ひぼうちゅうしょうとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ひぼうちゅうしょうの意味・解説 

誹謗中傷

読み方:ひぼうちゅうしょう

誹謗中傷とは、根拠のない悪口言いふらして他人の名誉を損な行いのことである。「誹謗」は「人の悪口を言う」ことであり、「中傷」は「根拠のない内容で人を貶める」ことである。厳密な味は異なるが、どちらも悪意を持って他人攻撃する行為である点は共通しており、類語の関係に位置づけられる。

日本では誹謗中傷の行為名誉棄損の罪に該当する可能性がある

誹謗中傷に直接に対応するような英語表現見出しがたいが、「中傷」を意味する slander 、あるいは「名誉棄損」を意味する defamation訳語として用いられる場合が多い。

誹謗中傷と類似した言葉に「批判」が挙げられるが、「批判」は善悪正誤見定め上で指摘することであり、必ずしも悪意含まれるとは限らない他方、「誹謗中傷」は相手貶めるという悪意先行し悪意によって行われる所業である。

誹謗中傷は匿名性の高い環境飛び交いやすい。口伝て噂話、あるいは投書、そして最近ではインターネット上SNSなどが誹謗中傷の場なりやすい。なおウェブ上発信した誹謗中傷が名誉棄損の罪に該当し得る場合匿名投稿だったとしてもプロバイダISP)への開示請求経て容易に発信者特定される名誉棄損刑事罰になるため逮捕される可能性があり、被害者民事慰謝料請求踏み切るともできる
もし自分が誹謗中傷を受ける側の立場立たされた場合そうした分野明る法律専門家に相談することが推奨される
誹謗中傷は、その内容完全に事実無根デマであっても対象周囲少なからず影を落とす場合がある。かつてウェブ上匿名掲示板で、あるお笑いタレント殺人事件犯人決め付け長期にわたり誹謗中傷を続けていた匿名ユーザーがいた。書き込み10年近く続きウェブ上で誹謗中傷に加担した者を一斉検挙する事態にまで発展した。そして17歳から47歳まで19名が検挙される至った

誹謗中傷

読み方:ひぼうちゅうしょう

他人激しく罵ること。単に他人対す悪口だけを指す言葉ではなく、その人名誉を毀損するようなことを言うこと根拠の無い悪評を流す行為などを指す。具体的には、職場で、同僚の悪評周囲言いふらしたり、インターネットの掲示板SNSなどにおいて、他人地位貶めるような嘘を書き込んだりする行為表現する際などに用いる。

誹謗中傷

読み方:ひぼうちゅうしょう

誹謗中傷とは、誹謗中傷の意味

誹謗中傷は、(根拠もなく事実ではないような)悪口言いふらして他人貶めること、および、そのような意図をもって口にされる悪口そのもののこと。誹謗中傷

誹謗中傷の語の由来・語源

誹謗中傷の「誹謗」は「他人悪く言うこと」を意味する語であり、「中傷」は「根拠のないことを言って他人の名誉を損なうこと」を意味する語である。

誹謗中傷の語の使い方(用法)、例文

誹謗中傷は基本的に悪行するべきでない行為)というネガティブな意味で用いられる語彙といえるそのため、誹謗中傷という言葉には発信者(誹謗中傷をする者)を咎める意味合い多分に込められているといえる

例文

誹謗中傷の類語と使い分け方方

誹謗中傷と似た言葉に「罵詈雑言」がある。罵詈雑言は「悪口限りを尽くすという意味表現である。

「誹謗中傷」は陰口を指す意味合い色濃く、「罵詈雑言」は面と向かって言い放つ意味合い色濃いまた、「誹謗中傷」は相手名誉を傷つける意図のニュアンス色濃く、「罵詈雑言」は相手感情的に屈服させる言い負かす)・悪態をついて自分の溜飲を下げるといったニュアンス色濃い

誹謗中傷の英語

強い批判悪口を指す英単語として、「smirch」「denigrate」などが挙げられるまた、罪人決めつけること」を意味するcalumny」も誹謗中傷に似た言葉といえる

ひぼう‐ちゅうしょう〔ヒバウチユウシヤウ〕【××謗中傷】

読み方:ひぼうちゅうしょう

[名](スル)根拠のない悪口言いふらして他人傷つけること。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ひぼうちゅうしょうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ひぼうちゅうしょうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS