御岳昇仙峡とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 食品 > 日本の名水 > 御岳昇仙峡の意味・解説 

御岳昇仙峡(みたけしょうせんきょう)

河川 山梨県甲府市

名水画像
位置情報

周辺の自然環境
荒川源流広がり日本有数渓谷美を誇る「御岳昇仙峡」。急流により浸食された奇岩清澄豊富な水の流れ形成され、渓谷沿いに整備された遊歩道は、変化に富んだ四季折々渓谷美を楽しむことができる。
利用状況
荒川は、昔から市民親しまれ、上流では上水道水源として、また、下流域では多くの堰、水門によって農業用水などとして利用されている。

由来・歴史
歴史江戸時代後期にまで遡り長田右衛門天保5年(1834)御岳新道開設したことで観光地として栄えた。
また荒川下流域の「三つ水門」は、昔から市民水資源として利用されてきた伝統的水門として残っている。

水質保全活動
水質保全していくために、周辺住民行政協働し、処理能力の高い浄化槽設置行い環境保全努めている。毎年、年に何回か、清掃活動植栽行い環境美化活動推進している。また一年通じ水源ふれあうイベントを行っている。
アクセス
鉄道バスでお越し場合
■ 「甲府駅下車→車で約20
■ 「甲府駅南口バスターミナル3番乗降口→昇 仙峡行きバス昇仙峡口(30分)/天神 (30分)/グリーンライン40分)/滝上60分)
路線バスお問い合わせ先 山交通 TEL:055-223-0821

お問い合わせ
山梨県甲府市環境部 環境保全
〒 400-0831
山梨県甲府市上町601番4
TEL : 055-241-4312
http://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/b/

アクセスマップ
アクセスマップ図

御嶽昇仙峡

名称: 御嶽昇仙峡
ふりがな みたけしょうせんきょう
種別 特別名勝
種別2:
都道府県 山梨県
市区町村 甲府市平瀬町高成町猪狩町甲斐市
管理団体 山梨県(大14・6・3)
指定年月日 1923.03.07(大正12.03.07)
指定基準 名5,名6
特別指定年月日 昭和28.03.31
追加指定年月日
解説文: 山梨縣荒川花崗岩ヨリレル渓谷ヲ称スルモノニシテ御嶽新道トシテ知ラル此ノ渓谷両岸ハ或ハ断崖絶壁ヲ成シ或ハ峻峯石柱ヲ成ス就中覺圓著名ナリ、此ノ外登龍岩花崗岩ヲ貫ケル輝石安山岩岩脈ニシテ数百尺ノ峭壁ヲ成シテ平ノ柱状節理ノ爲メ龍ノニ類セルヲ以テ此ノ名アリ河床ニハ花崗岩巨大ナル岩塊アリテ水蝕ノ跡眞ニ神彫鬼■ヲ経タルモノノ如シ河流ハ多ク急流ヲ成シ飛瀑深潭ノ竒巖峻峯ト相俟ロテ其ノ景致ヲ添フアリ、殊ニ仙俄瀑ハ三段ヲ成シテ落下屏風岩鏡岩、眩岩ト相俟チテ峽中ノ一美觀タリ秋季ニハ紅葉ノ美ナルアリテ一段情趣ヲ添フ
花崗岩巨塊大崖、荒川溪流沿う連り紅葉赤松占綴して勝景を飾る。
花崗岩裸出する溪谷として特に優れた景観である。

昇仙峡

(御岳昇仙峡 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/23 13:21 UTC 版)

昇仙峡(しょうせんきょう)は、山梨県甲府市甲府盆地北側、富士川の支流、荒川上流に位置する渓谷である。特別名勝に指定されており、国内有数の景勝地である。


  1. ^ 平成24年度の選奨土木遺産土木学会
  2. ^ 平山(2002)、p.110
  3. ^ 平山(2002)、p.111
  4. ^ 平山(2015)、p.247.
  5. ^ 『山梨県の地名』、p.399
  6. ^ 『山梨県の地名』、p.399
  7. ^ 『山梨県の地名』、p.399
  8. ^ 『山梨県の地名』、p.398
  9. ^ 『山梨県の地名』、p.398
  10. ^ 『山梨県の地名』、p.399
  11. ^ 『山梨県の地名』、p.399
  12. ^ 『水の国やまなし-信玄堤と甲斐の人々-』(山梨県立博物館、2013年)、p.121
  13. ^ 甲府市水源林の形成過程泉桂子、東京大学農学部演習林報告. 第百三号, 2000年
  14. ^ a b 利用動態からみた名勝指定峡谷の現代的意義に関する考察信州大学農学部紀要. 46(1-2): 21-30 (2010)
  15. ^ 昇仙峡バス転落事故に関する質問主意書衆議院、昭和五十二年十月十八日
  16. ^ 衆議院議員鈴木強君提出昇仙峡バス転落事故に関する質問に対する答弁書衆議院、昭和五十二年十月二十五日
  17. ^ 日本の新百景考‐昼と夜山家哲雄、日本大学生産工学部第42回学術講演会(2009-12-5)
  18. ^ 平林(2009)、p.9
  19. ^ 平林(2009)、p.9
  20. ^ 平林(2009)、p.13
  21. ^ 平林(2009)、p.13
  22. ^ 土岐美由紀・中村麗子『もっと知りたい片岡球子 生涯と作品』(東京美術、2015年)p.27
  23. ^ 甲斐保勝協会編『甲斐勝景写真帳』昭和初期の「長瀞橋」昭和7年(1932年)発行、国立国会図書館蔵書、平成29年10月21日閲覧。
  24. ^ 甲斐保勝協会編『甲斐勝景写真帳』昭和初期の「昇仙橋」昭和7年(1932年)発行、国立国会図書館蔵書、平成29年10月21日閲覧。


「昇仙峡」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御岳昇仙峡」の関連用語

御岳昇仙峡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



御岳昇仙峡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昇仙峡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS