せきとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > せきの意味・解説 

せき [2] 【咳

〔「堰(せき)」と同源
のどや気管刺激を受けたとき,呼気が急激に吐き出される現象しわぶき[季] 冬。 《 -の子のなぞ〱あそびきりもなや /中村汀女

せき [1] 【堰・塞

動詞「塞(せ)く」の連用形から〕
取水のため,また流量水位調節するため,川の途中や湖・池の出口などに流れを遮って作った構造物。い。いせき。

せき [1] 【関】

〔「堰(せき)」と同源
国境その他の要地に門を設けて,通行人通過物を調べた所。関所関門。 「逢坂の-」
さえぎり止めること。また,そのもの。へだて。 「人目の-に隔てられる」 「心の-」
[2] (「持」とも書く)囲碁で,双方一連の石が攻め合いの状態にあり,どちらから手をつけても,相手方の石を取り上げることができない形。
相撲の,関取。 → ぜき(関)

せき 【関】 ◇

岐阜県南部の市。鎌倉時代から刀鍛冶(かじ)で知られ,刃物洋食器農機具産出
三重県北西部亀山市地名鈴鹿峠東麓とうろくにあり,鈴鹿関が置かれていた。

せき 【関】

姓氏の一。

せき [1] 【勺

しゃく(勺)

せき [1] 【尺

しゃく(尺) 」に同じ。

せき 【席】

[1] ( 名 )
座る場所。座席。 「 -に着く」 「 -をとる」
会場。会などを行う場所。 「歓迎の-を設ける」 「会議の-で報告する」
寄席(よせ)。 「昼-」
敷き物。ござ。 「 -ヲシク/ヘボン
接尾
助数詞順位を表すのに用いる。 「第一入選

せき [1] 【責】

なすべきつとめ。責任。 「 -を負う」 「 -を果たす」

せき [1] 【積】

二つ上の数を乗じて得た数値。 ↔
大きさ。ひろさ。 「代助の歩く-はたんと無かつた/それから 漱石


堰き、塞き、急き、咳き

読み方:せき

カ行五段活用動詞堰く」「塞く」「急く」「咳く」の連用形である「堰き」「塞き」「急き」「咳き」、あるいは連用形名詞したもの


狭き

読み方:さき、せばき、せき、せまき

【文語】ク活用形容詞狭し」の連体形

用例

狭き門


日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

せ き

せき
せきとは、川の流れ調節河底保護などを目的としてつくられた工作物、または農業用水飲料水などの取り入れのため、河川横断して設けられた工作物をいい、主なものを表示しています。長さ25メートル未満のものはせき(小)、25メートル上のものはせき(大)として表示します。
富山県立山町付近の地形図

1:25,000地形図小見
せきの画像1

せきの画像2

埼玉県日高市付近の地形図

1:25,000地形図飯能
高麗川のせき;埼玉県日高市
常願寺川のせき;富山県立山町大山町

せき・せき(を)する

大阪弁 訳語 解説
せき・せき(を)する せき・せきをする 咳。咳をする。近畿以東でこの言い方だが、全国には動詞のみの表現地域多く飛騨美濃尾張で「せく」、紀伊四国で「たごる」、安芸備後で「たぐる」、長門周防で「こつり」「こつる」、北西九州で「こずく」となっていて、南東九州では「いき」、奥羽では「しゃぶき」と言う


せき

品詞名詞
標準語歳末年末
用例》「せきまで、つけといてごしなれな」(年末まで、つけにしてください)。

せき

  1. 火打金ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・京都府

分類 京都府


せき

  1. 駅。清水 闇屋仲間
  2. 駅。〔闇屋
  3. 駅。昔の関所の略。〔闇〕

分類 闇屋仲間、闇/商人香具師


読み方:せき

  1. 宿屋。〔第五類 一般建物
  2. 宿屋を云ふ。

読み方:せき

  1. よせのこと。〔芸能寄席落語)〕
  2. 寄席

分類 寄席落語芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
せき

世木

読み方
世木せき

読み方
せき

読み方
せき

読み方
せき

読み方
せき

せき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/12 13:22 UTC 版)

せき

  • 河川・湖沼などにおいて水をせき止めるための構造物。水門
  • 堰 (川崎市) - 川崎市の地名。
咳嗽 - 人体の症状のひとつ。咳。
席 - 座る場所。座席。
籍 - 組織等への所属状態。
関(關)








  • 画数:18
  • 音読み:カンワン
  • 訓読み:せき、 あずかる

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

せきに関連した本

「せき」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「せき」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

せきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

石段

自衛隊

油井

街路

陸上のおう地

4車線以上の道路

隠顕岩

有料道路





せきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2017 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2017 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのせき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS