と言って手伝いを拒んだため、「あんた、何様のつもり」とマジギレしている事である。
  7. ^ こなたほどではないが、アニメ版を演じた加藤に絡んだ声優ネタも原作(9巻)・アニメ版(23話)共にたびたび登場する。
  8. ^ ただし、「かがにゃー」と呼ばれるでの猫化イラストも存在し、『プロジェクト レヴォリューション』などで使用されている。
  9. ^ アニメ版第23話の「らっきー☆ちゃんねる」にてゴットゥーザ様として登場している。
  10. ^ 漫画本編で彼女が登場する場面は、アニメ版ではパティに変更されている。
  11. ^ ただし、こうと親友であるという設定は変わらない。
  12. ^ アニメ版では長門有希のコスプレをしたコスプレ喫茶の店員「長門店員」のほか、茅原みのり(本人)役としても出演している。
  13. ^ 『ドラマCD らき☆すた』(フロンティアワークス版)および『萌えドリル』シリーズの頃は主にパトリシア=マーティンと表記されていたが、ここではアニメ化以降主となる表記およびWikipediaでの英語人名表記法に従いパトリシア・マーティンと表記する。
  14. ^ 第6巻以前の番外編、ドラマCD、アニメ、ゲームでの旧設定
  15. ^ 家政婦は「いると助かる人」、メイドは「いると幸せな気分になれる人」。
  16. ^ ドラマCDなどでの劇中におけるコミックマーケットに相当するイベント。
  17. ^ 『陵桜学園 桜藤祭』ではパティの電話の相手として登場。名はリンダ。
  18. ^ こなたが3年生のときのプロフィールで27歳となっているが、アニメではこなたが2年生のときに「27歳独身」と表示されており、計算が合わない。
  19. ^ アニメ版声優の前田このみは関西弁圏である兵庫県出身である。
  20. ^ 授業は真面目に行っており、居眠りをするこなたを殴ることもある。ただし、居眠り以外のことでもこぶができるほど殴るのはこなたのみ(みゆきにはでこピン)。
  21. ^ なお、ゲーム『陵桜学園 桜藤祭』やキャラクターソング「結婚なんてさパッパヤー」では、ゆいが既婚者であることも、夫が単身赴任していることも知っている。
  22. ^ 他にもほぼ全教科を得意科目としている。
  23. ^ ただし実在の埼玉県警察には「交通安全課」という課は実在しない。
  24. ^ 猿のイメージはみさおに譲られたため変更となった。原作者による猿になったみさおのイラストが存在する。
  25. ^ アニメ版には右利きの描写がある。
  26. ^ アニメ版では髪の色が違う。
  27. ^ アニメ版では鷹宮神社で巫女をしており、巫女姿でも登場している
  28. ^ OVAで、パトリシアは反応が無い上、肉球が固い事で「馬鹿犬」「涎犬」「マグロ」など罵倒している。
  29. ^ a b アニメ版では、色が濃くなっている。
  30. ^ a b 貧乏なのは原作者による追加設定で、初代『萌えドリル』劇中にそのような描写は無い。
  31. ^ これは原作者による追加設定で、初代『萌えドリル』劇中では姉と共にアニメグッズを買い求めている。
  32. ^ a b ラミカと共に大宮店でこなたを狙い、後にコミケにサークル参加していたアニメイト店員A・Bと、『ケロロ軍曹』と声優が同じでケロロタママギロロを髣髴とさせるアニメイト店員1、2、3がいる。
  33. ^ 殿鬼ガイ(声 - なし / 三木眞一郎)、雷場竜(声 - なし / 関俊彦)など。
  34. ^ a b アニメ『らき☆すた』放送終了直後に移転したが、アニメ『宮河家の空腹』劇中ではアニメ『らき☆すた』と同じ移転前の店舗が登場している。また、『宮河ひなたの一日』で大宮店であることは明言されている。
  35. ^ 『アニメ店長』関連のラジオでももともと、リュウタ店長とサッカー勝負をして大宮店店長の座を奪っているエピソードがあるが、これを反映しているものかどうかは不明。
  36. ^ 『陵桜学園 桜藤祭』までは殿鬼ガイも皆勤であった。
  37. ^ a b 「星井ラミカがコミケを人形と入れ替わってサボるというネタ」と「高橋豊が社長自らコミケを視察するというネタ」は、漫画版『アニメ店長』でもともと使用されていたもの。
  38. ^ 『ネットアイドル・マイスター』では陵桜学園の校長の声も担当。
  39. ^ アニメ版ではキョンのコスプレをした「コスプレ喫茶の客」の声も担当。
  40. ^ 『真・萌えドリル』で声が当てられているが、声優は発表されていない。
  41. ^ アニメ『らき☆すた』『宮河家の空腹』共に、アイキャッチに効果音つきで登場する。
  42. ^ 左利きの人物でも、まれに右手を使っていたり、関連作品では右利きという設定になっていることもある。また、このような詳細設定のなかった初期は右手を使用している描写がある

出典

  1. ^ らき☆すた 10巻 2013.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o こなたは俺をヨメ!! 2009.
  3. ^ a b c d 10周年だよ、全員集合! 2014.
  4. ^ a b c d e f g らき☆すた 4巻 2007.
  5. ^ a b らき☆すた 9巻 2011.
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 陵桜学園入学案内書 2007.
  7. ^ a b c d e アニメ版第1話および第4話での体育着姿、同第4話および第13話での出席簿より。
  8. ^ a b c d e f g h i j らき☆すた 6巻 2008.
  9. ^ a b アニメ前期エンディング。
  10. ^ アニメ6話。
  11. ^ a b c こなたの方程式 2007, p. 6.
  12. ^ 第1話の説明文より。みさお、あやのについては明示されていないものの、かがみと同クラスという作中での記述があるため自動的にD組所属となる
  13. ^ a b らき☆すた 8巻 2010.
  14. ^ らき☆すた 1巻 2005.
  15. ^ おきらくがいどぶっく 2006.
  16. ^ この点について『こなたは俺をヨメ!!』で美水は「学校が違っており、接点があるのがこうだけのためなかなか出しづらい」と語っている
  17. ^ a b c d e らき☆すた 7巻 2009.
  18. ^ らき☆すた 6巻 アニメイト特典小冊子 2008.
  19. ^ a b らき☆すた 5巻 2007.
  20. ^ 他の資料では「中」だが、『こなたは俺をヨメ!!』『10周年だよ、全員集合!』では「大」のキャラクターと同じ「4」となっている
  21. ^ 他の資料では「極小」だが、『10周年だよ、全員集合!』では「小」のキャラクターと同じ「2」となっている
  22. ^ ただし4巻ではステーキを左利きの作法で食べている。また5巻のおまけ3において左手で筆記テストを受けていたりイラストを描いている
  23. ^ コンプティーク 2013年1月号 2013- 初代『萌えドリル』では1991年2月14日生まれとされており、こなたの卒業前はゆたかとは1学年差であったが、設定変更されている。
  24. ^ 白石みのる 公式サイト 2007.
  25. ^ a b c ソーシャルゲーム『らき☆すた スタンプリー』における設定。
  26. ^ らき☆すた オンステージ 2009.
  27. ^ ピクシブ 2009.
  28. ^ 他の資料では「中」だが、『10周年だよ、全員集合!』では「大」のキャラクターと同じ「4」となっている
  29. ^ 宮河家の空腹 公式サイト 2013.
  30. ^ ら・ら・ら らき☆すたファンブック 2007- 「コンプエース」2007年9月号付録『ら・ら・ら らき☆すたファンブック』では「未」。
  31. ^ 『10周年だよ、全員集合!』では『こなたは俺をヨメ!!』において「極小」のキャラクターに当てはめられていた「0.5」となっている
  32. ^ らき☆すた 3巻 2006.
  33. ^ 陵桜学園 桜藤祭 パーフェクトガイド 2008- 今野宏美のインタビューによると中国人とのことだが、劇中では明言されていない。
  34. ^ a b c d e f g らき☆すた≒おん☆すて 公式サイト 2012.






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「らき☆すたの登場人物」の関連用語

らき☆すたの登場人物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

不燃基材

水準点

フレーム・テトラ

FWD

あさなぎ丸

ボルボV50

FLS

トラック・クレーン





らき☆すたの登場人物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのらき☆すたの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS