carbamazepineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > carbamazepineの意味・解説 

カルバマゼピン

分子式C15H12N2O
その他の名称:カルバマゼピン、カルバムアゼピン、G-32883、Carbamazepine、5H-Dibenz[b,f]azepine-5-carboxamide、テグレトール、Tegretol、カルバゼピン、フィンレプシン、スタゼピン、Finlepsin、Carbazepine、テグレタール、Stazepin、Tegretal、テレスミン、5-Carbamoyl-5H-dibenzo[b,f]azepineレキシンLexin、Telesmin
体系名:5H-ジベンゾ[b,f]アゼピン-5-カルボキサミド5H-ジベンゾ[b,f]アゼピン-5-カルボアミド、5-カルバモイル-5H-ジベンゾ[b,f]アゼピン


カルバマゼピン

薬物カルバマゼピン
英名carbamazepine
化合物名or商品名テグレトール
分子式C15H12N2O
分子データ
用途てんかん痙攣
副作用羞明皮疹血液障害,めまいなど
胎,授乳児への影響安全度
備考大発作に用いられる
融点189193
沸点
LD50(マウス)/mg kg-1891(経口)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

カルバマゼピン

(carbamazepine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/25 09:30 UTC 版)

カルバマゼピン (Carbamazepine)は、抗てんかん薬のひとつである。日本での適応は、てんかん三叉神経痛、躁うつ病の躁状態である。商品名テグレトール。 長らくてんかんや三叉神経痛の薬として使用されてきたが、1990年より躁うつ病(双極性障害)の躁状態にも承認された。




  1. ^ Blom, S.:Lancet 1(7234), 839, 1962
  2. ^ 柴原 尭ほか:新薬と臨牀 19(4), 509, 1970
  3. ^ 竹崎治彦ほか:精神医学 13(2), 173, 1971
  4. ^ 伊賀立二、乾 賢一 『薬剤師・薬学生のための実践TDMマニュアル』〈じほう〉2004年
  5. ^ 日本臨床薬理学会 『臨床薬理学』 医学書院、2011年、第3版、78頁。ISBN 978-4260012324
  6. ^ 樋口輝彦、小山司『臨床精神薬理ハンドブック 第2版』〈医学書院〉2009年
  7. ^ かかりつけ医のためのBPSDに対応する向精神薬使用ガイドライン (Report). 厚生労働省. (2013-07). http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000036k0c.html. 
  8. ^ Carbamazepine & Manic Depression: A Guide Lithium Information Center University of Wisconsin Board of Regents of the University of Wisconsin System. Revised Feb.1990
  9. ^ Postmarket Drug Safety Information for Patients and Providers > Information for Healthcare Professionals: Suicidal Behavior and Ideation and Antiepileptic Drugs”. U.S. Food and Drug Administration (FDA) (2008年1月31日). 2013年1月15日閲覧。
  10. ^ テグレトール錠100mg/テグレトール錠200mg/テグレトール細粒50% 添付文書” (2016年3月). 2016年11月4日閲覧。


「カルバマゼピン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「carbamazepine」の関連用語

carbamazepineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

黒銅鉱

四方竹

小鴨川第三号堰堤

キンメダイ

オオハム

ロッジポールパイン

兼六園菊桜

石州和紙





carbamazepineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルバマゼピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS