イラとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > > イラの意味・解説 

イラ

学名Choerodon azurio 英名:Scarbreast tuskfish
地方名アマアマダイイソアマダイオキノアマダイテスコベテスモブシカンダイハトバンドモクズナベワリ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ベラ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
生態写真はこちら

特徴
多く浅海域にすんでいるが、やや深海域にすむものもいる。底生生物を食べ、夜は岩陰岩穴で休む。体の側部にある、2色の斜めの帯が特徴だが、幼魚にはない。年を取った雄は、前頭部が張り出してくる。産卵期は夏。食用とされることもあるが、身はやわらかく味はよくない。 つかまえて押さえつけると噛み付くことから「イライラするということでイラと呼ばれるから上げと体粘液に覆われている。

分布:本州中部以南朝鮮半島台湾南シナ海 大きさ:45m
漁法:釣り 食べ方:ちりなべ煮物

コブダイ

学名Semicossyphus reticulatus 英名:Cold porgy
地方名カンダイモイオモブシムクジモクズ、イラ、イザコブテスモハミエビスダイノマ 
脊椎動物門硬骨魚綱スズキ目ベラ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 動画 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権:尼岡 邦夫 生態写真はこちら

特徴
コブダイの名前の由来ともなっている前頭部の大きなコブは、成長した雄で特に大きく下顎も非常に大きくなる。これに対して幼魚は、体の側面に1本の白い帯を持ち、かわいらしい外見をしている。黒潮影響少な日本海瀬戸内海多くすんでいる。縄張り意識強く単独ですんでいることが多い。貝や甲殻類など、固いエサ好んでべる。春に産卵期を迎え雌雄が円を描くように海面上昇しながら産卵放精する。肉は白身でおいしい。

分布:北海道南部以南インド西太平洋海域 大きさ:1m
漁法:磯釣り 食べ方: 

伊良

読み方:イラ(ira

ベラ科海水魚

学名 Choerodon azurio


ミヤマイラクサ イラクサ科

ミヤマイラクサ
イラクサ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
4月6月 新芽

イラ・アイコ


芽 葉 花

味わう

ゆでておひたし和え物、汁の実などに。

薬効

リュウマチ小児ひきつけ煎じ服用


DATA
山地生え多年草で、暗いの中の湿り気のある斜面を好む。丸みを帯びた卵形、縁に切れ込みがあって、先端がとがって尾のように伸び全体に刺をもっている。刺に刺されるといたく、採取の際には手袋が必要。
イラクサ仲間中国では蕁麻(じんま)といい、蕁麻疹じんましん)という病気は、イラクサの細かいトゲに刺されたあとにできる赤い発疹に似た症状になるところからつけられた呼称である。
【清見情報
昔からイラと呼んで、若菜食用にしたり、繊維を縄や織物材料にしてた。戦争中は同じ仲間のサカソウとともに供出したこともある。

イラ

名前 IraElla

イラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/18 10:15 UTC 版)

イラ (伊良[2]、苛魚、Choerodon azurio) は、スズキ目ベラ亜目ベラ科に属するの一種。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 阿部,1987,p.711(No.2841)
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 木村,2000,p181
  3. ^ a b c d e f 小西,2011,p.232
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 岡村・尼岡,1997,p.464-465
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n 蒲原・岡村,1985,p.68(No.334,Plate.67)


「イラ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イラ」の関連用語

イラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2019 ひだ清見観光協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS