P検とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 資格辞典 > P検の意味・解説 

ピー‐けん【P検】


パソコン検定試験(P検)

資格区分 民間資格
資格概要取得方法 パソコン道具として利用し、情報活用する能力は、社会人にとって必須のスキルコンピュータ利用能力や、情報活用能力認定するのが、「パソコン検定試験」(P検)です。 P検は、パソコン検定委員会主催認定する民間資格です。難易度により1級、準1級、2級、3級、4級、4級ベーシック、準4級、5級の8段階設けられています。特定のメーカー特定アプリケーションについての検定試験ではないので、パソコン使い方情報活用技術広範囲学びたい方にお勧めです。もっともキャリアアップの際にアピールするためには、ある程度上級の資格を取得しておく必要があります。「一般的な企業で、効率的業務遂行する上で必要とされる総合的なIT利活用スキル有するとされる3級以上を目標にするのがいいでしょう
受験資格 制限なし。ただし準1級以上の受験については、前級(準1級の場合2級)に合格していることが受験条件
受験料 1級1万円、準1級8000円、2級6000円、3級5000円、4級3000円、4級ベーシック2500円、準4級2500円、5級無料
合格率 準1級12.6%、2級42.1%、3級70.4%、4級72.0%、4級ベーシック55.6%、準4級79.5%、5級96.9%
試験日程 随時
試験会場 全国2000カ所
問い合わせ先 パソコン検定委員会事務局( http://www.pken.com/)

P検

読み方ピーけん
別名:ICTプロフィシエンシー協会

P検」(ICTプロフィシエンシー検定試験)とは、ICTプロフィシエンシー検定協会(P検協会)を主催者として株式会社ベネッセコーポレーション運営している資格試験である。

【P検の概要
P検は、「公平・公正・中立」の三本柱のもとに「総合的ICT活用能力を問う」ことを旨とする試験である。これは特定の企業製品扱い偏ることなく、特定分野知識技能偏るともない一般的汎用的ICT知識を問うということである

「P検は」公式に用いられている通称であり、正式名称は「ICTプロフィシエンシー検定試験」である。なお、2010年代初頭より以前は「パソコン検定試験」と呼ばれていた。もともとはパソコン検定試験の略称が「P検」だった。

用途
P検は総合的ICT活用スキルとはかる試験であり、「ICT活用した問題解決能力」、とりわけ企業職場求められているICT活用スキル」の水準を図る指標となる。P検合格目指し勉強することで知識を身につけ、P検に合格することによって知識を身につけていると証明できる。

【P検の語源由来
「プロフィシエンシー」は英語でproficiencyと綴り、「熟達していること」を意味する。形容詞proficientから派生した名詞である。P検協会では「プロフィシエンシー」を「知識技能現実状況に応じて発揮する能力のこと」であると述べている。

【P件の種類
P検は「5級」から「1級」まで、(準2級を含む)全6等級分かれている。5級は基礎知識有無を問う内容であり、級が上がるにつれてどのようなものかを説明できる」スキルや「知識技能駆使した問題解決目的達成ができる」スキル問われる。1級になると情報セキュリティ業務プロセス改善企業ネットワーク構築といった分野知識問われる

基礎的なIT・ICT知識技能を問う試験としては、P検のほかに「MOS」「ITパスポート」などもある。

MOSは「Microsoft Office Specialist」の略であり、マイクロソフト認定する、マイクロソフトオフィス扱い特化した認定資格である。

ITパスポートITパスポート試験)は職業人求められる情報処理技術主眼をおいた試験であり、経産省主催する国家資格である。P検は学生受験者中心としており、学習指導要領にも高水準準拠している。ITパスポート試験どちらかといえば社会人主な対象となっている。なおP検にもITパスポート試験にも学生社会人かといった区分による受験資格制限などはない。


参照リンク
P検

ICTプロフィシエンシー検定試験

(P検 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 14:59 UTC 版)

ICTプロフィシエンシー検定試験(アイ・シー・ティープロフィシエンシーけんていしけん:ICT Proficiency Assessment)は、パーソナルコンピュータの知識も含む、総合的なICT(情報通信技術)活用能力を問う試験である。[1]任意団体のICTプロフィシエンシー検定協会(P検協会)が主催しており、この団体の事務局(P検事務局)のベネッセコーポレーションが実施・運営を行なっている。[2]略称はP検であり、2012年4月以前はパソコン検定試験と呼ばれていた。






「ICTプロフィシエンシー検定試験」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「P検」の関連用語

P検のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



P検のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリP検の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのICTプロフィシエンシー検定試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS