一意専心とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 身体 > 心・腸・肝 > 一意専心の意味・解説 

一意専心

読み方:いちいせんしん

「一意専心」とは、他には目もくれずひたすらひとつの物事集中することを意味する表現である。

「一意専心」の基本的な意味

「一意専心」は「他の物事心を動かされる事なく、ただひたすら一つの物事に思考情動集中させる」「脇目も振らずただひたすら一つの事に集中して取り組む」という意味合い表現である。

「一意専心」は「一意」と「専心」の2語からなる四字熟語である。「一意」は一途にひとつの事に意識を向けることであり、「専心」は心をひとつの事に集中させることである。要するに「一意」と「専心」は類義語あるいは同義語である。

アスリートアーティストサイエンティストどのようにひたむきな努力によって才能磨き上げてこそ大成する世界身を投じた人は、おのずから「一意専心」の姿勢体現している者が多いといえるかもしれない

「一意専心」の発音・読み方

「一意専心」の読み方は「いちいせんしん」である。

発音抑揚アクセント)は人によって異なる。語頭「い」強く、「ちい」を弱く読み、「せんしん」は平坦に発音するという人もあれば、一律平坦にいちいせんしん」と読む人もある。

ひとまずは「一意・専心」という2語からなる四字熟語であって「一・意専・心」のような切り方にはならないということ念頭に置けば不自然な発音にはならない

「一意専心」の語源・由来

「一意専心」という言葉見出される最も古い文献は、古代中国書物管子とされる。すなわち「一意専心」は故事成語である。

管子」は春秋時代政治家管仲」に仮託する形で様々な分野における思想哲学をまとめた書物である。

管子」の「内業篇」には、「四体既に正しく血気既に静かにして、意を一にし心を摶らにし、耳目、淫せざれば、遠しと雖も近き若し」という記述があり、この「意を一にし心を摶らにし」の一節が「一意心(一意専心)」の由来となったとされる

現代語訳
四体既に正しく血気既に静かにして、意を一にし心を摶らにし、耳目、淫せざれば、遠しと雖も近き若し
健康な体と穏やかな心を持った状態で一つのことに集中すれば、遠く物事近く感じられるほどに感覚鋭敏化される

「一意専心」の類語

「一意専心」と同様の意味を持つ四字熟語には、「一心不乱」、「一所懸命一生懸命)」、「猪突猛進」、「遮二無二」などが挙げられる

「一意専心」「一所懸命」「一心不乱」は、全面的に前向きポジティブ)なニュアンス表現といえる自身理想として、あるいは他人褒め言葉には適するが、自己評価用い言葉としては適さない

猪突猛進」は「一つのことに集中するあまり周囲が全く見えなくなる」というニュアンス少なからず含み。「遮二無二」には「他のことを一切考慮せず強引に事を進める」というニュアンス含まれやすい。そのため、短所として扱われる文脈用いられやすい。

いちい‐せんしん【一意専心】

読み方:いちいせんしん

副詞的に用いてわき目もふらず心を一つのことだけに注ぐこと。「—環境問題取り組む


一意専心

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 01:48 UTC 版)

成句

   いちいせんしん

  1. 他の事を考えず、一つのことだけに注ぐこと。

翻訳

出典

管子巻第16・内業第49

白文
賞不足以勸善、刑不足以懲過。氣意得天下服、心意定而天下聽。摶氣如神、萬物備存。能摶乎、能一乎。能無卜筮而知吉凶乎。能止乎、能已乎。能勿求諸人而得之己乎。思之思之、又重思之。思之而不通鬼神將通之。非鬼神力也精氣也。四體既正、血氣既靜、一意摶心耳目不淫、雖遠若近。思索生知、慢易生憂、暴傲生怨、憂鬱生疾、疾困乃死。思之而不捨、内困外薄。不爲圖、生將巽舍。食若無飽、思若勿致。節適之齊、彼將自至。
訓読文
以て勧むる足らず以て過ち懲らす足らず。気意得すなは天下し、心意定まらば而ち天下聴くもっぱらにすること神の如く万物つぶさに存す。能く摶らならむか、能くいつならむか。能く卜筮すること無くして、吉凶を知らむか。能くめむか、能くめむか。能くこれを人に求むることくして、之をに得むか。之を思ひ之を思ひ、又重ねて之を思ふ。之を思ひぜずんば、鬼神まさに之を通ぜむとす。鬼神の力に非ざるなり。精気極みなり。四体既に正しく血気既に静かに、意を一にし心を摶らにし耳目せずんば、遠しと雖も近きごとし。思索じ、慢易生じ、暴傲生じ憂鬱疾を生じ、疾困せばすなはす。之を思ひ捨てず、内くるしみ外薄るはやを為さずんば、将にゆづらむとす。飽く無きくはく、思ひきはむる勿きに若くし。節適のなるとき、彼将に自ら至らむとす。
現代語訳
恩賞はそれによって善行勧奨するほどの効果持たず刑罰はそれによって悪行懲らしめるほどの効果持たない。(君主が)意気盛んにすれば天下心服し、(君主の)意志定まれば天下聴従する。精神集中して神のような叡智発揮すれば、万物真理手に取るように判る精神集中せよ、心を統一せよ。占いをせずに吉凶を知ることができる。(知を外部求めるのを)やめよ、やめよ。知を他人に求めたりせずに、これを自ら手に入れよ。知について自分考え考え、また重ねて考える。知について考えて、それでも真理到達できなければ鬼神到達させてくれるであろう。(だが、これは)鬼神の力によるものではない。その者の精気極致よるもののである全身健全で、血液気息安静で、意識統一し心を集中し、耳や目(の感覚)が乱されなければ、遠いものであっても近くにあるもののようにはっきりと知覚できる。思索すれば知を生じ他者侮れ憂い生じ、わがままに振る舞えば恨み生じ憂鬱病気生じ病気極まれば死んでしまう。好ましくない感情捨てずにいると、内(=精神)は困しみ外(=肉体)は弱る。早いうちに処置なければ生命力はその居場所譲り渡してしまう。食事をする際には満腹になるまで食べない方がよく、思索をする際には思い詰めない方がよい。節度守り平均ていれば生命力自然と(己の身に)留まるのである

関連語


「一意専心」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



一意専心と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  一意専心の意味のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一意専心」の関連用語

一意専心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一意専心の意味のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一意専心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの一意専心 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS