銀河星雲とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 銀河星雲の意味・解説 

ぎんが‐せいうん【銀河星雲】

読み方:ぎんがせいうん

銀河系内星雲


銀河

(銀河星雲 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/03 14:10 UTC 版)

銀河(ぎんが、: galaxy)は、恒星コンパクト星ガス状の星間物質宇宙塵、そして重要な働きをするが、正体が詳しく分かっていない暗黒物質(ダークマター)などが重力によって拘束された巨大な天体である[1][2]英語「galaxy」は、ギリシア語を意味する「gála、γᾰ́λᾰ」から派生した「galaxias、γαλαξίας」を語源とする。英語で天の川を指す「Milky Way」はラテン語「Via Lactea」の翻訳借用であるが、このラテン語もギリシア語の「galaxías kýklos、γαλαξίας κύκλος」から来ている。


注釈

  1. ^ ハッブルは分類において、表の左側に置いた楕円銀河が変化し、右側の渦巻銀河になると考えた。しかし現在では、これらの形態は誕生時の条件に左右されると考えられている。(ニュートン2011年8月号、pp.66-67、ハッブルがえがいた銀河の系統樹沼澤ら 2007、p.158
  2. ^ 最も遠い銀河の発見は常に更新されている。現時点では、2011年1月に発見されたUDFj-39546284が132億光年の距離にある人類が観測した最遠(すなわち最古)の銀河とみなされるが、今後の観測や次世代望遠鏡の運用で更新される可能性がある。(ニュートン2011年8月号、pp.84-85、人類が見た、最も遠い銀河の姿

出典

  1. ^ Sparke & Gallagher III 2000, p. i
  2. ^ NASA Finds Direct Proof of Dark Matter”. NASA (2006年8月12日). 2012年1月1日閲覧。
  3. ^ Unveiling the Secret of a Virgo Dwarf Galaxy”. ヨーロッパ南天天文台 (2000年5月3日). 2012年1月1日閲覧。
  4. ^ Uson, J. M.; Boughn, S. P.; Kuhn, J. R. (1990). “The central galaxy in Abell 2029 – An old supergiant”. サイエンス 250 (4980): 539–540. Bibcode1990Sci...250..539U. doi:10.1126/science.250.4980.539. 
  5. ^ Astronomers Get Closest Look Yet At Milky Way's Mysterious Core”. アメリカ国立電波天文台 (2005年11月2日). 2012年1月1日閲覧。
  6. ^ Hoover, A. (2003年6月16日). “UF Astronomers: Universe Slightly Simpler Than Expected”. Hubble News Desk. http://news.ufl.edu/2003/06/16/galaxies/ 2012年1月1日閲覧。 
  7. ^ a b Near-Infrared Galaxy Morphology Atlas”. カリフォルニア工科大学. 2012年1月1日閲覧。
  8. ^ Gott III, J. R.; et al. (2005). “A Map of the Universe”. アストロフィジカルジャーナル 624 (2): 463–484. arXiv:astro-ph/0310571. Bibcode2005ApJ...624..463G. doi:10.1086/428890. 
  9. ^ To see the Universe in a Grain of Taranaki Sand”. スインバン大学 (2002年2月1日). 2012年1月1日閲覧。
  10. ^ Christopher J. Conselice (2016). “The Evolution of Galaxy Number Density at z < 8 and its Implications”. The Astrophysical Journal 830 (2): 83. arXiv:1607.03909v2. Bibcode2016ApJ...830...83C. doi:10.3847/0004-637X/830/2/83. 
  11. ^ Hubble's Largest Galaxy Portrait Offers a New High-Definition View”. NASA (2006年2月28日). 2012年1月1日閲覧。
  12. ^ The Galaxies: Islands of Stars”. NASA/WMAP. 2012年1月1日閲覧。
  13. ^ Galaxy Clusters and Large-Scale Structure”. ケンブリッジ大学. 2012年1月1日閲覧。
  14. ^ galaxy”. オンライン語源辞典. 2012年1月1日閲覧。
  15. ^ Waller & Hodge 2003, p. 91
  16. ^ 【Galaxy/galaxy】”. webio英和・和英辞典. 2012年1月1日閲覧。
  17. ^ 宇宙がまるごとわかる本』P54 宇宙科学研究倶楽部)
  18. ^ Explore the Archer's Realm”. Space.com (2005年9月2日). 2012年1月1日閲覧。
  19. ^ 堀田隆一 (2009年7月10日). “#73.「天の川」の比較語源”. 中央大学. 2012年1月1日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h i j 沼澤ら 2007、pp.158-161、さまざまな銀河
  21. ^ a b c ニュートン2011年8月号、pp.66-67、ハッブルがえがいた銀河の系統樹
  22. ^ a b Elliptical Galaxies”. レスター大学 Physics Department (2005年). 2012年1月1日閲覧。
  23. ^ 楕円銀河に隠れていた大量の赤色矮星”. AstroArts. 2012年1月1日閲覧。
  24. ^ Galaxies”. コーネル大学 (2005年10月20日). 2012年1月1日閲覧。
  25. ^ ニュートン2011年8月号、p.77、銀河団の中心にある、巨大な楕円銀河
  26. ^ Galaxies — The Spiral Nebulae”. カリフォルニア大学サン・ディエゴ校天体物理及び宇宙科学研究センター (2000年3月6日). 2012年1月1日閲覧。
  27. ^ 羊毛状渦巻銀河NGC4414における分子ガスディスク”. J-GLOBAL. 2012年1月1日閲覧。
  28. ^ 毛ふさ状渦巻銀河気NGC4414における分子ガス円盤”. J-GLOBAL. 2012年1月1日閲覧。
  29. ^ Van den Bergh 1998, p. 17
  30. ^ Bertin & Lin 1996, pp. 65–85
  31. ^ Belkora 2003, p. 355
  32. ^ Eskridge, P. B.; Frogel, J. A. (1999). “What is the True Fraction of Barred Spiral Galaxies?”. Astrophysics and Space Science 269/270: 427–430. Bibcode1999Ap&SS.269..427E. doi:10.1023/A:1017025820201. 
  33. ^ Bournaud, F.; Combes, F. (2002). “Gas accretion on spiral galaxies: Bar formation and renewal”. Astronomy and Astrophysics 392 (1): 83–102. arXiv:astro-ph/0206273. Bibcode2002A&A...392...83B. doi:10.1051/0004-6361:20020920. 
  34. ^ Knapen, J. H.; Pérez-Ramírez, D.; Laine, S. (2002). “Circumnuclear regions in barred spiral galaxies — II. Relations to host galaxies”. 王立天文学会月報 337 (3): 808–828. arXiv:astro-ph/0207258. Bibcode2002MNRAS.337..808K. doi:10.1046/j.1365-8711.2002.05840.x. 
  35. ^ Alard, C. (2001). “Another bar in the Bulge”. 「天文学および天体物理学」論文集 379 (2): L44–L47. arXiv:astro-ph/0110491. Bibcode2001A&A...379L..44A. doi:10.1051/0004-6361:20011487. 
  36. ^ Sanders, R. (2006年1月9日). “Milky Way galaxy is warped and vibrating like a drum”. カリフォルニア大学バークレー校. http://www.berkeley.edu/news/media/releases/2006/01/09_warp.shtml 2012年1月1日閲覧。 
  37. ^ Bell, G. R.; Levine, S. E. (1997). “Mass of the Milky Way and Dwarf Spheroidal Stream Membership”. アメリカ天文学会会報 29 (2): 1384. Bibcode1997AAS...19110806B. 
  38. ^ Gerber, R. A.; Lamb, S. A.; Balsara, D. S. (1994). “Ring Galaxy Evolution as a Function of "Intruder" Mass”. アメリカ天文学会会報 26: 911. Bibcode1994AAS...184.3204G. 
  39. ^ "ISO unveils the hidden rings of Andromeda" (Press release). 欧州宇宙機関. 14 October 1998. 2012年1月1日閲覧
  40. ^ Spitzer Reveals What Edwin Hubble Missed”. ハーバード・スミソニアン天体物理学センター (2004年5月31日). 2012年1月1日閲覧。
  41. ^ Irregular Galaxies”. レスター大学 (2005年). 2012年1月1日閲覧。
  42. ^ Phillipps, S.; Drinkwater, M. J.; Gregg, M. D.; Jones, J. B. (2001). “Ultracompact Dwarf Galaxies in the Fornax Cluster”. アストロフィジカルジャーナル 560 (1): 201–206. arXiv:astro-ph/0106377. Bibcode2001ApJ...560..201P. doi:10.1086/322517. 
  43. ^ Groshong, K. (2006年4月24日). “Strange satellite galaxies revealed around Milky Way”. ニュー・サイエンティスト. http://space.newscientist.com/article/dn9043 2012年1月1日閲覧。 
  44. ^ No Slimming Down for Dwarf Galaxies”. サイエンス (2008年8月27日). 2012年1月1日閲覧。
  45. ^ a b c Interacting Galaxies”. スインバン大学. 2012年1月1日閲覧。
  46. ^ a b c 沼澤ら 2007、pp.162-163、銀河の合体と吸収
  47. ^ Happy Sweet Sixteen, Hubble Telescope!”. NASA (2006年4月24日). 2012年1月1日閲覧。
  48. ^ a b ニュートン2011年8月号、pp.78-79、数万年のスケールで噴きだす、水素ガスの風
  49. ^ a b c 沼澤ら 2007、pp.164-165、活動銀河
  50. ^ a b Starburst Galaxies”. ハーバード・スミソニアン天体物理学センター (2006年8月29日). 2012年1月1日閲覧。
  51. ^ Kennicutt, R. C.Jr.; et al. (2005). "Demographics and Host Galaxies of Starbursts". Starbursts: From 30 Doradus to Lyman Break Galaxies. シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア. p. 187. Bibcode:2005sdlb.proc..187K
  52. ^ Starbursts & Colliding Galaxies”. カリフォルニア大学, San Diego Center for Astrophysics & Space Sciences] (2006年7月13日). 2012年1月1日閲覧。
  53. ^ Starburst Galaxies”. アラバマ大学 (2006年9月). 2012年1月1日閲覧。
  54. ^ a b Introducing Active Galactic Nuclei”. アラバマ大学 (2000年). 2012年1月1日閲覧。
  55. ^ a b A Monster in the Middle”. NASA. 2012年1月1日閲覧。
  56. ^ a b Heckman, T. M. (1980). “An optical and radio survey of the nuclei of bright galaxies — Activity in normal galactic nuclei”. Astronomy and Astrophysics 87: 152–164. Bibcode1980A&A....87..152H. 
  57. ^ Ho, L. C.; Filippenko, A. V.; Sargent, W. L. W. (1997). “A Search for "Dwarf" Seyfert Nuclei. V. Demographics of Nuclear Activity in Nearby Galaxies”. アストロフィジカルジャーナル 487 (2): 568–578. arXiv:astro-ph/9704108. Bibcode1997ApJ...487..568H. doi:10.1086/304638. 
  58. ^ a b Search for Submillimeter Protogalaxies”. ハーバード・スミソニアン天体物理学センター (1999年11月18日). 2012年1月1日閲覧。
  59. ^ Firmani, C.; Avila-Reese, V. (2003). “Physical processes behind the morphological Hubble sequence”. Revista Mexicana de Astronomía y Astrofísica 17: 107–120. arXiv:astro-ph/0303543. Bibcode2003RMxAC..17..107F. 
  60. ^ a b c d e 沼澤ら 2007、pp.182-183、銀河誕生の謎
  61. ^ ニュートン2011年9月号、p.73、「暗黒物質」が無ければ、太陽系も生まれなかった
  62. ^ McMahon, R. (2006). “Journey to the birth of the Universe”. ネイチャー 443 (7108): 151–2. Bibcode2006Natur.443..151M. doi:10.1038/443151a. PMID 16971933. 
  63. ^ a b 千葉柾司. “銀河考古学:古い星から銀河の成り立ちを読み解く” (PDF). 東北大学大学院理学研究科. 2012年1月1日閲覧。
  64. ^ Eggen, O. J.; Lynden-Bell, D.; Sandage, A. R. (1962). “Evidence from the motions of old stars that the Galaxy collapsed”. Reports on Progress in Physics 136: 748. Bibcode1962ApJ...136..748E. doi:10.1086/147433. 
  65. ^ Searle, L.; Zinn, R. (1978). “Compositions of halo clusters and the formation of the galactic halo”. アストロフィジカルジャーナル 225 (1): 357–379. Bibcode1978ApJ...225..357S. doi:10.1086/156499. 
  66. ^ 131億光年かなたの銀河に「星の元祖」が存在か 宇宙史完成は間近”. アストロアーツ (2010年9月24日). 2014年6月24日閲覧。
  67. ^ 豪州研究者らによる「第一世代の星」発見について”. ロシアの声 (2014年2月20日). 2014年6月24日閲覧。
  68. ^ [1]
  69. ^ 研究当初は原始星は太陽質量の100倍以上になるとの結果が得られたが、後に詳細なシミュレーションで、中心星からの輻射により周囲の星間物質を跳ね飛ばしてしまうためそれほどには大きくならないことがわかったという。
  70. ^ ニュートン2011年9月号、pp.46-47、ついに宇宙で最初の恒星「ファーストスター」が誕生した
  71. ^ Heger, A.; Woosley, S. E. (2002). “The Nucleosynthetic Signature of Population III”. アストロフィジカルジャーナル 567 (1): 532–543. arXiv:astro-ph/0107037. Bibcode2002ApJ...567..532H. doi:10.1086/338487. 
  72. ^ Barkana, R.; Loeb, A. (1999). “In the beginning: the first sources of light and the reionization of the universe”. Physics Reports 349 (2): 125–238. arXiv:astro-ph/0010468. Bibcode2001PhR...349..125B. doi:10.1016/S0370-1573(01)00019-9. 
  73. ^ Villard, R.; Samarrai, F.; Thuan, T.; Ostlin, G. (2004年12月1日). “Hubble Uncovers a Baby Galaxy in a Grown-Up Universe”. HubbleSite News Center. http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2004/35/text/ 2012年1月1日閲覧。 
  74. ^ Weaver, D.; Villard, R. (2007年10月16日). “Hubble Finds 'Dorian Gray' Galaxy”. HubbleSite News Center. http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2007/35/full/ 2012年1月1日閲覧。 
  75. ^ “Simulations Show How Growing Black Holes Regulate Galaxy Formation”. カーネギーメロン大学. (2005年2月9日). http://www.cmu.edu/PR/releases05/050209_blackhole.html 2012年1月1日閲覧。 
  76. ^ Massey, R. (2007年4月21日). “Caught in the act; forming galaxies captured in the young universe”. 王立天文学会. http://www.ras.org.uk/index.php?option=com_content&task=view&id=1190&Itemid=2 2012年1月1日閲覧。 
  77. ^ Noguchi, M. (1999). “Early Evolution of Disk Galaxies: Formation of Bulges in Clumpy Young Galactic Disks”. アストロフィジカルジャーナル 514 (1): 77–95. arXiv:astro-ph/9806355. Bibcode1999ApJ...514...77N. doi:10.1086/306932. 
  78. ^ How are galaxies made?”. 英国物理学会 (1999年5月). 2012年1月1日閲覧。
  79. ^ Gonzalez, G. (1998). "The Stellar Metallicity — Planet Connection". Proceedings of a workshop on brown dwarfs and extrasolar planets. p. 431. Bibcode:1998bdep.conf..431G
  80. ^ a b Conselice, C. J. (February 2007). “The Universe's Invisible Hand”. サイエンティフィック・アメリカン 296 (2): 35–41. 
  81. ^ Ford, H.; et al. (2002年4月30日). “Hubble's New Camera Delivers Breathtaking Views of the Universe”. Hubble News Desk. http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/2002/11/image/d 2012年1月1日閲覧。 
  82. ^ Struck, Curtis (1999). “Galaxy collisions”. Physics Reports 321 (1-3): 1–137. arXiv:astro-ph/9908269. Bibcode1999PhR...321....1S. doi:10.1016/S0370-1573(99)00030-7. ISSN 03701573. 
  83. ^ a b c ニュートン2011年9月号、pp.60-61、天の川銀河が、アンドロメダ銀河と衝突する
  84. ^ Wong, J. (2000年4月14日). “Astrophysicist maps out our own galaxy's end” (PDF). トロント大学. オリジナルの2007年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070108183824/http://www.news.utoronto.ca/bin/000414b.asp 2012年1月1日閲覧。 
  85. ^ Panter, B.; Jimenez, R.; Heavens, A. F.; Charlot, S. (2007). “The star formation histories of galaxies in the Sloan Digital Sky Survey”. 王立天文学会月報 378 (4): 1550–1564. arXiv:astro-ph/0608531. Bibcode2007MNRAS.378.1550P. doi:10.1111/j.1365-2966.2007.11909.x. 
  86. ^ すばる望遠鏡、爆発的な星形成をする「ロゼッタストーン銀河団」を発見”. すばる望遠鏡. 2012年1月1日閲覧。
  87. ^ Galactic loners produce more stars”. ニュー・サイエンティスト (2005年6月7日). 2012年1月1日閲覧。
  88. ^ Groups & Clusters of Galaxies”. NASA/Chandra. 2012年1月1日閲覧。
  89. ^ When Galaxy Clusters Collide”. サンディエゴ・スーパーコンピュータ・センター. 2012年1月1日閲覧。
  90. ^ a b 沼澤ら 2007、p.168、銀河群
  91. ^ 沼澤ら 2007、pp.169-171、銀河団
  92. ^ Optical and radio survey of Southern Compact Groups of galaxies”. バーミンガム大学 Astrophysics and Space Research Group (2006年11月24日). 2007年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月1日閲覧。
  93. ^ Girardi, M.; Giuricin, G. (2000). “The Observational Mass Function of Loose Galaxy Groups”. アストロフィジカルジャーナル 540 (1): 45–56. arXiv:astro-ph/0004149. Bibcode2000ApJ...540...45G. doi:10.1086/309314. 
  94. ^ Dubinski, J. (1998). “The Origin of the Brightest Cluster Galaxies”. アストロフィジカルジャーナル 502 (2): 141–149. arXiv:astro-ph/9709102. Bibcode1998ApJ...502..141D. doi:10.1086/305901. http://www.cita.utoronto.ca/~dubinski/bcg/. 
  95. ^ a b c 沼澤ら 2007、p.174-175、大規模構造の発見
  96. ^ Bahcall, N. A. (1988). “Large-scale structure in the universe indicated by galaxy clusters”. Annual Review of Astronomy and Astrophysics 26 (1): 631–686. Bibcode1988ARA&A..26..631B. doi:10.1146/annurev.aa.26.090188.003215. 
  97. ^ Mandolesi, N.; et al. (1986). “Large-scale homogeneity of the Universe measured by the microwave background”. ネイチャー 319 (6056): 751–753. Bibcode1986Natur.319..751M. doi:10.1038/319751a0. 
  98. ^ van den Bergh, S. (2000). “Updated Information on the Local Group”. 太平洋天文学会出版英語版 112 (770): 529–536. arXiv:astro-ph/0001040. Bibcode2000PASP..112..529V. doi:10.1086/316548. 
  99. ^ Tully, R. B. (1982). “The Local Supercluster”. アストロフィジカルジャーナル 257: 389–422. Bibcode1982ApJ...257..389T. doi:10.1086/159999. 
  100. ^ Kennicutt Jr., R. C.; Tamblyn, P.; Congdon, C. E. (1994). “Past and future star formation in disk galaxies”. アストロフィジカルジャーナル 435 (1): 22–36. Bibcode1994ApJ...435...22K. doi:10.1086/174790. 
  101. ^ Knapp, G. R. (1999). Star Formation in Early Type Galaxies. 太平洋天文学会英語版. Bibcode1998astro.ph..8266K. ISBN 1-886733-84-8. OCLC 41302839 
  102. ^ a b The Great Cosmic Battle”. 太平洋天文学会 (2006年7月13日). 2012年1月1日閲覧。
  103. ^ ニュートン2011年9月号、pp.66-67、わが銀河以外の銀河が見えなくなる
  104. ^ a b ニュートン2011年9月号、pp.68-69、すべての恒星が燃えつき、恒星の材料もつきる
  105. ^ Physics offers glimpse into the dark side of the universe”. ミシガン大学 (1997年1月21日). 2012年1月1日閲覧。
  106. ^ ニュートン2011年9月号、p.77、「ダークエネルギー」の正体しだいでは、宇宙膨張が原子すら引き裂くかもしれない
  107. ^ Burns, T. (2007年7月31日). “Constellations reflect heroes, beasts, star-crossed lovers”. コロンバス・ディスパッチ英語版. http://www.dispatch.com/live/content/now/stories/2007/07/stars.html 2012年1月1日閲覧。 
  108. ^ a b c Ibn Bajja”. スタンフォード哲学百科事典 (2007年9月28日). 2012年1月1日閲覧。
  109. ^ Heidarzadeh 2008, pp. 23–25
  110. ^ Mohamed 2000, pp. 49–50
  111. ^ Popularisation of Optical Phenomena: Establishing the First Ibn Al-Haytham Workshop on Photography”. The Education and Training in Optics and Photonics Conference (2005年). 2012年1月1日閲覧。
  112. ^ O'Connor, John J.; Robertson, Edmund F., “Abu Rayhan Muhammad ibn Ahmad al-Biruni”, MacTutor History of Mathematics archive, University of St Andrews, https://mathshistory.st-andrews.ac.uk/Biographies/Al-Biruni/ .
  113. ^ Al-Biruni 2004, p. 87
  114. ^ Heidarzadeh 2008, p. 25, Table 2.1
  115. ^ Livingston, J. W. (1971). “Ibn Qayyim al-Jawziyyah: A Fourteenth Century Defense against Astrological Divination and Alchemical Transmutation”. アメリカンオリエンタルソサエティ機関誌英語版 91 (1): 96–103 [99]. doi:10.2307/600445. JSTOR 600445. 
  116. ^ 桜井 (2007)、pp.119-130、5.近代への移行期 閉じた宇宙から開いた宇宙へ
  117. ^ Galileo Galilei”. セント・アンドルーズ大学 (2002年11月). 2012年1月1日閲覧。
  118. ^ a b c d Our Galaxy”. ジョージ・メイソン大学 (1998年11月24日). 2012年1月1日閲覧。
  119. ^ 桜井 (2007)、pp.168-178、6.近代の天文学(I) 恒星天文学の成立
  120. ^ Paul 1993, pp. 16–18
  121. ^ a b c d 桜井 (2007)、pp.274-285、8.20世紀の天文学(I) 銀河宇宙のアイデアと膨張宇宙の発見
  122. ^ Trimble, V. (1999). “Robert Trumpler and the (Non)transparency of Space”. アメリカ天文学会会報 31 (31): 1479. Bibcode1999AAS...195.7409T. 
  123. ^ Kepple & Sanner 1998, p. 18
  124. ^ Abd-al-Rahman Al Sufi (December 7, 903 – May 25, 986 A.D.)”. パリ天文台. 2012年1月1日閲覧。
  125. ^ The Large Magellanic Cloud, LMC”. パリ天文台. 2012年1月1日閲覧。
  126. ^ See text quoted from Wright's An original theory or new hypothesis of the Universe in Dyson, F. (1979). Disturbing the Universe. パン・ブックス英語版. p. 245. ISBN 0-330-26324-2 
  127. ^ 桜井 (2007)、pp.162-166、6.近代の天文学(I) 力学的宇宙観の進展
  128. ^ The Earl of Rosse and the Leviathan of Parsontown”. 2012年1月1日閲覧。
  129. ^ Slipher, V. M. (1913). “The radial velocity of the Andromeda Nebula”. ローウェル天文台公報 1: 56–57. Bibcode1913LowOB...2...56S. 
  130. ^ Slipher, V. M. (1915). “Spectrographic Observations of Nebulae”. Popular Astronomy 23: 21–24. Bibcode1915PA.....23...21S. 
  131. ^ Curtis, H. D. (1988). “Novae in Spiral Nebulae and the Island Universe Theory”. 太平洋天文学会出版英語版 100: 6. Bibcode1988PASP..100....6C. doi:10.1086/132128. 
  132. ^ Robert Julius Trumpler”. 米国科学アカデミー. 2012年1月1日閲覧。
  133. ^ Öpik, E. (1922). “An estimate of the distance of the Andromeda Nebula”. アストロフィジカルジャーナル 55: 406. Bibcode1922ApJ....55..406O. doi:10.1086/142680. 
  134. ^ Hubble, E. P. (1929). “A spiral nebula as a stellar system, Messier 31”. アストロフィジカルジャーナル 69: 103–158. Bibcode1929ApJ....69..103H. doi:10.1086/143167. 
  135. ^ Sandage, A. (1989). “Edwin Hubble, 1889–1953”. カナダ王立天文学会英語版ジャーナル 83 (6). http://antwrp.gsfc.nasa.gov/diamond_jubilee/1996/sandage_hubble.html 2012年1月1日閲覧。. 
  136. ^ Hendrik Christoffel van de Hulst”. ソノマ州立大学英語版. 2012年1月1日閲覧。
  137. ^ López-Corredoira, M.; et al. (2001). “Searching for the in-plane Galactic bar and ring in DENIS”. アストロノミー・アンド・アストロフィジックス 373 (1): 139–152. arXiv:astro-ph/0104307. Bibcode2001A&A...373..139L. doi:10.1051/0004-6361:20010560. 
  138. ^ Rubin, V. C. (1983). “Dark matter in spiral galaxies”. サイエンティフィック・アメリカン 248 (6): 96–106. Bibcode1983SciAm.248...96R. doi:10.1038/scientificamerican0683-96. 
  139. ^ Rubin, V. C. (2000). “One Hundred Years of Rotating Galaxies”. 太平洋天文学会出版 112 (772): 747–750. Bibcode2000PASP..112..747R. doi:10.1086/316573. 
  140. ^ “Hubble Rules Out a Leading Explanation for Dark Matter”. Hubble News Desk. (1994年10月17日). http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/1994/41/text/ 2012年1月1日閲覧。 
  141. ^ How many galaxies are there?”. NASA (2002年11月27日). 2012年1月1日閲覧。
  142. ^ Kraan-Korteweg, R. C.; Juraszek, S. (2000). “Mapping the hidden universe: The galaxy distribution in the Zone of Avoidance”. オーストラリア天文学会英語版機関紙 17 (1): 6–12. arXiv:astro-ph/9910572. Bibcode1999astro.ph.10572K. 
  143. ^ 岡村定矩「表紙 : 表紙の説明 銀河団A3528のCCD画像」『東京大学理学部弘報』第24巻第3号、東京大学理学部、1993年、1-2頁、2012年1月1日閲覧 
  144. ^ Near, Mid & Far Infrared”. 赤外線処理分析センター英語版/NASA. 2012年1月1日閲覧。
  145. ^ 赤外線観測とは”. 大阪大学赤外線天文学センター. 2012年1月1日閲覧。
  146. ^ The Effects of Earth's Upper Atmosphere on Radio Signals”. NASA. 2012年1月1日閲覧。
  147. ^ “Giant Radio Telescope Imaging Could Make Dark Matter Visible”. サイエンス・デイリー英語版. (2006年12月14日). http://www.sciencedaily.com/releases/2006/12/061214135537.htm 2012年1月1日閲覧。 
  148. ^ 電波天文学”. 大学共同利用法人・自然科学研究機構 国立天文台・電波研究部. 2012年1月1日閲覧。
  149. ^ 電波天文学入門”. 国立天文台 野辺山. 2012年1月1日閲覧。
  150. ^ “NASA Telescope Sees Black Hole Munch on a Star”. NASA. (2006年12月5日). http://www.nasa.gov/mission_pages/galex/galex-20061205.html 2012年1月1日閲覧。 
  151. ^ An Introduction to X-ray Astronomy”. ケンブリッジ大学天文学研究所英語版 X-Ray Group. 2012年1月1日閲覧。

出典2

  1. ^ Graham, A. W.; Guzmán, R. (2003). “HST Photometry of Dwarf Elliptical Galaxies in Coma, and an Explanation for the Alleged Structural Dichotomy between Dwarf and Bright Elliptical Galaxies”. アストロノミカルジャーナル 125 (6): 2936–2950. arXiv:astro-ph/0303391. Bibcode2003AJ....125.2936G. doi:10.1086/374992. 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀河星雲」の関連用語

銀河星雲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



銀河星雲のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀河 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS