さけとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > さけの意味・解説 

さけ【酒】

エチルアルコールを含んだ飲料総称製造法から、醸造酒蒸留酒混成酒大別され、また、原料違いによって世界中多く種類がある。

清酒通称。英語でもsake通用する。「辛口の酒を好む」

酒を飲むこと。飲む度合い飲み方についていう。「酒が強い」「あの人はいい酒だ」

酒盛り酒宴。「酒の席」

[補説]  
2017年実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2017キャンペーンでの「酒」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆人に寄り添い、そっと励ますもの。
nodokaさん

酌み交わす相手や、自分の心のガードを少し緩めてくれる道具
きんぎょさん

飲み方によっては天使にも悪魔にもなるもの。
あっかさん

賢者はこれをに変え、愚者はこれを毒に変える
詩のぶさん

◆飲む時は翌朝は毒に変わる飲み物
ネコキャットさん


さけ【鮭】

洋画家高橋由一による油絵縦長画面に、縄で吊るされ身を欠き取られた新巻鮭を描いたもの明治8年から12年1875〜1879)頃の作。東京芸術大学所蔵国指定重要文化財鮭図


さけ【×鮭/×鮏】

サケ目サケ科海水魚全長約1メートル。体は長い紡錘形側扁し、尾びれ近く脂びれがある。背側は暗青色腹側銀白色北太平洋広く回遊し、河川に上って産卵する。産卵期の雄は吻(ふん)が鉤(かぎ)状に曲がるので、俗に鼻曲がりよばれる。肉は淡紅色美味。卵は筋子(すじこ)・イクラとして賞味される。シロザケ。しゃけ。《 秋》「—のぼる古瀬のなほまとふ/秋桜子

サケ科海水魚総称。サケ・ベニザケ・ギンザケ・カラフトマス・サクラマス・ビワマス・マスノスケの7種がある。産卵期には遡河(そか)し、孵化(ふか)した幼魚は河を下り、海に出て回遊し、母川に戻る。


さけ【×梟】


さけ【梟】

〔名〕 「ふくろう(梟)」の古名。〔二十巻本和名抄(934頃)〕


さけ【酒】

〔名〕 (複合語では、多く「さか」となる)

① 米を発酵させて製するアルコール分含有飲料日本酒上代濁酒が主で、室町時代頃から清酒もつくられるようになった現代は主に清酒をいう。古くから、さまざまな異名呼ばれる三輪(みわ)、三木(みき)、ささ、九献(くこん)、三遅(みめぐり)、般若湯硯水(けんずい)など。

古事記(712)上「汝等八塩折(やしほをり)の酒を醸(か)み」

万葉(8C後)五・八五二梅の花夢(いめ)に語らくみやびたる花と吾(あ)れ思(も)ふ左気(サケ)に浮かべこそ」

徒然草1331頃)八七「下部酒飲まする事は、心すべきことなり

一般アルコール分含有する液体飲料をいう。合成清酒焼酎(しょうちゅう)・みりん・ビール果実酒類ウイスキー類など多く種類がある。

天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ソノ ヒトガ カエリサッテ saqe(サケ) サメテ ノチ

さかもり酒宴

俳諧炭俵(1694)上「上張(うはばり)を通さぬほどの雨降りて〈岱水〉 そっとのぞけば酒の最中〈利牛〉」

[語誌](1)①については、上代の「古事記」「日本書紀」「風土記」のほか、「魏志東夷伝倭人条にも記事がある。その種類判然としないが、米を原料とするものが主であったと考えられる
(2)令制では宮内省造酒司が置かれ、「延喜式‐四〇・造酒司」には酒にかかわる多様な規定があり、同じく米を原料しながら製法異なる数種の酒の記載がある。
(3)上代の「酒」の訓は、「サケ」の他にキ(ミキ)、クシがある。クシは明らかでないが、クスリと関係があるものと思われ、キは後代神祭儀礼に関するものに限られるようになった
(4)上代には醸造施設と見られる酒屋」があるが、「類聚国史‐一七三」によれば、左京右京山崎津・難波津に「酒家」(「三宝絵」に「さけの家」)があり、売買の行なわれたことが知られる。鎌倉時代酒家は増え、幕府沽酒(酒の売買のこと)を抑制する発令を行なった。室町時代遅くとも応永年間には洛中洛外酒屋三百軒を超え、土倉兼業して金融を営むものも多かった。室町幕府明徳四年(一三九三)以降土倉役とともに酒屋役賦課して有力な財源とした。
(5)室町時代には酒の製法大きく展開し、後期には、大和、後に伊丹の産として著名な諸白(もろはく)も現われ、酒の主流として濁酒から清酒への転換促した。


さけ【鮭・鮏】

〔名〕 サケ科全長約一メートル達する。体はやや細長い紡錘形脂鰭(あぶらびれ)がある。体色背部青灰色腹部銀白色であるが、繁殖期には、体の背側と体側部が暗緑褐色に変じ、体側赤い雲状斑が現われる。秋から冬に、生まれ河川をさかのぼって上流砂利底に産卵受精し、やがて死ぬ。産卵期の雄は吻(ふん)部が突き出して曲がるので俗に鼻曲がり」と呼ばれる孵化した稚魚砂利層の中で卵黄栄養しながら冬を越す。翌春砂利層から外へ出てしばらく川にとどまり、五〜七センチメートルになって海に下る。本州以北分布し、東北北海道サハリンカムチャツカ方面が主漁場。肉は淡紅色を呈し美味で、秋から冬にかけてが旬(しゅん)であり、秋に産卵のために川をのぼってくるサケを「秋味(あきあじ)」と呼ぶ。重要な食用で、塩焼きかすづけあらまきなどにして食べるほか、燻製、かん詰めなどにもされる。卵巣はすじこ、イクラなどにする。しゃけ。しろざけときしらず。さけの。《季・秋》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

宇治拾遺(1221頃)一「是も今は昔越後国より鮭を馬におふせて、廿駄斗、粟田口より京へ追ひいれけり」

暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉四「襷(たすき)をかけた六十ばかりの婆さんが、塩びきの鮭(サケ)を洗ってゐた」


放け、離け


裂け、避け

読み方:さけ

カ行下一段活用動詞「裂ける」「避ける」の連用形である「裂け」「避け」、あるいは連用形名詞化したもの


裂け、咲け、割け

読み方:さけ

カ行五段活用動詞「裂く」「咲く」「割く」の命令形


避け

読み方:さけ

【文語】カ行下二段活用動詞避く」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

さけ 【鮭】

サケ目サケ科。名は古くスケといいその転訛とか、肉片が裂けやすいので〈裂け〉の意とか、アイヌ語サクイベ〈夏の食物〉・サットカム〈乾魚〉などからとか諸説がある。アイヌはカムイチェプ〈神の魚〉とも呼んだ。日本では、北海道から太平洋側利根川付近まで、日本海側ではほとんど全域河川に、のぼる。これらの地域では鮭を神に祭るところもあり、その神社氏子はこれを禁食している例もある。山形県には鮭が人間の妻になったという昔話がある。

([動・終]~する)さけ(に)、([名]~や)さけ(に)、([形])さけ

~だから、~なので(原因理由を示す接続助詞
例「さぶいさけに、窓閉めてけー」
=「寒いから、窓を閉めてくれ」

さけ

  1. 顔ノ事ヲ云フ。〔第六類 人身之部・北海道庁

分類 北海道庁


さけ

  1. 警察本分署。〔第五類 一般建物
  2. 警察本分署のことをいふ。〔犯罪語〕
  3. 警察署のことをいふ。
  4. 警察署を云ふ。「警察」の倒語。「察警(さつけー)」の音便より「さけ」なりしもの。
  5. 警察。〔一般犯罪
  6. 警察のこと。「察警」「さつけー」と倒語によみ「さけ」となったもの。

分類 犯罪犯罪


読み方:さけ

  1. 裂。女陰古語陰裂の義。
  2. 古語陰裂の義。女根をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

さけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/01 09:22 UTC 版)

さけ



さけ

出典:『Wiktionary』 (2018/08/04 04:56 UTC 版)

名詞

さけ

  1. 広義] エタノール(wp)含み、飲むと酩酊を得ることのできる飲料アルコール飲料ともいう。
  2. 狭義] 日本酒(wp)

発音

東京アクセント

さ↗け(平板型

翻訳

関連語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さけ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

さけのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
和歌山弁Explorer和歌山弁Explorer
Copyright (C) 2021 和歌山弁Explorer All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのさけ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS