カルボキサミドとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > カルボキサミドの意味・解説 

カルボキサミド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/08 04:17 UTC 版)

カルボキサミド(Carboxamide)は、カルボキサミド基を持ち抗てんかん薬として使われる薬品群である。カルボキサミド基(carboxamido group、アミノカルボニル基)は有機化合物において一般式が -CO-NH2 と表される1価の官能基のことで、有機化学ではカルボキサミド基を持つ化合物群をカルボキサミドと呼ぶ。農薬で、カルボキサミド系と呼ばれる一連の殺菌剤が知られる。




「カルボキサミド」の続きの解説一覧



カルボキサミドと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カルボキサミド」の関連用語

1
76% |||||

カルボキサミドのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カルボキサミドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカルボキサミド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS