ウェールズ語 使用域

ウェールズ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 22:21 UTC 版)

使用域

現代ウェールズ語は、口語ウェールズ語(Cymraeg llafar)と文語ウェールズ語(Cymraeg llenyddol)の2つの使用域に大きく分類される。記述されている文法は、ほとんどの会話や砕けた文章で使用されている口語ウェールズ語の文法である。文語ウェールズ語は1588年に翻訳された聖書によって標準化されたウェールズ語の形式に近く、公式文書や多くの文学を含むその他の改まった使用域にで見られる。標準化された形式であるため、口語ウェールズ語に見られる方言の差はたとえあったとしてもほとんど見られない。

文語ウェールズ語 口語ウェールズ語
目的格代名詞を省略できる(主語を省略できる言語英語版 目的格代名詞はめったに省略されない
単純動詞形のより広範な使用 迂言的な動詞形のより広範な使用
単純現在と未来の区別をしない
(例えば af "私は行く"/"私は行くだろう")
単純形はほとんどの場合に未来のみを表わす
(例えば、af i "私は行くでしょう")
接続法動詞形 接続法は定着した慣用句でのみ
三人称複数末尾と代名詞 –nt hwy 三人称複数末尾と代名詞 –n nhw

文語ウェールズ語の特徴としては、口語に比べて、屈折した動詞形により高く依存していること、いくつかの時制の使い方が異なること、代名詞の使用頻度が低いこと(通常は情報が動詞/前置詞の屈折で伝えられるため)、ウェールズ語の本来語を英語からの借用語で代用する傾向がかなり小さいことなどが挙げられる。加えて、文語ウェールズ語では、より古風な代名詞や変異の形式が見られることがある。

文語ウェールズ語と口語ウェールズ語の文例

英語 日本語 文語ウェールズ語 口語ウェールズ語
I get up early every day. 私は毎朝早く起きる。 Codaf yn gynnar bob dydd. Dw i'n codi'n gynnar bob dydd.(北部)
Rwy'n codi'n gynnar bob dydd.(南部)
I'll get up early tomorrow. 私は明日早く起きるでしょう。 Codaf yn gynnar yfory. Mi goda i'n gynnar fory.(北部)
Wna i godi'n gynnar fory.(南部)
He had not stood there long. 彼は長い間そこに立っていた。 Ni safasai yno yn hir.[109] Doedd o ddim wedi sefyll yno'n hir.(北部)
(D)ôdd e ddim wedi sefyll yna'n hir.(南部)
They'll sleep only when there's a need. 彼らは必要がある時にのみ寝るでしょう。 Ni chysgant ond pan fo angen. Fyddan nhw'n cysgu ddim ond pan fydd angen.

現代のウェールズ語の話し言葉の方言間の差異は、話し言葉のいくつかの形式と文語ウェールズ語の最も文語体の構文との間の違いに比べれば、取るに足らない。後者の方がかなり保守的であり、聖書のウェールズ語訳で使われている言葉である。しかし、2004年に出版されたBeibl Cymraeg Newydd(ウェールズ語で「新ウェールズ語聖書」の意味)は、伝統的な1588年の聖書よりも格段に文語的ではない。人気のあるウェールズ語文法書の著者であるガレス・キングは、「これら2つの形式間の違いは、ほぼ同一である英語の口語体と文語体の違いよりもはるかに大きい」と意見を述べている[110]。文語ウェールズ語の文法はスティーブン・J・ウィリアムズによる『A Grammar of Welsh[111]("ウェールズ語の文法")あるいはより完全にはピーター・ウィン・トーマスによる『Gramadeg y Gymraeg[112]("ウェールズ語の文法")で見ることができる(改まった文語ウェールズ語の文法に関する英語で書かれた本はない)。ウェールズ語の口語体、使用域、および方言の違いについての英語で書かれた手引書にCeri Jonesによる『Dweud Eich Dweud[113]("あなたの言いたいことを言う")がある。

ウェールズ語の現状

2言語で書かれた路面表示

現在のウェールズでは、ウェールズ語は英語と並んで公用語とされる。道路標識や公文書は、2言語で表記されている。例えば、イングランドから鉄道または自動車でウェールズに入ると、国境付近に設置された看板には、2言語で『Welcome to Wales』、『Croeso i Gymru』(クロイソ・イ・ガムリ)と書いてある。またパトロールカーにも2言語で「POLICE」「HEDDLU」(共に「警察」の意)と表記されている。

南部ではあまり話されないが、中北部では日常的に話される地域が多い。ただし、方言の差異が大きく、北に行くほど古い由緒正しい形を残している傾向がある。特にウェールズ最高峰であるスノードン付近のグウィネズ地方でウェールズ語の話者が多い。この地域では、子供達が英語を習うのは小学校に入学してからのことであり、それまでは一般に、家族や近隣の友達とウェールズ語で会話している。

2001年現在、ウェールズ人全体の20.5%がウェールズ語を話すことができる。ウェールズにおいて、ウェールズ語を話す人口の割合は20世紀以降著しく減少しているが、人口増加により、ウェールズ語を話す人の絶対数は減少傾向が止まり、微増になっている。その主な理由は、小中学校でウェールズ語教育が実施されていることと、ウェールズ語によるTVプログラム(BBC WalesやHTV〔現ITV Wales〕、S4Cによる)が放送されていることによる[要説明]

ウェールズ以外では、19世紀中盤の移民に起源を発するアルゼンチンチュブ州パタゴニア地方)のウェールズ系住民のうち、約1,500人[114]がウェールズ語の話者である。


  1. ^ Welsh language data from the Annual Population Survey: April 2019 to March 2020”. gov.wales (2020年3月31日). 2021年7月16日閲覧。
  2. ^ Hywel Jones. “Estimation of the number of Welsh speakers in England”. calls.ac.uk. 2021年7月16日閲覧。
  3. ^ Devine, Darren (2013年3月30日). “Patagonia's Welsh settlement was 'cultural colonialism' says academic”. Wales Online. Cardiff: Trinity Mirror. 2017年5月6日閲覧。 “Now, though 50,000 Patagonians are thought to be of Welsh descent, the number of Welsh speakers is believed to be between only 1,500 and 5,000.The Welsh language is spoken more in north wales”
  4. ^ Wales and Patagonia”. Wales.com - The official gateway to Wales. Welsh Government. 2016年5月22日閲覧。 “Today the province of Chubut, where most Welsh immigrants settled, has a population of 550,000 people. Of these, some 50,000 can claim Welsh ancestry and 5,000 speak the Welsh language.”
  5. ^ Population of immigrant mother tongue families, showing main languages comprising each family, Canada, 2011”. Statistics Canada. 2017年8月21日閲覧。
  6. ^ “New language commissioner announced” (英語). BBC News. (2018年11月27日). https://www.bbc.com/news/uk-wales-politics-46359581 2019年6月14日閲覧。 
  7. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Welsh”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/wels1247 
  8. ^ 日本カムリ学会”. 2020年9月17日閲覧。
  9. ^ Edwards, Huw. “Why do they speak Welsh in South America?”. BBC iWonder. BBC. 2017年9月16日閲覧。
  10. ^ E.g. in the Act of Uniformity 1662 (13–14 Chas. II, c. 55) §27: "That the Book [of Common Prayer] hereunto annexed be truly and exactly translated into the British or Welsh tongue."
  11. ^ Nolan, Edward Henry (1859). Great Britain As It Is. London: John Lane & Co. p. 47. https://books.google.com/books?id=78gHAAAAQAAJ&dq=%22Great%20Britain%20As%20It%20Is%22&pg=PA47#v=onepage 2018年9月10日閲覧。 
  12. ^ Jackson, John (1752). Chronological Antiquities. Volume III. London: J Noon. p. 143. https://books.google.com/books?id=_VvlAAAAMAAJ&dq=%22Chronological%20Antiquities%22%20cambric&pg=PA143#v=onepage 
  13. ^ The Cymric Language, Cardiff: D Duncan & Sons, (1879) 
  14. ^ Welsh language data from the Annual Population Survey: April 2019 to March 2020” (英語). GOV.WALES. 2020年6月26日閲覧。
  15. ^ Where and when people learn to speak Welsh (National Survey for Wales): April 2018 to March 2019” (英語). GOV.WALES. 2020年4月28日閲覧。
  16. ^ Welsh Language (Wales) Measure 2011”. legislation.gov.uk. The National Archives. 2016年5月30日閲覧。 “The Welsh language has official status in Wales.”
  17. ^ National Assembly for Wales (Official Languages) Act 2012”. www.legislation.gov.uk. The National Archives. 2018年4月19日閲覧。 “The official languages of the Assembly are English and Welsh.”
  18. ^ “Almost a quarter of children in Wales are taught only in Welsh, as the language experiences a revival”. ITV News. (2017年9月4日). https://www.itv.com/news/2017-09-04/back-to-school-but-not-an-english-one/ 2020年6月1日閲覧。 
  19. ^ Llanwnda Bible damaged in last invasion of Britain on display”. BBC News. 2019年11月18日閲覧。
  20. ^ Charles-Edwards, Thomas M (2013). “2: Britons and their Languages”. Wales and the Britons, 350–1064 (1st ed.). Oxford University Press. p. 75. ISBN 978-0-19-821731-2. OCLC 823319671. https://books.google.com/books?id=AK_yn7Q3_x0C&lpg=PP1&dq=Wales%20and%20the%20Britons%2C%20350%E2%80%931064&pg=PA75#v=onepage 
  21. ^ a b c d e f Koch, John T. (2006). Celtic Culture: A Historical Encyclopedia. Santa Barbara: ABC-CLIO. p. 1757. ISBN 9781851094400. OCLC 266510465 
  22. ^ Miller, Katherine L. (2014年). “The Semantic Field of Slavery in Old English: Wealh, Esne, Þræl”. University of Leeds. pp. 81–83. 2019年8月8日閲覧。
  23. ^ Davies, John (1994) A History of Wales. Penguin: p.71; 0-14-014581-8.
  24. ^ Welsh (adj.)”. Online Etymology Dictionary. 2019年11月18日閲覧。 “As a noun, "the Britons," also "the Welsh language," both from Old English. The word survives in Wales, Cornwall, Walloon, walnut, and in surnames Walsh and Wallace.”
  25. ^ Welsh: the only Celtic language not classified as "endangered" by UNESCO”. UN Regional Information Centre for Western Europe. The United Nations (2015年2月5日). 2019年11月30日閲覧。[リンク切れ]
  26. ^ Koch, pp. 291–292.
  27. ^ a b Janet, Davies (2014-01-15). The Welsh Language: A History. Cardiff: University of Wales Press. ISBN 978-1-78316-019-8. OCLC 878137213. https://books.google.com/books?id=32WuBwAAQBAJ 
  28. ^ Higham, Nicholas (1 April 2014). “T. M. Charles-Edwards. Wales and the Britons, 350–1064”. The American Historical Review 119 (2): 578–579. doi:10.1093/ahr/119.2.578. ISSN 0002-8762. 
  29. ^ Koch, p. 1757.
  30. ^ Jenkins, Simon (2008). Wales: Churches, Houses, Castles. Allen Lane. p. 244. ISBN 9780141024127. OCLC 751732135. https://books.google.com/books?id=NFk3AQAAIAAJ 
  31. ^ William Salesbury's New Testament | The National Library of Wales”. Library.wales. 2020年6月1日閲覧。
  32. ^ William Morgan | Welsh bishop”. Encyclopaedia Britannica. 2020年6月1日閲覧。
  33. ^ Llŷr, Dylan (2013年8月20日). “Is Welsh the oldest language?”. Why Welsh?. 2018年9月10日閲覧。
  34. ^ BBC Wales - History - Themes - Chapter 14: Culture and religion in early modern Wales”. Bbc.co.uk (1970年1月1日). 2020年6月1日閲覧。
  35. ^ The Industrial Revolution”. Wales History. BBC. 2011年12月30日閲覧。
  36. ^ Morris, Steven (2017年12月18日). “Wales launches strategy to double number of Welsh speakers by 2050”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/uk-news/2017/dec/18/wales-launches-strategy-to-double-number-of-welsh-speakers-by-2050 2019年2月25日閲覧。 
  37. ^ “'Encouraging' survey suggests rise in Welsh language speakers”. BBC News (BBC News Online). (2018年9月22日). https://www.bbc.com/news/uk-wales-45611374 2019年2月25日閲覧。 
  38. ^ 2004 Welsh Language Use Survey: the report”. 2012年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月5日閲覧。
  39. ^ 2011 Census: Key Statistics for Wales, March 2011”. Office for National Statistics. 2012年12月12日閲覧。
  40. ^ “2011 Census: Number of Welsh speakers falling”. BBC News (BBC). (2012年12月11日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-20677528 2012年12月12日閲覧。 
  41. ^ Welsh Government | Welsh language use survey” (英語). gov.wales. 2017年6月7日閲覧。
  42. ^ Janet Davies, University of Wales Press, Bath (1993). The Welsh Language, page 34
  43. ^ Williams, Colin H. (1990), “The Anglicisation of Wales”, in Coupland, Nikolas, English in Wales: Diversity, Conflict, and Change, Clevedon, Avon: Multilingual Matters, pp. 38–41, ISBN 9781853590313, https://books.google.com/books?id=tPwYt3gVbu4C&pg=PA38&lpg=PA38&dq=monoglot+welsh+speakers&source=bl&ots=G1SHcB_0Rl&sig=TiQ9apFsrgJiFz1ielo2OZCPRq8&hl=en&sa=X&ei=gpt9T53DDqiPiAfZu4mbCQ&sqi=2&redir_esc=y#v=onepage&q=monoglot%20welsh%20speakers&f=false 
  44. ^ Green, David W.; Wei, Li (Nov 2016). “Code-switching and language control”. Bilingualism: Language and Cognition 19 (5): 883–884. doi:10.1017/S1366728916000018. 
  45. ^ Welsh speakers by local authority, gender and detailed age groups, 2011 census”. Welsh Government. Welsh Government. 2019年2月25日閲覧。
  46. ^ Transactions Woolhope Naturalists' Field Club, 1887, page 173
  47. ^ Ellis, A.J. (1882). Powell, Thomas. ed. “On the delimitation of the English and Welsh languages” (英語). Y Cymmrodor 5: 191, 196. https://archive.org/details/ycymmrodor00socigoog/page/n210.  (reprinted as Ellis, Alexander J. (November 1884). “On the delimitation of the English and Welsh language.”. Transactions of the Philological Society 19 (1): 5–40. doi:10.1111/j.1467-968X.1884.tb00078.x. ); Ellis, A.J. (1889). “Introduction; The Celtic Border; 4”. The existing phonology of English dialects compared with that of West Saxon speech. Early English Pronunciation. V.. London: Trübner & Co.. p. 14 [Text] 1446 [Series]. https://archive.org/details/onearlyenglishpr00elliuoft/page/14/ 
  48. ^ Nigel Callaghan (1993). More Welsh Speakers than Previously Believed (on-line). Accessed 21 March 2010”. 2010年5月23日閲覧。
  49. ^ Estimation of the number of Welsh speakers in England”. 2014年2月27日閲覧。
  50. ^ a b QS204EW – Main language (detailed)”. Nomis Official Labour Market Statistics. 2021年7月16日閲覧。
  51. ^ 2011 Census Glossary of Terms”. Office For National Statistics. 2021年7月16日閲覧。
  52. ^ 2011 Census Questionnaire for England”. Office for National Statistics. 2017年6月6日閲覧。
  53. ^ Data Viewer – Nomis – Official Labour Market Statistics” (英語). www.nomisweb.co.uk. 2017年11月23日閲覧。
  54. ^ Language used at home other than English (detailed)”. National Records of Scotland. 2021年7月16日閲覧。
  55. ^ Prior, Neil (2015年5月30日). “Patagonia: A 'Wales beyond Wales'” (英語). BBC News. https://www.bbc.com/news/uk-wales-32919137 2020年7月30日閲覧。 
  56. ^ Census 2016, Language spoken at home by Sex (LGA)”. stat.data.abs.gov.au. 2020年4月28日閲覧。
  57. ^ Population of immigrant mother tongue families, showing main languages comprising each family, Canada, 2011”. Statistics Canada. 2020年7月30日閲覧。
  58. ^ Bureau, US Census. “Detailed Languages Spoken at Home and Ability to Speak English” (英語). www.census.gov. 2018年4月4日閲覧。
  59. ^ Croeso i HSBC yng Nghymru” [Welcome to HSBC in Wales] (ウェールズ語). HSBC Bank. 2018年9月10日閲覧。
  60. ^ Eich cysylltu â'r hyn sy'n bwysig” [Connecting you to what's important] (ウェールズ語). Arriva Trains Wales. 2018年9月10日閲覧。
  61. ^ Proposed Welsh Language (Wales) Measure [As Passed&#93”. assembly.wales. 2016年9月12日閲覧。
  62. ^ “'Historic' vote for language law”. BBC News (BBC). (2010年12月7日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-11934239 2018年9月10日閲覧。 
  63. ^ a b Welsh Government – Welsh Measure received Royal Assent”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  64. ^ “Royal Assent for official status of Welsh language”. Cardiff: Trinity Mirror. (2011年2月12日). https://www.walesonline.co.uk/news/wales-news/royal-assent-official-status-welsh-1852353 2018年9月10日閲覧. "Powers confirming the official status of Welsh received Royal Assent yesterday. The Welsh Language Measure will create the post of language commissioner and ensure services can be provided in Welsh." 
  65. ^ “Language board chief Meri Huws is Welsh commissioner”. BBC News (BBC). (2011年10月5日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-politics-15186747 2018年9月10日閲覧。 
  66. ^ BBC Wales - Living in Wales - Pronouncing road signs”. www.bbc.co.uk. 2020年2月11日閲覧。
  67. ^ Current school curriculum”. Welsh Government. Welsh Government. 2019年2月25日閲覧。
  68. ^ List of declarations made with respect to treaty No. 148”. Conventions.coe.int. 2010年5月23日閲覧。
  69. ^ Welsh language provision at S4C Analogue
  70. ^ BBC website (Real Media).
  71. ^ Conboy, Martin (2010). Journalism in Britain: A Historical Introduction. SAGE Publications. p. 188. ISBN 978-1-4462-0972-1. https://books.google.com/books?id=efTqgnFP9hAC&pg=PA188&lpg=PA188&dq=BBC+Radio+Cymru+1977#v=onepage 
  72. ^ “Daily Welsh newspaper abandoned” (英語). BBC News. (2008年2月15日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/wales/mid/7245774.stm 
  73. ^ “'Treacherous' Blue Books online”. BBC News (BBC). (2005年12月23日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/wales/mid/4555702.stm 2017年1月21日閲覧。 
  74. ^ Davies, John (1993). A History of Wales. London: Penguin Books. ISBN 978-0-14-014581-6. OCLC 925144917. https://books.google.com/books?id=19ThaoZRcqEC 
  75. ^ “Ysgol Gymraeg Aberystwyth celebrates 75th anniversary”. BBC News (BBC). (2014年9月25日). https://www.bbc.co.uk/news/uk-wales-mid-wales-29360528 2016年10月3日閲覧。 
  76. ^ Welcome”. Ysgol Glan Clwyd. 2016年10月3日閲覧。
  77. ^ Schools by local authority, region and Welsh medium type”. Stats Wales. Stats Wales. 2021年7月16日閲覧。
  78. ^ 5-year Report”. Welsh Language Commissioner. Welsh Language Commissioner. 2021年7月16日閲覧。
  79. ^ The Welsh language”. Citizens Advice. 2014年2月27日閲覧。
  80. ^ Welsh medium or bilingual provision”. bwrdd-yr-iaith.org.uk. Welsh Language Board. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  81. ^ learncymraeg.org
  82. ^ Welsh for Adults.org[リンク切れ]
  83. ^ The Welsh National Database of Standardised Terminology was released in March 2006 Archived 25 September 2006 at the Wayback Machine.
  84. ^ Hedyn and Blogiadur Archived 7 January 2009 at the Wayback Machine.
  85. ^ Celular News webpage”. Cellular-news.com (2006年8月11日). 2014年2月27日閲覧。
  86. ^ World's first Welsh language mobile phone launched (publish date: 25 August 2009)
  87. ^ “Mobile phone for Welsh-speakers” (英語). BBC News. (2009年8月4日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/wales/mid/8183247.stm 2010年5月23日閲覧。 
  88. ^ LiterIM external keyboard for Android”. Troi.org. 2014年2月27日閲覧。
  89. ^ “Free Welsh Localization for iOS Developers”. Applingua. (2015年3月6日). https://applingua.com/free-welsh-localization-for-ios-developers/ 2010年5月23日閲覧。 
  90. ^ “Apps in Welsh Directory”. Apps in Welsh. (2015年10月29日). http://www.appsinwelsh.com/ 2010年5月23日閲覧。 
  91. ^ Heath, Tony (1996年8月26日). “Welsh speak up for their ancient tongue”. The Independent: p. 6. https://www.independent.co.uk/news/welsh-speak-up-for-their-ancient-tongue-1311562.html 
  92. ^ Welsh language to be allowed in MPs' Welsh Grand Committee”. BBC News. BBC (2017年2月22日). 2018年2月8日閲覧。
  93. ^ MPs speak Welsh in parliamentary debate for first time”. BBC News. BBC (2018年2月7日). 2018年2月8日閲覧。
  94. ^ Williamson, David (2018年2月7日). “A historic first for Welsh at Westminster as language officially used for first time”. dailypost.co.uk. https://www.dailypost.co.uk/news/north-wales-news/historic-first-welsh-westminster-language-14258799 
  95. ^ Williamson, David (2018年2月7日). “MPs use first ever bilingual debate in Westminster”. WalesOnline. https://www.walesonline.co.uk/news/politics/historic-moment-welsh-spoken-houses-14258358 
  96. ^ David Williamson. “Walesonline.co.uk”. Walesonline.co.uk. 2010年5月23日閲覧。
  97. ^ Greetings to the Universe in 55 Different Languages”. NASA. 2009年5月10日閲覧。
  98. ^ Welsh greetings”. NASA. 2009年5月10日閲覧。
  99. ^ WalesOnline (2011年6月10日). “The Welsh message hurtling through space 10 billion miles from its home”. 2021年7月16日閲覧。
  100. ^ (Welsh) Yr elfen Ladin yn yr iaith Gymraeg. Gwasg Prifysgol Cymru. (1943). pp. 10–31. ISBN 9780708307694 
  101. ^ Thomas, Peter Wynn (1996) Gramadeg y Gymraeg. Cardiff: University of Wales Press: 757.
  102. ^ English and Welsh, an essay by J. R. R. Tolkien”. typepad.com. 2018年4月9日閲覧。
  103. ^ King, G. Modern Welsh: A Comprehensive Grammar, published by Routledge, 0-415-09269-8 p. 114
  104. ^ Roberts, Gareth Ffowc (2016-02-15) (英語). Count Us In: How to Make Maths Real for All of Us. University of Wales Press. ISBN 978-1-78316-798-2. https://books.google.com/books?id=ackmDAAAQBAJ&pg=PT112#v=onepage 
  105. ^ Index to Welsh dialects”. Kimkat.org (2006年4月20日). 2014年2月27日閲覧。
  106. ^ Thomas, Beth; Thomas, Peter Wynn (1989) (ウェールズ語). Cymraeg, Cymrâg, Cymrêg: Cyflwyno'r Tafodieithoedd. Gwasg Taf. ISBN 978-0-948469-14-5 
  107. ^ Thomas, Alan R (1973). Linguistic Geography of Wales. カーディフ: University of Wales Press for Board of Celtic Studies 
  108. ^ Teach Yourself Welsh”. Cymdeithas Madog (2000年3月15日). 2014年3月25日閲覧。
  109. ^ Klingebiel, Kathryn (1994). 234 Welsh Verbs: Standard Literary Forms. Belmont, Massachusetts: Ford & Bailie. p. 223. ISBN 978-0-926689-04-6 
  110. ^ King, Gareth (2016). Modern Welsh: A Comprehensive Grammar (3rd ed.). Abingdon: Routledge. p. 3. ISBN 978-1-138-82629-8. https://books.google.com/books?id=0DY-CgAAQBAJ&lpg=PP1&dq=Modern%20Welsh%3A%20A%20Comprehensive%20Grammar&pg=PR3#v=onepage 
  111. ^ Williams, Stephen J (1980). A Welsh Grammar. Cardiff: University of Wales Press. ISBN 978-0-7083-0735-9 
  112. ^ Thomas, Peter Wynn (1996). Gramadeg y Gymraeg. Cardiff: University of Wales Press. ISBN 978-0-7083-1345-9 
  113. ^ Jones, Ceri (2013). Dweud Eich Dweud: A Guide to Colloquial and Idiomatic Welsh. Llandysul: Gomer Press. ISBN 978-1-84851-748-6 
  114. ^ 5,000人とする統計もある。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウェールズ語」の関連用語

ウェールズ語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウェールズ語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェールズ語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS