blowoutとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > blowoutの意味・解説 

バースト

英語 burst; blow-out

走行中にタイヤパンクして破裂する現象をいう。原因スローパンクチャーからの場合タイヤ耐久性不足から連続高速走行に耐えられなくなった場合ホイール強度不足からのエア漏れ原因となる場合また、路面異物を踏んで貫通パンクする場合などが考えられる


バースト(タイヤ)

英語 burst; blow-out

タイヤへの衝撃外傷内部発熱などにより、タイヤ破裂するように破れることをいう。タイヤへの衝撃は、縁石などの突起物への衝突よるもので、ショックでバーストに至ることもある。極度過剰空気圧誘発しやすい外傷は、低内圧高荷重の縁石乗越しで生じるサイドウォール部のカットなどである。内部発熱は、空気圧不足や過大積載時にタイヤ大きいたわみが繰り返されて発生する大量発熱で、カーカスコードが急速に疲労して破裂するブリーディングや、トレッドゴムベルト層、カーカスの層間剥離が起こるセパレーションに至ることがある。とくに高速スタンディングウエーブ発生時には、バーストが発生しやすい

参照 スタンディングウエーブパンクラピッドエアロス試験

パンク

英語 flat tirepuncture; blow-out

釘や金属片などの異物タイヤトレッド面やサイドウォールなどを貫通し、空気漏れすることをいう。タイヤは、空気漏れると本来の性能発揮されず、正常な走行が困難になるばかりかバースト危険性もある。タイヤの耐パンク性は、先端半球形のプランジャー押し付け貫通するときのエネルギー評価する方法がある。パンクは、スチールベルトラジアルタイヤの出現大幅減少し、ユーザー負担軽減された。しかし避け難い故障でもあり、最近はノーパンクタイヤ、またはランフラットタイヤ商品化されている。さらに、事故回避観点から、タイヤ空気圧低下検出してドライバー知らせる、パンク警報装置商品化されている。

参照 バーストラピッドエアロス試験ランフラットタイヤ

ブローアウト

英語 blow-out

タイヤトレッドゴム(接地部分ゴム)が走行中に過熱し、スポンジ状に劣化する現象原因ゴム内部微小空気高速走行繰り返しによるゴム自体発熱で、おおよそ130以上になったときに膨張し、ゴム劣化してスポンジ状となってしまう。この状態ではグリップ著しく低下し、また、摩耗が急激に進む。ブローを防ぐためには、発熱抑えゴム(コンパウンド)を採用することが行われるが、局部繰り返しのひずみが出ないタイヤ形状採用や、ベルト材質選択行われる

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ブローアウト

読み方ぶろーあうと
【英】: blowout
同義語: 暴噴  

»暴噴

暴噴

読み方ぼうふん
【英】: blowout
同義語: ブローアウト  

坑井圧力より地層圧力の方が高くなり、地層流体坑井内に流入し、坑口から噴き上げ地表において制御不可能な状態になることをいう。
暴噴の前段階として、地層流体坑井内に流入することをキックといい、キック早期検知と、それに続く適切な坑井抑圧作業により暴噴を防止することが重要である。キック制御できずに暴噴を起こす原因としては、次のものが挙げられる。
(1) キック検知の遅れ。
(2) BOPコントロール機器故障作動不良や不十分な能力
(3) 不適当抑圧作業
(4) 不適当ケーシング設置深度あるいはセメンチング作業
暴噴は、人身災害掘削機器の損傷周辺環境汚染などの重大な事故引き起こす掘削計画作成時および掘削作業中に暴噴防止のため次のような対策を行う必要がある
(1) 地層圧力、地層流体などできるだけ正確な地下情報の収集
(2) 最大予想地表圧以上の耐圧を持つ BOP およびコントロール装置使用
(3) 十分な量の泥水加重剤の準備
(4) キック検知機器設置
(5) 掘削クルーキック処置訓練実施
(6) 定期的BOP 作動および圧力テスト実施
しかし、最も重要なことはキック早期検知であり、次のようなキック徴候いち早く検知し、適切な処置をとる必要がある
(1) 泥水循環量の増加
(2) 泥水戻り量の増加
(3) 掘進率の急激な増加
(4) ビット荷重減少
(5) ポンプ圧力減少または回転数増加
上の徴候総合的判断し、キックであることが明らかな場合は、キック・コントロール作業を行う。キック・コントロール作業一般的に次の手順による。
(1) BOP を閉め坑内密閉する。
(2) 内圧外圧ピット・レベル増量読み取り地層流体流入抑えるのに必要な泥水比重求める。
(3) BOP を閉めたままで、チョークにより新たな地層流体流入を防ぐように坑内圧力調整しつつ、必要な比重加重した泥水坑内循環する。
(4) 地層流体流入が止まったことを確認し、BOP開ける。
キック・コントロール方法原則は、新たな地層流体流入を防ぐに足る一定の坑底圧を保つこととであり、調泥能力地層強度加重剤のストック量などにより、ドリラーズ法ウェイト・アンド・ウェイト法、コンカラント法などがある。

暴噴 Blowout

  キック侵入流体)の制御不可能な状態。坑井泥水柱圧より地層圧の方が高くなり,地層流体坑井内に流入し,坑口から噴き上げ地表において制御不可能な状態になることをいう。暴噴の前段階として,地層流体坑井内に流入することをキックといい,キック早期検知と,それに続く適切な坑井抑圧作業により暴噴を防止することが重要である。

暴噴の原因は,
 1) キック検知の遅れ
 2) 不適切坑井抑圧作業
 3) 十分なBOP又はその制御装置,あるいはこれらの装置故障又は不適切取扱い
 4) 十分な抑圧作業機器(チョークライン・チョーク等)
 5) 不適当ケーシング設置深度あるいはセメンチング作業
暴噴
分野 ウェルコントロール
同義語 ブローアウト
関連用語 キック, 防噴装置, チョーク, サーフェイスキル, サブサーフェイスキル
類似語  
略語  
暴噴

ミッドナイトクロス

(blowout から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/01 07:50 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ミッドナイトクロス
Blow Out
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 ブライアン・デ・パルマ
製作 ジョージ・リットー
製作総指揮 フレッド・カルーソ
出演者 ジョン・トラボルタ
ナンシー・アレン
ジョン・リスゴー
デニス・フランツ
音楽 ピノ・ドナッジオ
撮影 ヴィルモス・ジグモンド
編集 ポール・ハーシュ
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルムウェイズ・ピクチャーズ
日本の旗 ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年7月21日
日本の旗 1982年3月20日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ミッドナイトクロス』(Blow Out)は、1981年アメリカ合衆国で公開されたサスペンス映画

ブライアン・デ・パルマ監督がミケランジェロ・アントニオーニ監督の作品『欲望』にインスパイアされて製作した作品。『欲望』の主人公が写真家であったのに対し、本作の主人公は後述の通り音響効果マンである。

あらすじ

フィラデルフィアに住む音響効果マンのジャックは、低予算のエクスプロイテーション映画で使う効果音を収録するために川のほとりを訪れていたが、その途中で自動車事故を目撃してしまう。ジャックが事故車に乗っていた女性サリーを救出して病院に搬送するも同乗していた男性は亡くなり、病院にて物々しい雰囲気に包まれたうえ、ある人物からはこの事故のことは忘れるようにと口止めされ、疑問に感じ始める。

ジャックが録音していたテープには銃声が入っていた。同じく偶然、近場から事故を撮影したカメラマンのカープから連続写真を入手し、写真のスライド化を経て録音テープの音声を重ねた結果、事故を誘発するための狙撃と確信したジャックは、何が原因で何が隠されているのか独自に調査を開始する。ところが、事故で死亡した同乗者は大統領選挙の有力候補者であり、すべてを闇に葬るための隠蔽工作の手がジャックの周囲に伸び始めていた。買収や暴力など政府関係に渦巻く欲望と隠蔽体質の事実を突き止めながら、証人として重要なサリーの命まで守れるのか、ぎりぎりの攻防が繰り広げられる。

登場人物

ジャック・テリー
音響効果マン。安い映画の監督へ総合的アドバイスもするやり手。元は私服警官だったが、自分が作り上げた盗聴器を仕込んでおとり捜査に向かった同僚が回路の短絡による発熱で正体が発覚し殺害されたという過去を持っている。
サリー
事故の車に乗っていた若い女性。コールガール。
バーク
殺し屋。ジャックとサリーを付け狙う狡猾な頭脳を持つが、快楽殺人鬼の犯行に偽装するために無関係の人間を殺すことも躊躇わない。
マニー・カープ
事件を目撃したカメラマン。一攫千金を同じように狙っているが・・・。
フランク・ドナヒュー
ニュースキャスター。ジャックが録音したテープとスライド写真を託そうとした相手。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
TBS テレビ朝日 ソフト版
ジャック・テリー ジョン・トラボルタ 国広富之 原康義 落合弘治
サリー ナンシー・アレン 小宮和枝 高島雅羅 日野由利加
バーク ジョン・リスゴー 細井重之 堀勝之祐 金尾哲夫
マニー・カープ デニス・フランツ 飯塚昭三 池田勝 石井隆夫
サム ピーター・ボイデン 石丸博也 玄田哲章 石川ひろあき
フランク・ドナヒュー カート・メイ 井上和彦 大塚芳忠 坂口賢一
マッキー刑事 ジョン・アキーノ 玄田哲章 谷口節 中博史
ローレンス・ヘンリー ジョン・マクマーティン 村松康雄 筈見純 山野井仁
娼婦 デボラ・エヴァートン
病院の刑事 J・パトリック・マクナマラ
ジャック・マナーズ モーリス・コープランド 村松康雄 辻村真人
その他 弘中くみ子
千田光男
小室正幸
'滝沢久美子
高宮俊介
辻親八
紗ゆり
吉田美保
喜田あゆ美
叶木翔子
野本礼三
安田隆
広瀬正志
島香裕
勝生真沙子
堀川仁
市川まゆ美
樫井笙人
西敦子
桑島美由生
棚田恵美子
プロデューサー:熊谷国雄(TBS)、演出:水本完、台詞:額田やえ子、日本語版制作:ザック・プロモーション/TBS
演出:蕨南勝之、翻訳:岩本令、調整:荒井孝、効果:リレーション、制作:東北新社
  • ソフト版:1998年7月25日にハピネット・ピクチャーズから発売された旧盤DVDに初収録。その後20世紀フォックスから発売された新盤DVDには未収録。
日本語版制作:コスモプロモーション

※ 2018年11月2日発売のBlu-ray Discには3種類の日本語吹替を全て収録。

スタッフ

外部リンク


Blow out

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/06 05:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
Blow out
鈴木このみシングル
B面 Join us
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル KADOKAWA/メディアファクトリー
作詞・作曲 ヒゲドライバー
チャート最高順位
鈴木このみ シングル 年表
カオスシンドローム
(2017年)
Blow out
(2017年)
歌えばそこに君がいるから
2018年
テンプレートを表示

Blow out」(ブロウアウト)は、鈴木このみの楽曲。テレビアニメロクでなし魔術講師と禁忌教典』のオープニングテーマに起用された[1]

鈴木の13枚目のシングルとして2017年5月24日KADOKAWA/メディアファクトリーから発売された。販売形態はDVD付初回限定盤【オリジナルフォトジャケット仕様(ZMCZ-11125)と通常盤【アニメ描きおろしジャケット仕様】(ZMCZ-11126)の2種リリース。

シングル収録内容

CDシングル
#タイトル作詞・作曲編曲時間
1.「Blow out」ヒゲドライバーゆよゆっぺ
2.「join us」森下昇斗白戸佑輔
3.「Blow out」(instrumental)  
4.「join us」(instrumental)  
合計時間:
DVD(初回限定盤のみ)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Blow out」(Music Clip)  
2.「Blow out」(MUSIC VIDEO MAKING)  

出典

外部リンク



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「blowout」の関連用語

blowoutのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



blowoutのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2019, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミッドナイトクロス (改訂履歴)、Blow out (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS