横浜マリンタワーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 灯台 > 日本の灯台 > 横浜マリンタワーの意味・解説 

よこはま‐マリンタワー【横浜マリンタワー】

読み方:よこはままりんたわー

横浜市中区にある展望塔横浜港開港100周年記念事業の一環として、昭和36年1961)に建設された。高さ106メートル当初は灯台としても使用されたが、平成20年2008)に機能廃止

横浜マリンタワーの画像

横浜マリンタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 09:10 UTC 版)

横浜マリンタワー(よこはまマリンタワー)は、神奈川県横浜市中区山下町にある横浜港シンボルともなっているタワーである。山下公園に隣接しており、かつては灯台としても機能していた。また、全日本タワー協議会に加盟している[1]2010年4月1日恋人の聖地に認定された[2]


  1. ^ 日本タワーマップ / 全日本タワー協議会”. 全日本タワー協議会. 2012年2月12日閲覧。
  2. ^ マリンタワー”. 恋人の聖地プロジェクト (2010年4月1日). 2012年2月12日閲覧。
  3. ^ a b 横浜マリンタワー 9月1日にリニューアルオープン”. 神奈川新聞 (2022年7月13日). 2022年7月14日閲覧。
  4. ^ 氷川丸マリンタワー、両施設の営業を終了”. 朝日新聞 (2006年10月13日). 2012年2月12日閲覧。
  5. ^ 横浜マリンタワーのお披露目会ー23日にリニューアルオープン”. ヨコハマ経済新聞 (2009年5月20日). 2012年2月12日閲覧。
  6. ^ 横浜マリンタワー50周年おめでとうございます”. 東京タワー (2011年1月20日). 2012年2月12日閲覧。
  7. ^ 改修工事に伴う全館一時休館のお知らせ”. 横浜マリンタワー (2019年2月15日). 2019年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月4日閲覧。
  8. ^ 営業再開は約3年後。横浜マリンタワーが休館前に入場料半額のイベントを開催!(はまれぽ.com 2019年2月27日)
  9. ^ 横浜マリンタワー 今夏リニューアル、営業再開へ(産経ニュース 2022年6月9日)
  10. ^ 横浜が油田に?マリンタワーで食用油回収スタート”. FM横浜 (2010年4月7日). 2012年2月12日閲覧。
  11. ^ a b 横浜マリンタワー エコキャップ推進協会 共同プロジェクト 開業50周年に50トンの感謝を。25000人分のワクチンを贈ろう”. 横浜マリンタワー (2012年1月5日). 2012年2月12日閲覧。
  12. ^ 展望フロアを階段で制覇しよう!(横浜マリンタワーイベントサイト 2013.09.22)
  13. ^ TOWER OF MUSIC”. FM横浜 (2009年10月10日). 2012年2月12日閲覧。
  14. ^ 同年1月28日、海上保安庁告示第10号「航路標識の設置及び廃止」
  15. ^ 同年11月27日、海上保安庁告示第212号「航路標識の性質その他の変更」
  16. ^ 同年8月28日、海上保安庁告示第112号「航路標識の性質その他の変更」
  17. ^ 同年6月20日、海上保安庁第179号「航路標識の位置その他の変更」
  18. ^ 同年3月21日、海上保安庁告示第75号「航路標識の性質その他の変更」
  19. ^ 同年9月2日、海上保安庁告示第230号「航路標識の性質その他の変更」
  20. ^ 同年10月3日、海上保安庁告示第267号「航路標識の廃止」
  21. ^ 横浜マリンタワー公式サイト:アクセスページ”. 2018年3月10日閲覧。[リンク切れ]





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

横浜マリンタワーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



横浜マリンタワーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの横浜マリンタワー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS