乃とは?

ない【×乃】

⇒だい


だい【×乃】

人名用漢字] [音]ダイ(漢) ナイ(呉) [訓]なんじ すなわち の

[一]ダイ〉なんじ。「乃公乃父

[二]ナイ〉すなわち。そこで。「乃至(ないし)」

名のりおさむ・いまし

難読乃公(おれ)・木乃伊(ミイラ)


すなわち すなはち 【即・則・乃】

1 〔名〕

① (多く連体修飾語を受けて) ある動作の終わったその時途端

万葉(8C後)八・一五〇五「霍公鳥(ほととぎす)鳴き登時(すなはち)君が家に行けと追ひしは至りけむかも」

花鏡(1424)時節当感事「すは声を出すよと、諸人一同に待ち受くるすなはちに、声を出すべし」

過去のある時をさす。その時当時

落窪(10C後)三「爰にはすなはちより、御夜中暁の事も知らでやと歎き侍りしかど」

方丈記1212)「おびたたしく震(ふ)る事は、しばしにて止みにしかども、その余波(なごり)、しばしは絶えず。〈略〉すなはちは、人みなあぢきなき事をのべて、いささか心の濁りうすらぐ見えしかど」

2接続

前の事柄を受け、その結果として後の事柄が起こることを示す。文中にあっては、「…ば、すなわち」と条件句を受ける形で用いられることもある。そこで。そうなると。それゆえ

書紀720欽明一六二月北野南北朝期訓)「天皇聞しめして傷恨みたまふ。迺(スナハチ)使者を遣して津に迎へて慰め問はしむ」

徒然草1331頃)八五「狂人真似とて大路を走らば、則狂人なり」

前の事柄を受け、後の事柄を言い出時に軽く添える。さて。ここに。そして。

去来推定)宛芭蕉書簡元祿七年(1694)九月一〇日「則板之事申遣候間、慥(たしか)成便に此書状江戸急便に頼存候

前の事柄に対し、後の事柄で説明言い換えをすることを示す。つまり。いいかえると。ということは

古今(905‐914)仮名序近き世に、その名聞えたる人は、すなはち僧正遍昭は、歌のさまはえたれども、まことすくなし

読本雨月物語(1776)菊花の約「只栄利にのみ走りて士家の風なきは、即(スナハチ)尼子家風なるべし

3 〔副〕

即座に。すぐに。

書紀720神武寛文板訓)「時に武甕雷神登(スナハチ)高倉に謂て曰く

仮名草子伊曾保物語(1639頃)中「ある時、獅子王・羊・牛・野牛の四つ〈略〉いのしし行きあひ、則是を殺す」

② その所、または、その時にちょうどあたって。まさに。

平家13C前)八「狩衣くびかみにさすとおもひつる針は、すなはち大蛇ののうぶへにこそさいたりけれ」

[補注]本来、ある時を示す名詞であったが、「即」「乃」「便」「則」「輒」などの訓読語として用いられたことで、それらの語の元来の意味、用法をも併せ持つようになった思われる


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/28 14:38 UTC 版)

(だい)は、漢姓の一つ。




「乃」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/25 11:18 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乃」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||



乃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS