一意専心とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 一意専心の意味・解説 

いちい‐せんしん【一意専心】

副詞的に用いてわき目もふらず心を一つのことだけに注ぐこと。「一意専心環境問題取り組む


一意専心

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 01:48 UTC 版)

成句

   いちいせんしん

  1. 他の事を考えず、一つのことだけに注ぐこと。

翻訳

出典

管子巻第16・内業第49

白文
賞不足以勸善、刑不足以懲過。氣意得天下服、心意定而天下聽。摶氣如神、萬物備存。能摶乎、能一乎。能無卜筮而知吉凶乎。能止乎、能已乎。能勿求諸人而得之己乎。思之思之、又重思之。思之而不通鬼神將通之。非鬼神力也精氣也。四體既正、血氣既靜、一意摶心耳目不淫、雖遠若近。思索生知、慢易生憂、暴傲生怨、憂鬱生疾、疾困乃死。思之而不捨、内困外薄。不爲圖、生將巽舍。食若無飽、思若勿致。節適之齊、彼將自至。
訓読文】
以て勧むる足らず以て過ち懲らす足らず。気意得すなは天下し、心意定まらば而ち天下聴くもっぱらにすること神の如く万物つぶさに存す。能く摶らならむか、能くいつならむか。能く卜筮すること無くして、吉凶を知らむか。能くめむか、能くめむか。能くこれを人に求むることくして、之をに得むか。之を思ひ之を思ひ、又重ねて之を思ふ。之を思ひてぜずんば、鬼神まさに之を通ぜむとす。鬼神の力に非ざるなり。精気極みなり。四体既に正しく血気既に静かに、意を一にし心を摶らにし耳目せずんば、遠しと雖も近きごとし。思索じ、慢易を生じ、暴傲を生じ、憂鬱疾を生じ、疾困せばすなはす。之を思ひて捨てず、内くるしみ外薄るはやを為さずんば、将にゆづらむとす。飽く無きくはく、思ひはきはむる勿きに若くし。節適のなるとき、彼将に自ら至らむとす。
現代語訳】
恩賞はそれによって善行勧奨するほどの効果を持たず、刑罰はそれによって悪行懲らしめるほどの効果を持たない。(君主が)意気盛んにすれば天下心服し、(君主の)意志が定まれば天下聴従する。精神集中して神のような叡智発揮すれば、万物真理手に取るように判る精神集中せよ、心を統一せよ。占いをせずに吉凶を知ることができる。(知を外部求めるのを)やめよ、やめよ。知を他人に求めたりせずに、これを自ら手に入れよ。知について自分考え考え、また重ねて考える。知について考えて、それでも真理到達できなければ鬼神到達させてくれるであろう。(だが、これは)鬼神の力によるものではない。その者の精気極致よるもののである全身健全で、血液気息安静で、意識統一し心を集中、耳や目(の感覚)が乱されなければ、遠いものであっても近くにあるもののようにはっきりと知覚できる。思索すれば知を生じ、他者侮れ憂いを生じ、わがままに振る舞えば恨みを生じ、憂鬱病気を生じ、病気まれば死んでしまう。好ましくない感情捨てずにいると、内(=精神)は困しみ外(=肉体)は弱る。早いうちに処置なければ生命力はその居場所譲り渡してしまう。食事をする際には満腹になるまで食べない方がよく、思索をする際には思い詰めない方がよい。節度守り平均ていれば生命力は自然と(己の身に)留まるのである

関連語




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一意専心」の関連用語

一意専心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一意専心の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一意専心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS