離れとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 離れの意味・解説 

はなれ [1] 【離れ】

動詞離れる」の連用形から〕
離れ座敷」「離れ家」の略。 「 -に客を通す」
「…ばなれ」の形で,他の名詞の下に付いて複合語として用いられる。
そのものから関心がはなれる意を表す。 「政治-」 「活字-」
そのものからかけ離れている意を表す。 「日本人-した体格」 「素人-の腕前」 「浮き世-した生活」
そのものから独立する意を表す。 「親-」 「乳-」 「巣-」

離れ


離れ


離れ

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

潮田家住宅別荘(離れ)

名称: 潮田家住宅別荘(離れ)
ふりがな うしおだけじゅうたくべっそう(はなれ)
登録番号 08 - 0020
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造2階建、瓦葺建築面積98
時代区分 明治
年代 明治初期
代表都道府県 茨城県
所在地 茨城県桜川市真壁町真壁189
登録基準 再現することが容易でないもの
備考(調査):
施工者:
解説文: 敷地西側建ち見世蔵渡り廊下で結ばれている。総2階建,寄棟造桟瓦葺であるが,周囲に縁を廻し開放的平面とする。全体良質の材を用い,床・棚付書院など丁寧な数寄屋風にまとめられ,地方近代接客空間意匠端的にあらわしている。

離れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/28 08:28 UTC 版)

離れ(はなれ)とは、一定の広さをもった敷地内において、主たる建物である母屋(おもや)に対し従たる建物として母屋から離れた場所に存在する建物である。離れ座敷(はなれざしき)、離れ家(はなれや)ともいう。


  1. ^ 秋田県鶴の湯温泉においては、本陣と称する宿泊棟のほかに、新本陣、1号館、離れ本陣といった宿泊棟がある。
  2. ^ 例として、東京都八王子市・うかい竹亭。


「離れ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「離れ」の関連用語

離れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レグランド石

骨盤

尾道ラーメン

当別水源の森

含水比

9000系

アンビル

108号車





離れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2016 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS