つつとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > セキレイ > つつの意味・解説 

つつ

[接助]動詞動詞型助動詞連用形に付く。

二つ動作作用同時に並行して行われることを表す。それぞれが…して。…ながら。「諸事情考慮しつつ計画立てる」「大声叫びつつ走りだす」

「日しきりにとかくし―ののしるうちに夜ふけぬ」〈土佐

二つ動作作用矛盾して行われることを表す。…にもかかわらず。…ていても。「早起きが健康にいいと知りつつ、つい寝すごしてしまう」→つつも

動作作用が今も進行継続していることを表す。…し続けている。「成績が向上しつつある」「病状快方向かいつつある」

「天離(あまざか)る鄙(ひな)に五年(いつとせ)住まひ―都のてぶり忘らえにけり」〈万・八八〇〉

ある動作作用繰り返し行われることを表す。しきりに…して。…しいしい

野山にまじりて竹を取り―、よろづの事に使ひけり」〈竹取〉

同じ動作複数の人が同時に行うことを表す。みんなが…して。それぞれが…して。

人ごと折りかざし―遊べどもいやめづらしき梅の花かも」〈万・八二八

34の「つつ」が、和歌などの末尾に用いられ、下に続く語の意味言外含めて余情感動を表す。…てはまた…していることよ。ずっと…しつづけていることだなあ。

「君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手降り―」〈古今・春上〉

上の動作作用がすでに確定したことを表し、下に続ける。…て、そして。…たうえで。

亡者(まうじゃ)にいとま申し―、泣く泣くそこをぞ立たれける」〈平家・三〉

[補説] 語源については、完了助動詞「つ」が重なったという説、サ変動詞「す」の連用形「し」の重なったものが音変化したという説、また、その終止形「す」を重ねたものが音変化したなど諸説がある。「つつ」は中世以降しだいにその勢力衰え、「て」と並んで「ながら」がその領域を侵していく。6は、主に、平安時代以後和歌に用いられ、7は、中世以降の用法で、12は、現代話し言葉では「ながら」「て」を用いるのが普通である。


ツツ【Tutu】


つつ【筒】

丸く細長くて中が空洞になっているもの。くだ。管(かん)。「竹の筒の花入れ

銃身砲身転じて小銃大砲。「になえ筒」「大筒

ブーツ足首から上、ふくらはぎの入る部分。「筒回り34センチブーツ」「筒幅を広げたデザイン

井戸側壁地上部分を囲んでいるもの。井戸がわ。

検査などのため、俵にさしこんで米などを取り出すために用いる先のとがった竹製の器具

轂(こしき)の異称

酒を入れる竹筒。ささえ。

飲み手多し、酒は―にて小さし」〈義経記・五〉


つ・つ【伝つ】

[動タ下二伝える。

春来れば雁帰るなり白雲の道行きぶりにことや―・てまし」〈古今・春上〉


つつ【鶺鴒】

鳥の名。セキレイ古名というが未詳

「あめ、―、千鳥(ちどり)、ま鵐(しとと)」〈記・中・歌謡〉


つつ

方言共通語使用例または説明
つつ漁具一つ竹で編んだ筒状漁具どじょうを採る道具、いたち用の筒状のわなもある

つつ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 17:38 UTC 版)

名詞

つつ

  1. 先端の口が丸く細長い構造で中が空洞となっているもの。管。
  2. 銃身砲身転じて小銃大砲
  3. こしき別称

発音

つ↗つ

助詞

つつ接続助詞 動詞動詞型助動詞連用形接続

  1. ある動作同時に進行している動作等を示す。
  2. (「ある」が接続して)動作継続していることを表す。
  3. (「ある」が接続して)まだその状態ではないが、時間経過に伴い実現しそうな、途上の。

類義語

語義1

語義2

名詞

つつ鶺鴒

  1. 鶺鴒せきれい

類義語

  • つつなはせどり



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



つつと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つつ」の関連用語

つつのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2021 Akira Hasegawa All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのつつ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS