rifaとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 全国NPO法人 > rifaの意味・解説 

特定非営利活動法人 RIFA

行政入力情報

更新年月日2012年0810日
団体名称特定非営利活動法人 RIFA
所轄 佐賀県
主たる事務所所在地 佐賀県鳥栖市田代外町577番地
従たる事務所所在地
代表者氏名 山本 由子
法人設立認証年月日 2012年0521日 
定款記載された目的
この法人は、友愛奉仕精神に基づき会員親睦連携を図り世界一つになることを希求し、互いの輪(和)を全世界広げることにより世界平和実現寄与することを目的とする。 
活動分野
保健・医療・福祉      社会教育      まちづくり     
観光      農山漁村中山間地域      学術文化芸術スポーツ     
環境保全      災害救援      地域安全     
人権・平和      国際協力      男女共同参画社会     
子どもの健全育成      情報化社会      科学技術振興     
経済活動活性化      職業能力雇用機会      消費者保護     
連絡助言援助      条例指定     
認定
認定・仮認定
認定    認定    旧制度国税庁)による認定    認定更新中   
PST基準
相対値基準      絶対値基準      条例指定 ( )     
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

ヒアリ

(rifa から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/22 06:47 UTC 版)

ヒアリ(学名・Solenopsis invicta、別名・アカヒアリ火蟻[1])とは南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に属するアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されている[2]。英語名は“Red imported fire ant”、単に“fire ant”と言う場合、トフシアリ属英語版のアリ全般を指すこともある。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この表現については、過剰な表現であるとの指摘もある。例えば、環境省野生生物課課長の植田明浩は「無闇に怖がらず、ハチと同程度の危険度と認識してもらいたい」と冷静な対応を呼び掛けている[6]

出典

  1. ^ ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考) - 環境省。2017年6月15日閲覧。
  2. ^ a b 特定外来生物の解説:ヒアリ”. 環境省. 2017年6月14日閲覧。
  3. ^ 近年、アルカロイド系の毒に加え、微量ながらアナフィラキシーショックに関与の可能性がある多くのタンパク質を含むことがわかってきた。詳細はこの項目の「」を参照。
  4. ^ a b c d ヒアリの見分け方・対処法 2017年7月10日、イラスト参照。NEWS ZERO 日本テレビ
  5. ^ a b (参考)「死者100人!?ヒアリは本当に“殺人アリ”なのか?」ヒアリに刺された場合、アナフィラキシーショックを起こす確率は0.6~6%と推測する研究もあり、死亡率はさらに低いとされる。AERA. 2017年7月11日閲覧。
  6. ^ “戦々恐々 強毒ヒアリ 既に6ヶ所、女王も 国内で発見相次ぐ”. 日本農業新聞 (日本農業新聞). (2017年7月12日). https://www.agrinews.co.jp/p41348.html 2017年9月1日閲覧。 
  7. ^ a b c “強毒「ヒアリ」国内初確認 環境省「侵入否定できぬ」”. 朝日新聞デジタル. (2017年6月13日). http://www.asahi.com/articles/ASK6F4TKDK6FULBJ00D.html 2017年6月14日閲覧。 
  8. ^ a b “茨城・常陸太田市でヒアリ24匹を確認 いずれも死ぬ 発見は計6都府県に”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年7月16日). http://www.sankei.com/affairs/news/170716/afr1707160017-n1.html 2017年7月16日閲覧。 
  9. ^ “茨城・常陸太田市のコンテナでヒアリ 国内8例目(17/07/17)”. ANNニュースYouTube (Asahi News Network). (2017年7月17日). https://www.youtube.com/watch?v=mNCkKS-PmJM 2017年7月17日閲覧。 
  10. ^ “殺人アリ「ヒアリ」国内で初確認 中国から神戸港のコンテナで 環境省「外部に逃げた可能性低い」”. 産経ニュース (産経新聞社). (2017年6月14日). http://www.sankei.com/affairs/news/170614/afr1706140014-n1.html 2017年6月14日閲覧。 
  11. ^ ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について”. 環境省 (2017年6月13日). 2017年6月14日閲覧。
  12. ^ “ヒアリ、横浜港で700匹以上発見 巣を作って繁殖していた可能性”. ハフポスト (AOL). (2017年7月15日). オリジナル2017年7月16日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170716121544/http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/14/fire-ant-found-in-port-of-yokohama_n_17492036.html 2017年7月16日閲覧。 
  13. ^ “似たアリ見たら連絡を ヒアリコールセンター設置(17/07/18)”. ANNニュースYouTube (Asahi News Network). (2017年7月18日). https://www.youtube.com/watch?v=eaf2gNW_0o8 2017年7月18日閲覧。 
  14. ^ “ヒアリに刺され作業員けが 「クラゲのような痛み」”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月28日). オリジナル2017年7月28日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170728000314/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170728/k10011077521000.html 2017年7月28日閲覧。 
  15. ^ “ヒアリ1匹を狭山で確認…中国からの荷物、梱包材から女王アリの死骸 県、繁殖の可能性低い”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2017年8月17日). http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/08/18/01_.html 2017年8月24日閲覧。 
  16. ^ 原文では採餌活動条件は華氏72度から96度 Stacy Hambelton Imported Fire Ant Current Issue Introduction and Biology ミズーリ大学公開講座
  17. ^ ヒアリについて-環境省資料PDF
  18. ^ Lanza, J.; Vargo, E. L.; Pulim, S.; Chang, Y. Z. (1993). “Preferences of the fire ants Solenopsis invicta and S. geminata (Hymenoptera: Formicidae) for amino acid and sugar components of extrafloral nectars”. Environmental Entomology 22 (2): 411–417. doi:10.1093/ee/22.2.411. 
  19. ^ Lanza, J. (1991). “Response of fire ants (Formicidae: Solenopsis invicta and S.gerninata) to artificial nectars with amino acids”. Ecological Entomology 16 (2): 203–210. doi:10.1111/j.1365-2311.1991.tb00210.x. 
  20. ^ ノミバエによるヒアリ駆除(英文)[1]。ノミバエの生体・生息域(英文)[2]
  21. ^ 天敵のノミバエに注目 殺人毒アリ壊滅作戦の効果と課題,日刊ゲンダイDIGITAL. 2017年7月11日閲覧。
  22. ^ 時事ネタnet【ヒアリの天敵!?】殺人アリに効く「ゾンビバエ」の生態が気色悪い!蟻の中に卵を!?【観覧注意動画あり】
  23. ^ Chen, Li; Sharma, K.R.; Fadamiro, H.Y. (2009). “Fire ant venom alkaloids act as key attractants for the parasitic phorid fly, Pseudacteon tricuspis (Diptera: Phoridae)”. Naturwissenschaften 96 (12): 1421–1429. Bibcode 2009NW.....96.1421C. doi:10.1007/s00114-009-0598-6. PMID 19714317. 
  24. ^ Deyrup, M.; Trager, J. (1986). “Ants of the Archbold Biological Station, Highlands County, Florida (Hymenoptera: Formicidae)”. The Florida Entomologist 69 (1): 206–228. doi:10.2307/3494763. JSTOR 3494763. 
  25. ^ Nickerson, J.C.; Whitcomb, W.H.; Bhatkar, A.P.; Naves, M.A. (1975). “Predation on founding queens of Solenopsis invicta by workers of Conomyrma insana”. The Florida Entomologist 58 (2): 75–82. doi:10.2307/3493384. 
  26. ^ Nichols, B.J.; Sites, R.W. (1991). “Ant predators of founder queens of Solenopsis invicta (Hymenoptera: Formicidae) in central Texas”. Environmental Entomology 20 (4): 1024–1029. doi:10.1093/ee/20.4.1024. 
  27. ^ “News Up 敵はヒアリ 頑張れ日本のアリ?”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年7月15日). オリジナル2017年7月16日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170716020545/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170715/k10011059471000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003 2017年7月16日閲覧。 
  28. ^ red_imported_fire_ant(フロリダ大学)
  29. ^ Jouvenaz, D.P.; Blum, M.S.; MacConnell, J.G. (1972). “Antibacterial activity of venom alkaloids from the imported fire ant, Solenopsis invicta Buren”. Antimicrobial Agents and Chemotherapy 2 (4): 291–293. doi:10.1128/AAC.2.4.291. PMC 444309. PMID 4670503. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=444309. 
  30. ^ Chen, L.; Fadamiro, H.Y. (2009). “Re-investigation of venom chemistry of Solenopsis fire ants. II. Identification of novel alkaloids in S. invicta”. Toxicon 53 (5): 479–486. doi:10.1016/j.toxicon.2009.01.016. PMID 19673093. 
  31. ^ Howell, G.; Butler, J.; Deshazo, R.D.; Farley, J.M.; Liu, H.L.; Nanayakkara, N.P.; Yates, A.; Yi, G.B. et al. (2005). “Cardiodepressant and neurologic actions of Solenopsis invicta (imported fire ant) venom alkaloids”. Annals of Allergy, Asthma & Immunology 94 (3): 380–386. doi:10.1016/S1081-1206(10)60991-X. PMID 15801250. 
  32. ^ Baer, H.; Liu, T.-Y.; Anderson, M.C.; Blum, M.; Schmid, W.H.; James, F.J. (1979). “Protein components of fire ant venom (Solenopsis invicta)”. Toxicon 17 (4): 397–405. doi:10.1016/0041-0101(79)90267-8. 
  33. ^ dos Santos Pinto, J.R.; Fox, E.G.; Saidemberg, D.M.; Santos, L.D.; da Silva Menegasso, A.R.; Costa-Manso, E.; Machado, E.A.; Bueno, O.C. et al. (2012). “Proteomic view of the venom from the fire ant Solenopsis invicta Buren”. Journal of Proteome Research 11 (9): 4643–4653. doi:10.1021/pr300451g. PMID 22881118. 
  34. ^ a b Prahlow, J.A.; Barnard, J.J. (1998). “Fatal anaphylaxis due to fire ant stings”. The American Journal of Forensic Medicine and Pathology 19 (2): 137–142. doi:10.1097/00000433-199806000-00007. PMID 9662108. 
  35. ^ a b c deShazo, R.D.; Williams, D.F.; Moak, E.S. (1999). “Fire ant attacks on residents in health care facilities: a report of two cases”. Annals of Internal Medicine 131 (6): 424–429. doi:10.7326/0003-4819-131-6-199909210-00005. PMID 10498558. 
  36. ^ a b Medical problems and treatment considerations for the red imported fire ant”. Texas Imported Fire Ant Research and Management Project. Texas A&M University (2002年). 2016年8月23日閲覧。
  37. ^ Xu, Y.; Huang, J.; Zhou, A.; Zeng, L. (2012). “Prevalence of Solenopsis invicta (Hymenoptera: Formicidae) venom allergic reactions in mainland China”. The Florida Entomologist 95 (4): 961–965. doi:10.1653/024.095.0421. 
  38. ^ Insects and Scorpions – Fire Ants”. The National Institute for Occupational Safety and Health. Centers for Disease Control and Prevention (2008年). 2016年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月11日閲覧。
  39. ^ Haddad Junior, V.; Larsson, C.E. (2015). “Anaphylaxis caused by stings from the Solenopsis invicta, lava-pés ant or red imported fire ant”. Anais Brasileiros de Dermatologia 90 (3): 22–25. doi:10.1590/abd1806-4841.20153420. PMC 4540499. PMID 26312665. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=4540499. 
  40. ^ Candiotti, Keith A.; Lamas, Ana M. (1993). “Adverse neurologic reactions to the sting of the imported fire ant”. International Archives of Allergy and Immunology 102 (4): 417–420. doi:10.1159/000236592. PMID 8241804. 
  41. ^ Rhoades, R.B.; Stafford, C.T.; James, F.K. (1989). “Survey of fatal anaphylactic reactions to imported fire ant stings”. Journal of Allergy and Clinical Immunology 84 (2): 159–162. doi:10.1016/0091-6749(89)90319-9. PMID 2760357. 
  42. ^ Lockey, R.F.; Ledford, D.K. (2014). Allergens and Allergen Immunotherapy: Subcutaneous, Sublingual, and Oral, (5th ed.). Boca Raton, Florida: CRC Press, Taylor & Francis Group. pp. 409–410. ISBN 978-1-84214-574-6. 
  43. ^ Beware of the Bugs: Fire Ants Can Kill Americans(ABCニュース)
  44. ^ Texas Boy Dead After Fire Ant Bites(ABCニュース)
  45. ^ Fire ant attack adds new death to family's sorrow(CBS)
  46. ^ “ヒアリ死亡例確認できず 環境省HP削除”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2017年7月18日). オリジナル2017年7月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20170718092931/http://www.news24.jp/articles/2017/07/18/07367253.html 2017年7月19日閲覧。 
  47. ^ INSECTS AND SCORPIONS(アメリカ疾病予防管理センター)
  48. ^ “強毒ヒアリ、刺されたらどうする? 専門家に聞く”. (2017年6月16日). https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201706/0010286195.shtml 2017年7月5日閲覧。 
  49. ^ ストップ・ザ・ヒアリ(PDF) - 環境省
  50. ^ Smith, M.R. (1965). House-infesting Ants of the Eastern United States: Their Recognition, Biology, and Economic Importance. Washington, D.C.: United States Department of Agriculture. p. 43. OCLC 6078460. http://antbase.org/ants/publications/10395/10395.pdf. 
  51. ^ Stiles, J.H.; Jones, R.H. (1998). “Distribution of the red imported fire ant, shape Solenopsis invicta, in road and powerline habitats”. Landscape Ecology 13 (6): 335–346. doi:10.1023/A:1008073813734. 
  52. ^ “U.S. imports fire ant enemies”. CNN. (1999年11月30日). http://edition.cnn.com/NATURE/9911/30/fireants.enn/index.html?iref=newssearch 2016年11月1日閲覧。 
  53. ^ Vander Meer, R. K. Vander; Slowik, T. J.; Thorvilson, H. G. (2002). "Semiochemicals released by electrically stimulated red imported fire ants, Solenopsis invicta". Journal of Chemical Ecology. 28 (12): 2585–2600. PMID 12564802. doi:10.1023/A:1021448522147.
  54. ^ Mackay, W.P.; Vinson, S.B.; Irving, J.; Majdi, S.; Messer, C. (1992). "Effect of electrical fields on the red imported fire ant (Hymenoptera: Formicidae)". Environmental Entomology. 21 (4): 866–870. doi:10.1093/ee/21.4.866.
  55. ^ Slowik, T.J.; Green, B.L.; Thorvilson, H.G. (1997). “Detection of magnetism in the red imported fire ant (Solenopsis invicta) using magnetic resonance imaging”. Bioelectromagnetics 18 (5): 396–399. doi:10.1002/(SICI)1521-186X(1997)18:53.3.CO;2-N. PMID 9209721. 
  56. ^ Anderson, J.B.; Vander Meer, R.K. (1993). “Magnetic orientation in the fire ant, Solenopsis invicta”. Naturwissenschaften 80 (12): 568–570. Bibcode 1993NW.....80..568A. doi:10.1007/BF01149274. 
  57. ^ Fire Ants”. Agriculture Victoria. Government of Victoria (2004年). 2016年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月20日閲覧。
  58. ^ Fire ant impacts - why they are a problem”. Department of Agriculture and Fisheries. Government of Queensland (2016年). 2016年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月20日閲覧。
  59. ^ Diagnosing and treating animals for red imported fire ant injury”. Texas Imported Fire Ant Research and Management Project. Texas A&M University (2002年). 2016年3月30日閲覧。
  60. ^ Capinera 2008, p. 189.


「ヒアリ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「rifa」の関連用語

rifaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

雨裂

オートジャイロ

スクエア包みの応用

クロジ

おれんじHOPE

護衛艦「あぶくま」型

犬走り

深井英五





rifaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2017 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒアリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS