マツモとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 藻類 > マツモの意味・解説 

マツモ Analipus japonicus (Harvey) Wynne

イソガワラ目 イソガワラ科 (Ralfsiales Ralfsiaceae)
生育場所
マツモ 生態写真
生育場所
潮間帯中部岩上
分   布
北海道本州太平洋犬吠埼以北
タイプ産地
北海道函館
マツモ 生標本写真
(生標本写真)
マツモ 生標本写真2
(生標本写真2)
マツモ 付着器周辺写真
付着周辺写真)
マツモ 生態写真2
生態写真2)

からだは匍匐部と,そこから立ち上がった直立からなる匍匐部は不規則分岐した付着部が密に入り組み塊状になっている匍匐部は多年生で,越夏した匍匐部からは初冬直立部が芽生え,冬~春にかけて直立部が叢生する。直立部は円柱状の主軸と,主軸から密に輪生する短い側からなる。側上部のものほど短くなり,側からの更なる分枝見られない。直立部は柔らかい手触りであるが,匍匐部は硬い生体は緑褐色~濃褐色押し葉標本台紙によくつくが,老成したものはあまりつかない

マツモはその形が松葉のように糸状であることから,かつては穂(まつぼ)と呼ばれていたという。マツモは大変美味海藻であり,東北北海道では採集され,そのまま「生まつも」として,また乾燥させて「干まつも」「焼まつも」などに加工され,販売されている。三陸地方では養殖行われている。

高さ:8~25cm

マツモ 生態写真
生態写真3)
マツモ 匍匐部生態写真
匍匐生態写真)
マツモ 匍匐部生標本写真
匍匐部生標本写真)
マツモ 匍匐部拡大写真
匍匐部拡大写真)

松藻


松藻

読み方:マツモ(matsumo

金魚藻別称

季節

分類 植物


松藻

読み方:マツモ(matsumo

マツモ科属す褐藻類一種で、十二月から三月ごろまで採集する

季節

分類 植物


マツモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 04:47 UTC 版)

マツモ(Ceratophyllum demersum)は、スイレン目マツモ科に属する水草の1種。金魚藻として知られる植物の一つ。季語、三冬。


  1. ^ a b c d e 角野康郎「日本水草図鑑」(1994年、文一総合出版)p.117


「マツモ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マツモ」の関連用語

マツモのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マツモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
海藻海草標本図鑑海藻海草標本図鑑
Copyright (C) 2020 千葉大学海洋バイオシステム研究センター 銚子実験場 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマツモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS