関所とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 施設 > 関所の意味・解説 

せき しょ [3] 【関所】

通行人荷物検査あるいは防備などのため,交通上の要所国境などに置かれた施設古代近世では主に政治的軍事目的のために置かれたが,中世では公家幕府大名寺社などが,関銭徴収のために設けた。関。関門
通り抜けることが難しい所のたとえ。


関所 (せきしょ)

重要な場所に境をつくり、通行人やその荷物調べるための場所です。


関所

読み方:セキショ(sekisho)

要害の地に政治的軍事目的設置された人貨の検査番所


関所

読み方:せきしょ

  1. 警察本分署。〔第五類 一般建物
  2. 警察本分署のことをいふ。〔犯罪語〕
  3. 警察署を云ふ。
  4. 警察本署分署。〔一般犯罪
  5. 警察署をいう。

分類 犯罪犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

関所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/08 01:35 UTC 版)

関所(せきしょ)とは、近世までの日本において、交通の要所に設置された、徴税や検問のための施設である。単に(せき)とも。陸路(街道)上に設置された関所は「道路関」、海路に設置された関所は「海路関」とも呼ばれる。陸路では、河岸に設置されることが多い。




  1. ^ a b 松原弘宣「関の情報管理機能と過所」(『日本古代の交通と情報伝達』(汲古書院、2009年 ISBN 978-4-7629-4205-1 (原論文は2008年))
  2. ^ 軍事より経済に主眼-中世伊勢の参宮道と関所三重県生活・文化部文化振興室県史編さんグループ(三重県ホームページ)
  3. ^ 金井(2000)、59・60頁
  4. ^ 荒井(1973)、39・40頁。
  5. ^ 荒井(1973)、39頁。
  6. ^ 渡辺(1971)、17頁。
  7. ^ 『徳川禁令考』前集2185号
  8. ^ 『徳川禁令考』前集2166号
  9. ^ 渡辺(1971)、18頁。
  10. ^ 渡辺(1971)、21頁。
  11. ^ 『御触書覚保集成』に拠る。(本間(1988)636-637頁)
  12. ^ 本間(1988)、637頁
  13. ^ 大島(1995)、216頁。


「関所」の続きの解説一覧





関所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「関所」の関連用語

関所のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フシスジモク

ジョン・W・ヤング

ラブラドライト

シンチバック

そろばん型

ヨーク

たちわり

日野リエッセ





関所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2017,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS