パソコン検定試験とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 試験 > パソコン検定試験の意味・解説 

パソコン‐けんていしけん【パソコン検定試験】


パソコン検定試験(P検)

資格区分 民間資格
資格概要取得方法 パソコン道具として利用し、情報活用する能力は、社会人にとって必須のスキルコンピュータ利用能力や、情報活用能力認定するのが、「パソコン検定試験」(P検)です。 P検は、パソコン検定委員会主催認定する民間資格です。難易度により1級、準1級、2級、3級、4級、4級ベーシック、準4級、5級の8段階設けられています。特定のメーカー特定アプリケーションについての検定試験ではないので、パソコン使い方情報活用技術広範囲学びたい方にお勧めです。もっともキャリアアップの際にアピールするためには、ある程度上級の資格を取得しておく必要があります。「一般的な企業で、効率的業務遂行する上で必要とされる総合的なIT利活用スキル有するとされる3級以上を目標にするのがいいでしょう
受験資格 制限なし。ただし準1級以上の受験については、前級(準1級の場合2級)に合格していることが受験条件
受験料 1級1万円、準1級8000円、2級6000円、3級5000円、4級3000円、4級ベーシック2500円、準4級2500円、5級無料
合格率 準1級12.6%、2級42.1%、3級70.4%、4級72.0%、4級ベーシック55.6%、準4級79.5%、5級96.9%
試験日程 随時
試験会場 全国2000カ所
問い合わせ先 パソコン検定委員会事務局( http://www.pken.com/)

ICTプロフィシエンシー検定試験

(パソコン検定試験 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 14:59 UTC 版)

ICTプロフィシエンシー検定試験(アイ・シー・ティープロフィシエンシーけんていしけん:ICT Proficiency Assessment)は、パーソナルコンピュータの知識も含む、総合的なICT(情報通信技術)活用能力を問う試験である。[1]任意団体のICTプロフィシエンシー検定協会(P検協会)が主催しており、この団体の事務局(P検事務局)のベネッセコーポレーションが実施・運営を行なっている。[2]略称はP検であり、2012年4月以前はパソコン検定試験と呼ばれていた。






「ICTプロフィシエンシー検定試験」の続きの解説一覧



パソコン検定試験と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パソコン検定試験」の関連用語

パソコン検定試験のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パソコン検定試験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのICTプロフィシエンシー検定試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS