霧島神宮 霧島神宮の概要

霧島神宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 17:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
霧島神宮


勅使殿・幣殿・拝殿

所在地 鹿児島県霧島市霧島田口2608番地5号
位置 北緯31度51分32.2秒
東経130度52分18.7秒
座標: 北緯31度51分32.2秒 東経130度52分18.7秒
主祭神 天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊
社格 式内社(小)論社
官幣大社
別表神社
創建欽明天皇朝(6世紀
欽明天皇元年(540年
本殿の様式 入母屋造杮葺
札所等 霧島六社権現
例祭 9月19日
地図
霧島神宮
テンプレートを表示

霧島神宮(きりしまじんぐう)は鹿児島県霧島市霧島田口にある神社延喜式内社論社であり、旧社格官幣大社[1]

祭神

現在の祭神は次の7柱[2]

主祭神
相殿神

歴史

古宮址

欽明天皇の御代(6世紀)、慶胤(けいいん)上人という僧侶が高千穂峰火常峰(御鉢)の間の「瀬多尾(せたお)(背門丘・瀬戸尾)」に社殿を造られたのが始まりとされ、一説に欽明天皇元年(540年)の創建ともいわれている。

高千穂峰が日本神話の天孫降臨の伝承地とされる事から、現在は日向三代にまつわる神々が祀られているが、元々は高千穂峰そのものを信仰の対象とする山岳信仰から始まった神社であると考えられる。

しかし元の社地の瀬多尾は、火口に近い場所であったため社殿は噴火でたびたび炎上し、延暦7年(788年)7月の火常峰(御鉢)の噴火で焼失した。

その後天慶3年(940年)、あるいは村上天皇の御代の天暦4年(950年)に性空上人により瀬多尾越(現在の高千穂河原・古宮址)に再興されるが、ここもたびたび噴火の巻き添えで炎上し、文暦元年(1234年)の火常峰(御鉢)の大噴火により社殿、僧坊等がことごとく焼失したため、霧島市田口の待世(霧島中学校の隣、霧島町グランドとの境)に「仮宮」を建てて、約250年間祭っていた。

文明16年(1484年)、島津忠昌の命により兼慶(けんけい)上人が再興したのが、現在の霧島神宮である。但、社殿はその後も幾度も炎上し、現在の社殿は正徳5年(1715年)、島津吉貴の奉納により再建した物である。

また一説には、文暦元年(1234年)の噴火で社殿を焼失した後、社殿を霧島山の東の長尾山(現在の東霧島神社の地)に移しその後、文明16年(1484年)、島津忠昌がこれを「東社」(霧島東御在所権現、現在の霧島東神社)と「西社」(西御在所霧島権現、現在の霧島神宮)の2社に分けたともいわれており、あるいは霧島山の東の長尾山に移した後、現在の霧島岑神社霧島東神社の2社に分け、更に霧島東神社から霧島西神社(現在の霧島神宮)を分けたという説もある。

歴代島津氏の尊崇篤く、島津義久は、天正6年(1578年耳川の戦いに臨む途中に参拝してを引き、また九州北上にあたっても天正14年(1585年)6月に日向国惣先達職の面高善哉坊と重臣山田有信を、再び9月に吉田清存を、それぞれ遣わして鬮を引き侵攻方面を決めるなど、重要事の決定に際したびたび神慮を仰いでいる。

また、坂本龍馬が日本最初といわれる新婚旅行で霧島連峰を訪れたことが知られるが、その頃にはすでに山頂には天津日高彦火瓊瓊杵尊が突き刺したという天の逆鉾があった。

明治期の神仏分離令が発令されるまでは西御在所霧島権現と称し、本地堂は十一面観音。別当寺に華林寺を有する。霧島山を中心とした修験僧による霧島六所権現信仰の中心的役割を果たしていた。

神木の杉

また、神木は樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれている。

祭祀

年間約100もの祭儀が行われている。

  • 朔日祭(ついたちさい) 毎月1日
  • 月次祭(つきなみさい) 毎月19日
  • 歳旦祭 1月1日
  • 初日供祭(はつにっくさい) 1月2日
  • 元始祭 1月3日
  • 散籾祭(うちまきさい) 2月18日(旧暦1月1日)
  • 御田植祭 3月3日(旧暦2月4日)
  • 狭名田の長田御田植祭(さなだのおさだおたうえさい) 6月第一日曜
  • 大祓式 6月30日、12月31日
  • 南九州御神楽 8月最終土曜
  • 例祭 9月19日
  • 除夜祭 12月31日



  1. ^ 霧島神宮 - 鹿児島県神社庁 2012年2月27日
  2. ^ ご由緒(公式サイト)。
  3. ^ 霧島町郷土誌編集委員会編 『霧島町郷土誌』 霧島町、1992年。


「霧島神宮」の続きの解説一覧



霧島神宮と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霧島神宮」の関連用語

霧島神宮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霧島神宮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霧島神宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS