金田一少年の事件簿 事件一覧

金田一少年の事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/28 04:25 UTC 版)

事件一覧

カッコ内の年月は『週刊少年マガジン』連載期間。

第I期

FILEシリーズ

1992年 - 1997年。正確には単行本時「ファイル○」とカタカナ表記であった。巻数の表記は第1巻がローマ数字、第2巻が初版のみローマ数字で重版から算用数字、第3巻以降は初版から算用数字。

  • ファイル1 オペラ座館殺人事件(1992年10月28日 - 12月2日 / 1 - 2巻 / 全6話)
美雪の頼みで孤島のホテル「オペラ座館」での演劇部合宿に参加した一であったが、そこで「オペラ座の怪人」に見立てた殺人が起きる。
  • ファイル2 異人館村殺人事件(1992年12月9日 - 1993年3月10日 / 2 - 3巻 / 全11話)
不動高校の同級生・時田若葉の結婚式に参加するため青森県の六角村を訪れた一と美雪。しかし村で「七人目のミイラ」による惨劇が起きる。
  • ファイル3 雪夜叉伝説殺人事件(1993年3月17日 - 5月26日 / 3 - 4巻 / 全10話)
ドラマのエキストラとして北海道の山荘での撮影に参加した一。しかしそこで「雪夜叉」による連続殺人が起きる。
  • ファイル4 学園七不思議殺人事件(1993年6月2日 - 8月4日 / 4 - 5巻 / 全10話)
不動高校には、七不思議の七つ目を知った者は「放課後の魔術師」に殺されるという言い伝えがあり、ミステリー研究会が探ろうとするのだが…。
  • ファイル5 秘宝島殺人事件(1993年8月11日 - 10月20日 / 5 - 6巻 / 全10話)
財宝が眠るという日向灘の島の財宝発掘ツアーに参加する一と美雪は、「招かれざる客」が引き起こす連続殺人事件に巻き込まれていく。
  • ファイル6 悲恋湖伝説殺人事件(1993年10月27日 - 1994年1月19日 / 6 - 7巻 / 全10話)
美雪の従兄の代理として長野県悲恋湖リゾートのモニターツアーに参加することになった一と美雪。すると、十年前に世間を震撼させた殺人鬼・「ジェイソン」のものと酷似した連続殺人が起こる。
  • ファイル7 異人館ホテル殺人事件(1994年1月26日 - 4月13日 / 8 - 9巻 / 全12話)
聖夜直前の函館のホテルを訪れた一と美雪。「赤髭のサンタクロース」による殺人劇の舞台の幕が上がる…。
  • ファイル8 首吊り学園殺人事件(1994年4月27日 - 7月20日 / 9 - 10巻 / 全12話)
試験対策のため美雪と共に通称「首吊り学園」と呼ばれる名門予備校の講習に参加する。ところが試験中、謎の子守唄が流れ…。「地獄の子守歌」による連続殺人。
  • ファイル9 飛騨からくり屋敷殺人事件(1994年8月3日 - 10月26日 / 11 - 12巻 / 全12話)
剣持警部の知り合いの住む奥飛騨「からくり屋敷」に招かれた一と美雪。ところがその晩「首狩り武者」の凶行が始まる…。
  • ファイル10 金田一少年の殺人(1994年11月9日 - 1995年3月1日 / 12 - 14巻 / 全14話)
軽井沢のノンフィクション作家殺害事件に巻き込まれ、真犯人の策略により殺人犯に仕立て上げられてしまった一。自らの無実を証明するため、逃亡しながら「見えざる敵」との闘いが始まる。
  • ファイル11 タロット山荘殺人事件(1995年3月8日 - 6月14日 / 14 - 15巻 / 全14話)
アイドル速水玲香のはからいで青森県のタロット山荘へやってきた一と美雪。ここでタロットカードに見立てた殺人が起きる。「陰の脅迫者」
  • ファイル12 蝋人形城殺人事件(1995年6月28日 - 9月27日 / 16 - 17巻 / 全13話)
明智からの誘いで日本アルプスにあるバルト城という古城で開催されるミステリーナイトに参加することになった一と美雪。姿を見せない殺人者・「レッドラム」の手によって、蝋人形と同じ状況で人が次々と殺されていく。
  • ファイル13 怪盗紳士の殺人(1995年10月18日 - 1996年1月24日 / 17 - 18巻 / 全13話)
「怪盗紳士」が絵画を盗むという犯行予告により剣持警部から絵画を守ることを頼まれ、青森県の別荘へと足を運んだ一と美雪。しかし、怪盗紳士と思われる者は絵を盗むだけではなく…。
  • ファイル14 墓場島殺人事件(1996年1月31日 - 4月17日 / 19 - 20巻 / 全11話)
一と美雪は不動高校のメンバーと沖縄に旅行に行くことになった。しかし、着いた先は太平洋戦争の激戦地であった通称「墓場島」という島であった…。「亡霊兵士」が登場
  • ファイル15 魔術列車殺人事件(1996年4月24日 - 7月31日 / 20 - 21巻 / 全13話)
北海道行きの寝台特急と終着駅のステーションホテルで術団のメンバーが殺害される事件が発生。一は事件の黒幕「地獄の傀儡師」が仕掛ける死の罠に立ち向かう。
  • ファイル16 黒死蝶殺人事件(1996年8月7日 - 11月13日 / 22 - 23巻 / 全13話)
いつき陽介が一に見せて来た写真に写っていたのは、何と死んだはずの「あの男」の姿だった。真相を確かめるべく男の住む金沢へ向かうが、「不死蝶」による殺人が起きる。
  • ファイル17 仏蘭西銀貨殺人事件(1996年11月20日 - 1997年3月12日 / 23 - 25巻 / 全14話)
一と美雪は小学校時代の友人・高森ますみの参加するファッションショーを見に長野のホテル・仏蘭西館へ行くことに。しかし彼女はとんでもない事実を隠していた…。「葬送銀貨」による犯罪。
  • ファイル18 魔神遺跡殺人事件(1997年3月19日 - 6月18日 / 25 - 26巻 / 全12話)
不動高校の先輩・宗像さつきに導かれ、出雲の魔陣村へ向かった一。しかしそこで神器の呪いと「凶鳥の命」による殺人が…。
  • ファイル19 速水玲香誘拐殺人事件(1997年9月3日 - 11月5日 / 26 - 27巻 / 全9話)
玲香が「道化人形」に誘拐される。一は彼女を救出すべく行動するのだが…。

Caseシリーズ

1998年 - 2001年。FILEシリーズがコミック何冊にも分かれて途中から揃えにくいという事もあり、リニューアルされた。読者にとっては単行本を揃えやすい、読みやすいというメリットがあるが、一つの事件を単行本1冊分または2冊分にまとめなければならないため、ストーリーの長さが単行本1冊におさまる中編か、2冊分使い切る大長編かのどちらかに制限されてしまう事になった。

その結果、Case3やCase5はFILEシリーズを含めた全作品の中でも有数の長さを誇るスケールの大きい作品となり、これらに対する作者の自己評価も高い一方、描きたい内容が十分に描ききれなかったような作品も登場することになった。例えば、Case6についてのちに天樹征丸は『金田一少年の全事件簿』にて「もう少しページが欲しかった」と語っている。

Case3「天草財宝伝説殺人事件」より、金成陽三郎が原作者を降りている。

  • ファイル20 / Case1[6] 魔犬の森の殺人(1998年1月29日 - 4月1日 / Case1巻 / 全10話)
ひょんなことから山梨の廃研究所に滞在中の、大学のオカルト研究会と一緒になった一たち一行。しかしそこで、伝説の魔犬「ケルベロス」によるかのような殺人が起きる…。
  • ファイル21 / Case2 銀幕の殺人鬼(1998年6月24日 - 8月26日 / Case2巻 / 全9話)
他校の映研の映画製作に参加することとなった一と美雪。しかしそこで、ホラー映画に見立てて部員が殺されていく…。
  • ファイル22 / Case3 天草財宝伝説殺人事件(1998年10月14日 - 1999年1月29日 / Case3上下巻 / 全13話)
いつきからの依頼で天草諸島に眠る天草四郎の財宝発掘ツアーに参加した一達だったが、その財宝を狙うツアーの参加者が次々と殺されていく。
  • ファイル23 / Case4 雪影村殺人事件(1999年4月21日 - 6月30日 / Case4巻 / 全9話)
かつての友人の葬式に出席すべく秋田県の漁師町に向かった一は、友人たちの心のすれ違いが生んだ悲しい事件に臨むことになる。
  • ファイル24 / Case5 露西亜人形殺人事件(1999年10月20日 - 2000年2月16日 / Case5上下巻 / 全15話)
いつきからの依頼で死去した人気ミステリー作家の遺産相続ゲームに関わることになった一と美雪。北海道の洋館を訪れるがその相続候補者が遺産相続の暗号になぞらえて次々と殺されていき…。
  • ファイル25 / Case6 怪奇サーカスの殺人(2000年4月12日 - 6月21日 / Case6巻 / 全9話)
ミス研合宿の下見のため孤島にやってきた一たち。そこで怪物姿でショーを行うサーカス団と知り合うが…。
  • ファイル26 / Case7[7] 金田一少年の決死行[8](2000年8月23日 - 2001年1月1日 / Case7上下巻 / 全16話)
宿敵「地獄の傀儡師」を追って香港に渡った一。しかし、そこで殺人容疑をかけられ、遂には明智を刺した罪を着せられて逃亡者の身となる。

Short Fileシリーズ

1997年から長編のつなぎとなる形で開始。2 - 3回ほどで終わる話のシリーズで、短編集(KCデラックス版)に収録された。また、このシリーズは話数を「問題編」「解決編」という形で表現している。また、当初このシリーズの一部であった明智健悟を主人公としたエピソードはのちに「Akechi Fileシリーズ」として独立し、単独で単行本(KCデラックス版)が発行されるまでになる。

短編集第1巻 金田一少年の挑戦
  • 氷点下15度の殺意(1997年6月25日 - 7月9日)
  • 誰が女神を殺したか?(1997年7月16日 - 7月30日)
  • 明智警視の事件簿[9](1997年8月13日 - 8月27日)
  • 美雪とはじめのエトセトラ(描き下ろし)
  • KMR(総集編第4集描き下ろしの再録)
短編集第2巻 金田一少年の推理
  • 1/2の殺人者(1997年12月3日 - 12月10日)
  • 聖なる夜の殺人(1998年1月1日 - 1月22日)
  • 明智警視の事件簿2[9](1997年11月12日 - 19日)
  • 金田一少年の報酬(描き下ろし)
短編集第3巻 金田一少年の冒険
  • 鏡迷宮(ミラーラビリンス)の殺人(1998年5月13日 - 5月27日)
  • 金田一フミ誘拐事件(1998年6月3日 - 10日)
  • 明智少年の華麗なる事件簿[9](1998年4月15日 - 5月6日)
  • 金田一少年の怪奇事件簿(描き下ろし)
短編集第4巻 金田一少年の疾走
  • 金田一フミの冒険(1998年9月30日 - 10月7日)
  • 白銀に消えた身代金(1999年2月3日 - 10日)
  • フィルムの中のアリバイ(1999年3月17日 - 24日)
  • 殺人レストラン(1999年3月31日 - 4月14日)
  • 美少女探偵 金田一フミ(描き下ろし)
短編集第5巻 金田一少年の対決
  • 血染め(ブラッディ)プールの殺人(1999年7月28日 - 8月11日)
  • 亡霊学校殺人事件(1999年8月25日 - 9月29日)
  • 瞬間消失の謎(1999年10月6日 - 13日)
  • 美少女探偵 金田一フミ2(描き下ろし)
短編集第6巻 金田一少年の回想
  • 妖刀毒蜂殺人事件(2000年3月1日 - 15日)
  • 怪盗紳士からの挑戦状(2000年6月28日 - 7月12日)
  • 午前04:40の銃声(2000年7月19日 - 26日)
  • 女医の奇妙な企み(2000年8月2日 - 9日)
  • 美少女探偵 金田一フミ3(描き下ろし)

Akechi Fileシリーズ

一のライバルである明智警視を主人公としたシリーズ。高校生時代の話は「明智少年の華麗なる事件簿」、刑事になってからの話は「明智警視の優雅なる事件簿」に収録され、KCデラックス版より刊行された。このシリーズの各事件にタイトルが付けられたのはこれらの単行本に収録される時で、それまではシリーズ名に連番を付ける形であった。また、このシリーズのタイトルには英語の副題が付けられている。

明智少年の華麗なる事件簿
  • FILE1 明智少年最初の事件 / Farewell, My Dear Friend[10](1998年4月15日 - 5月6日)
  • FILE2 殺意の四重奏 / The Perfect Violinist Akechi[11](1998年9月9日 - 23日)
  • FILE3 幽霊剣士殺人事件 / The Pride Murder(1999年2月17日 - 3月3日)
  • スペシャルストーリー 健悟の部屋(描き下ろし)
明智警視の優雅なる事件簿
  • FILE1 証言パズル / The Murder Train[12](1997年8月13日 - 27日)
  • FILE2 殺人ポーカー / Unlucky Men in the Rain[13](1997年11月12日 - 19日)
  • FILE3 死者のチェックメイト / The Great Chess Player Akechi(1999年7月7日 - 21日)
  • FILE4 幽霊ホテル殺人事件 / The Encounter(2000年3月22日 - 4月5日)
  • スペシャルストーリー 明智警視 優雅なる朝の風景(描き下ろし)

第II期

新シリーズ

2004年 - 2011年。ほぼ年一の不定期・短期集中連載版、第II期シリーズ。短編を入れることにより、長さを調節しているものもある。講談社コミックスでは巻数の表記がなく、背表紙には収録された長編のタイトルが表記されている。20周年記念に開設された公式サイト、及び講談社漫画文庫版ではFILEシリーズからの通算(FILE27 - )としてカウントされている。

長編
  1. ファイル27 吸血鬼(ヴァンパイア)伝説殺人事件(2004年8月18日 - 10月13日 / KC1巻 / 全8話)
    旅に出た一に呼び出された美雪と剣持。秋田県の廃墟ペンションにおいて、まるで吸血鬼に襲われたかのような殺人事件が起きる。
  2. ファイル28 オペラ座館・第三の殺人(2005年9月14日 - 12月15日 / KC上下巻 / 全15話)
    美雪と剣持に呼び出され、オペラ座館へ向かうことになった一。閉館が決まったオペラ座館で、新たなる事件が幕を開ける…。
  3. ファイル29 獄門塾殺人事件(2006年4月12日 - 8月9日 / KC上下巻 / 全15話)
    「地獄の傀儡師」からの手紙により、厳格な学習塾の合宿に潜り込む一と美雪。明智も臨時講師として加わるが、危惧していた通りの連続殺人が発生する。
  4. ファイル30 雪霊伝説殺人事件(2007年1月17日 - 4月18日 / KC上下巻 / 全13話)
    ひょんなことから高額の遺産の相続権を得た一は、相続条件のため他の権利者達と共に雪山のロッジに泊まることになる。しかしそこで、「雪霊」による殺人が起き…。
  5. ファイル31 黒魔術殺人事件(2008年5月21日 - 7月9日 / KC1巻 / 全8話)
    旧友からの依頼を受け、軽井沢の別荘「葡萄の館」に赴く一たち。しかしそこで、黒魔術で呪われたかのような殺人が起き…。
  6. ファイル32 剣持警部の殺人(2009年4月23日 - 7月22日 / KC上下巻 / 全12話)
    剣持が行方不明となり、同時に彼が捜査に携わった少年事件の関係者が次々に殺害されていく。剣持に嫌疑がかかる中、一は彼の無実を証明すべく奮闘する。
  7. ファイル33 錬金術殺人事件(2010年4月28日 - 7月28日 / KC上下巻 / 全13話)
    とあるきっかけでクイズ大会の番組に出場した一は美雪・玲香・その他の出場者やスタッフ達と共に決勝の舞台「恋琴島」に向かう。そこにあったのは生涯を錬金術の研究に費やした研究者・絵崎蔵人の研究施設で、島には絵崎の残した財宝が隠されているという。しかし、島では関係者が次々に殺害される事件が起こり、状況から玲香が犯人に仕立て上げられてしまう。一は玲香の無実を証明するために奮闘する。
  8. ファイル34 ゲームの館殺人事件(2011年4月13日 - 6月8日 / KC1巻 / 全8話)
    友人達と遊園地に行った一・美雪は帰りのバスで何者かに眠らされ、目が覚めた時には廃病院に拉致されていた。そこで「ゲームマスター」による死の脱出ゲームが始まる…。
短編

不動高校学園祭殺人事件と血溜之間殺人事件はカラーページの都合からか、単行本では前後逆に収録されている。

  1. 海人漁伝説殺人事件(2007年4月6日 / アニメ「金田一少年の事件簿」DVDコレクターズBOX の「SPECIAL BOOKLET with BONUS DISC」収録 / 全1話 完全なギャグマンガである / KC不明)
  2. 速水玲香と招かれざる客(2007年4月25日 - 5月9日 / KC「雪霊伝説殺人事件」下巻 / 全2話)
  3. 不動高校学園祭殺人事件(2007年11月7日 - 11月28日 / KC・下記「血溜之間殺人事件」と併録 / 全4話)
  4. 血溜之間殺人事件(2008年4月2日 - 4月23日 / KC・上記「不動高校学園祭殺人事件」と併録 / 全4話)
  5. 金田一少年の事件簿 中学生編 飛込プールの悪霊(月刊少年ライバル2009年7月号読切 / KC「剣持警部の殺人」下巻)
  6. 金田一少年の事件簿 中学生編 キャンプ場の“怪”事件(月刊少年ライバル2009年10月号読切 / KC「剣持警部の殺人」下巻)
  7. 高度1万メートルの殺人(2010年8月18日 - 9月1日 / KC「錬金術殺人事件」下巻 / 全3話)

20周年記念シリーズ

2012年 - 2013年。長編3編と短編1編が単行本5冊に収録された。

長編
  1. ファイル35 人喰い研究所(ラボ)殺人事件(2012年3月7日 - 5月23日 / KC『20周年記念』1 - 2巻 / 全11話)
    一と美雪は中学時代の元クラスメートにして科学の天才緑川繭に誘われ、青森県仁久井村を訪ねる。そこは昭和時代で時が止まったかのようなレトロな雰囲気の村だった。繭が所長を務める国立エネルギー研究所、またの名を「人喰い研究所(ラボ)」で、宿泊客が不可解な死を遂げる。これは「ヒトクイ」と呼ばれる連続自殺の始まりなのか…。
  2. ファイル36 香港九龍財宝殺人事件(2012年7月11日 - 10月17日 / KC『20周年記念』2 - 3巻 / 全12話)
    急遽スカウトを受けファッションショーに出ることになった美雪と共に香港に渡る一と佐木竜二。しかし美雪は何者かに誘拐され、一は美雪と瓜二つの少女・ランと共に事件を追う。
  3. ファイル37 薔薇十字館殺人事件(2012年12月26日 - 2013年4月17日 / KC『20周年記念』4 - 5巻 / 全14話)
    一は逃亡中の高遠からのコンタクトを受け、彼に挑戦状を送りつけた謎の人物「ローゼンクロイツ」から高遠の異母妹を守るため、共に「薔薇十字館」を訪れる。
短編
  1. 暗黒城殺人事件(2012年6月6日 - 6月20日 / KC『20周年記念』3 - 4巻 / 全3話)

R(リターンズ)

2013年11月から2017年10月まで連載。

長編
  1. ファイル38 雪鬼伝説殺人事件(2013年11月27日 - 2014年3月5日 / KC『R』1 - 2巻 / 全11話)
    一と美雪はIT企業「うぇぶすれっど」の主催するリゾートプロジェクトにモニター兼アルバイトとして参加することになった。会場の東北地方の雪鬼ヶ岳にある「スノーゴブリン・スキーリゾート」に集められた一たちは、かつてこの地で実際に起こったという雪鬼の都市伝説を知る。そしてモニターとして集められた客の一人が突如失踪してしまい…。
  2. ファイル39 亡霊校舎の殺人(2014年4月2日 - 7月2日 / KC『R』2 - 3巻 / 全12話)
    廃墟探検ツアーに参加することになった一と美雪は、かつて金の産地であったとされる孤島・黄金島を訪れる。また、「地獄の傀儡師」高遠遙一から手紙を送られた明智警視も、剣持警部と共にツアーに参加する。しかしツアー参加者が次々と殺害されていく。
  3. ファイル40 狐火流し殺人事件(2014年7月16日 - 10月8日 / KC『R』3 - 4巻 / 全11話)
    掃除の最中、小学生時代に参加していたカブスカウトの写真を見つけた一。その後当時のカブスカウトのメンバーの一人が死亡したという電報を受け、その葬儀に参加すべく白狐村を訪れるが…。
  4. ファイル41 蟻地獄壕殺人事件(2014年12月24日 - 2015年3月18日 / KC『R』5 - 6巻 / 全11話)
    一と美雪は、いつき陽介から心理実験モニターのバイトに誘われ、砂丘の真ん中にある元収容所の施設「月岡砂丘実験棟」を訪れる。しかし、その施設内で実験モニターが次々と殺害されていく。
  5. ファイル42 吸血桜殺人事件(2015年4月15日 - 7月15日 / KC『R』6 - 7巻 / 全12話)
    一と美雪は、ミス研の春の研究課題の調査のため、過去に猟奇殺人があった桜の名所「夜桜郷」を訪れる。ところが、「血吸い桜」と呼ばれる濃い赤色の桜に囲まれたホテル「夜桜亭」で、宿泊客が次々と殺害されていく。
  6. ファイル43 人形島殺人事件(2015年10月7日 - 2016年1月20日 / KC『R』8 - 9巻 / 全13話)
    一は社会科教師・朱鷺田忍にとある暗号の解読を頼まれ、その暗号に書かれていた人形供養で有名な孤島「火吐潟島」を訪れる。島には剣持警部といつき陽介も来ており、いつきは三人組の仮面の作家「ペルソナドール」の取材で来ていた。ところが、そのペルソナドールのメンバーが次々と殺害され、凄惨な死体となって発見される。
  7. ファイル44 黒霊ホテル殺人事件(2016年2月24日 - 3月30日 / KC『R』10巻 / 全6話)
    一と美雪は、速水玲香の依頼で映画撮影のバイトをすることになり、撮影場所である箱根の「黒陵ホテル」を訪れる。「黒い悪霊」が出るという曰く付きのホテルで、撮影クルーが次々と殺されていく。
  8. ファイル45 白蛇蔵殺人事件(2016年6月15日 - 9月7日 / KC『R』10 - 11巻 / 全11話)
    一は剣持警部の依頼で、医者殺しを犯したヤクザの男が潜伏しているという山奥の村「白蛇村」を訪れる。その村の酒造会社「白神屋白蛇酒造」には最近、死んだはずの白神家の次男を名乗る、白頭巾で顔を隠した怪しい男がやってきていた。ところが、その白頭巾の男が殺され、酒造タンクに沈められているのが発見される。
  9. ファイル46 聖恋島殺人事件(2016年12月13日 - 2017年4月12日 / KC『R』12 - 13巻 / 全15話)
    一と美雪は剣持警部と共に、磯釣り大会の決勝に参加するため、大会会場の孤島「聖恋島」を訪れる。この島には、「セイレーンの鳴き声」と呼ばれる奇妙な音が時折響き渡っていた。ところが、大会参加者の大学病院医師のチームのメンバーが、次々とセイレーンの仕業のような状況で殺されていく。
  10. ファイル47 金田一二三誘拐殺人事件(2017年7月5日 - 2017年10月18日 / KC『R』13 - 14巻 / 全13話)
    一はフミの頼みで、高幡不動で行われる「新選組祭り」の隊士コスプレのイベントにやってくる。しかし、更衣室での着替え中に、フミが何者かに誘拐されてしまう。その後、「沖田総司」と名乗る犯人が自ら警察に脅迫電話を掛けてきて、身代金は「新選組同姓同名コンテスト」に出場している6人の人間に、隊士のコスプレの姿で運ばせろと要求される。一は身代金を運ぶ隊士達を内密に尾行しながら電車を次々と乗り継ぎ、フミを助けるために都内中を駆け回る。
短編
  1. 学生明智健悟の事件簿(2014年11月19日 - 12月10日 / KC『R』5巻 / 全4話)
  2. なぜ暖炉は燃えていたか?(2015年9月16日 - 9月30日/ KC『R』8巻 / 全3話)
  3. ソムリエ明智健悟の事件簿(2016年1月27日 - 2月17日/ KC『R』9巻 - 10巻 / 全3話)

金田一37歳の事件簿

2018年1月から青年漫画誌「イブニング」で連載中。『金田一少年の事件簿』の20年後を描いた作品。青年誌に移ったこともあり、女性の乳首描写が解禁され、性的描写やそれにまつわる明らかな言動が顕著になっている。犯人の動機や事件背景にも、今までのシリーズとは違った人間らしい醜いものが見受けられる。

一は37歳になり、PR会社「音羽ブラックPR社」に勤務するサラリーマンになっている。美雪とは付き合いはあるものの結婚には至っておらず、部下の葉山まりんが新ヒロインとして登場している。また、「もう殺人事件に関わったり、推理をしたくない」という心境の変化があったらしいが、毎度のように殺人事件に巻き込まれては、まりんの誘導もあり推理をする羽目になっている。その際の決め台詞は、「謎がすべて解けちまった」。また、高遠が率いる犯罪組織『オリンポス十二神』や高遠のファンクラブとの望まない戦いも描かれている。

  1. 歌島リゾート殺人事件(2018年1月23日 - 2018年8月28日 / KC 1 - 2巻 / 全15話)
    一は会社が運営する孤島リゾートのオープンイベントのスタッフを任され、後輩の葉山まりんと共に孤島に向かう。その孤島は、20年前に三度も連続殺人事件の舞台となった「オペラ座館」があった、あの「歌島」だった。歌島ではオープンイベント「歌島リゾート夢の縁結びツアー」が行われ、一とまりんはスタッフとしてイベント運営や参加客への対応に追われる。しかし、突如ミュージカル「オペラ座の怪人」のテーマがリゾート内に響き渡り、参加客が次々と殺害されていく。
  2. タワマンマダム殺人事件(2018年9月11日 - 2019年1月22日 / KC 2 - 4巻 / 全10話)
    一はアパートの隣人・森下桃香の頼みでケータリングの仕事を手伝うため、まりんと共にとある高級タワーマンションを訪れる。しかしこのタワーマンションでは、3人のマダム達が結託して、一人のマダムを殺害するべく完全犯罪を計画していた。3人はパーティーの裏側で、殺人計画を決行。互いの連携による巧妙なトリックで、マダムを投身自殺に見せかけて殺害する。
  3. 京都美人華道家殺人事件(2019年2月12日 - 2019年8月27日 / KC 4 - 5巻 / 全14話)
    一とまりんは、京都支社が請け負ったインバウンド客向けのイベントの担当になり、京都支社へ出張する。2人はクライアントの「赤池流」という華道の家元・京極家の屋敷を訪れ、双子の美人姉妹に出会う。しかしその日の夜中、一は屋敷の枯山水の庭の真ん中で、双子の妹が死亡しているのを発見する。枯山水には死亡した妹の足跡しか残っておらず、警察は自殺の線で捜査するが、一はこれに違和感を覚える。ところがその翌日、今度は双子の姉が首のない他殺体で発見され、事件は混迷を極めていく。
  4. 函館異人館ホテル 新たなる殺人(2019年9月10日 - / KC 5 - 7巻 / 全14話)
    京都から帰った一とまりんは、繁忙期で他の営業が出払っているため、北海道のイベントの案件を急遽任される。そのイベントの会場は、20年前に麻薬絡みの連続殺人事件の舞台となった、函館の異人館ホテルだった。異人館ホテルにやってきた一は、仕事でそこに来ていたいつき陽介と佐木竜二と再会する。ホテルでは箱館戦争を題材にした舞台劇「箱館ウォーズ」が上演されることになっていたが、小道具の拳銃が何者かによって本物の銃にすり替えられており、リハーサル中に舞台役者が射殺されてしまう。その後、一を高遠と同じ人種であることを疑う警視・幸村真之助に耕助を侮辱された彼は、幸村と推理対決になってしまう。



  1. ^ 初出時および講談社コミックス版では「墓場島殺人事件」までノンクレジット。この期間に制作されたテレビドラマ版も同様。
  2. ^ 天樹征丸:FILEシリーズ(原案)「オペラ座館殺人事件」 - 「墓場島殺人事件」、Short Fileシリーズ - 新シリーズ(原作)、金成陽三郎:FILE、Short Fileシリーズ(原作)、Caseシリーズ「魔犬の森の殺人」 - 「銀幕の殺人鬼](脚本)。
  3. ^ <金田一少年>27年でコミックス累計1億部突破 37歳の“大人版”も話題、MANTANWEB、2019年6月11日。
  4. ^ 小説版の登場人物が漫画に登場することもあり、小説版を読まないと理解できないネタが登場する場合もある。
  5. ^ ただし、高校受験の際の入試では不動高校始まって以来の好成績を記録している。
  6. ^ 連載時は「FILE20」と記載されていた。
  7. ^ 連載時は「THE LAST CASE」と記載されていた。
  8. ^ 連載時は「金田一少年の最終事件」と記載されていた。
  9. ^ a b c 後のAkechi Fileシリーズ
  10. ^ 初収録は短編集3巻
  11. ^ 初収録はCase3下巻
  12. ^ 初収録は短編集1巻。
  13. ^ 初収録は短編集2巻。
  14. ^ 元ネタとなる本編は長編のFILE・Caseシリーズの全作(「異人館村殺人事件」のみ後述の理由から未登場)、第II期シリーズの一部となっており、小説版や短編は未登場。
  15. ^ 犯人が存命者の場合は拘置所、死者の場合は暗転した背景でソファーに座りながら語る。但し逃亡中の高遠は公園のベンチで語るなど、犯人によっては例外もある。
  16. ^ ただし、陰惨なシーンや下ネタはあまり描かれていない。
  17. ^ 元ネタは講談社コミックス版単行本に掲載されていたさとうによる「六根煩悩シアター」という4コマで、本家同様作者の日常などを描いたコラムタッチとなっている。
  18. ^ 【インタビュー】『金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿』船津紳平 × 編集フジカワ「"天才"金田一 VS "凡人"犯人の話」 ヴィレッジヴァンガード コミスペ! 2018年6月16日
  19. ^ 『金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ』第5巻より。
  20. ^ 主演は堂本剛(上海魚人伝説殺人事件)、松本潤(幽霊客船殺人事件)、山田涼介(鬼火島殺人事件)。
  21. ^ 番組自体は原作者の出身地である高知局で製作を担当している。
  22. ^ 金田一少年の事件簿 悲報島 新たなる惨劇 まとめ (PS)/ファミ通.com
  23. ^ 金田一少年の事件簿 〜地獄遊園殺人事件〜 まとめ (PS)/ファミ通.com
  24. ^ 金田一少年の事件簿3 〜青龍伝説殺人事件〜 まとめ (PS)/ファミ通.com
  25. ^ 金田一少年の事件簿 〜10年目の招待状〜 まとめ (ゲームボーイ)/ファミ通.com
  26. ^ 金田一少年の事件簿 悪魔の殺人航海 まとめ (DS)/ファミ通.com
  27. ^ a b c 電撃PlayStation Vol.71 1998年4月10日号 139ページ
  28. ^ 週刊文春』1997年8月7日第30号。
  29. ^ 後に発売された公式ガイドブックによると、ファイル1「オペラ座館殺人事件」のメイントリックは『オペラ座の怪人』の作者であるガストン・ルルーの小説から流用しており、終盤に登場するボーガンのトリックだけがオリジナルであった。
  30. ^ 但し、単行本2巻発売後に実施した「犯人総選挙」では「異人館村殺人事件」の犯人もエントリーされており、最終的な得票数は85票と高遠に次いで第2位に付けている。ちなみに、問題となったトリックは犯人が使用したものではない。
  31. ^ ミステリー作家の法月綸太郎もこのトリックについて「(初めて読んだときに)これはどうやら本気で取り組んでいる。侮れない」と評した(公式ガイドブックファイナル「ラストエピソード」より)。
  32. ^ 公式ガイドブック「金田一少年の全事件簿」より。
  33. ^ 公式ガイドブックファイナル「ラストエピソード」より





固有名詞の分類

映画作品 久遠の微笑  純潔革命  金田一少年の事件簿  陽気な仲間  暴力の季節
日本の漫画作品一覧 ヒストリエ  バウ  金田一少年の事件簿  じみへん  らぶりん☆アイスクリーム
プレイステーション用ソフト ジェットでGO!  デュープリズム  金田一少年の事件簿  ユーラシアエクスプレス殺人事件  名探偵コナン
Windows用ゲームソフト ザナドゥ・ネクスト  ヨーロッパ戦線  金田一少年の事件簿  ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド  プリストンテール
漫画作品 き 鬼面石  Candy☆Boy  金田一少年の事件簿  貴族探偵エドワード  清き一票お願いします!!
セガサターン用ソフト モータルコンバット  パズルボブル3  金田一少年の事件簿  神秘の世界エルハザード  リアルバウト餓狼伝説
ゲームボーイ用ソフト モータルコンバット  カービィのブロックボール  金田一少年の事件簿  悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん  名探偵コナン

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金田一少年の事件簿」の関連用語

金田一少年の事件簿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金田一少年の事件簿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金田一少年の事件簿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS