陶磁器 アジア、ヨーロッパ、アメリカの主な陶磁器産地とブランド

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 磁器 > 陶磁器の解説 > アジア、ヨーロッパ、アメリカの主な陶磁器産地とブランド 

陶磁器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 03:03 UTC 版)

アジア、ヨーロッパ、アメリカの主な陶磁器産地とブランド

陶磁器の公募展

陶磁器をめぐる主な出来事

  • 1970年、日本ではが溶け出す陶磁器の存在が問題となり、厚生省は食品衛生法違反を理由に3社の一部製品の販売停止、回収命令を出した。光沢を出すためやコストダウンを図るため低温(700度以下)で焼いたことが原因の一つと見られている[6]

関連組織

  • 陶磁ネットワーク会議 - 2008年(平成20年)に発足した日本の陶磁専門公立博物館で構成される組織[7]

脚注

[脚注の使い方]

注釈

出典

参考文献

関連項目


  1. ^ a b c d e f g h i 素木洋一「セラミック外論(1)」『窯業協會誌』第68巻第773号、日本セラミックス協会、 C160-C165、 doi:10.2109/jcersj1950.68.773_C160
  2. ^ a b c d 古賀直樹「陶磁器素地の高強度化と衛生陶器への応用」『Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan』第7巻第285号、無機マテリアル学会、 143-148頁、 doi:10.11451/mukimate2000.7.143
  3. ^ 竹内順一 監修『やきもの 見方・見分け方百科』主婦と生活社、1996年。ISBN 439160597X、p.170
  4. ^ 佐々木『日本史小百科 陶磁』(1991)pp.15
  5. ^ 矢部良明編『角川日本陶磁大辞典』(角川書店、2002)の「炻器」の項による。
  6. ^ 鉛のとける陶磁器 三社に回収命令『朝日新聞』1970年(昭和45年)11月17日朝刊 12版 22面
  7. ^ 陶磁ネットワーク発足 全国の6館連携-佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun 佐賀のニュース


「陶磁器」の続きの解説一覧




陶磁器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陶磁器」の関連用語

陶磁器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陶磁器のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陶磁器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS