りんかんとは? わかりやすく解説

リンカーン【Abraham Lincoln】


リンカーン【Lincoln】


りん‐かん〔‐クワン〕【林冠】

読み方:りんかん

森林で、樹冠どうしが接して横に連なる部分


りん‐かん【林間】

読み方:りんかん

の中。


りん‐かん【臨監】

読み方:りんかん

その場行って監督監視をすること。特に、第二次大戦前警官演説会場や興行現場立ち会って監視取り締まり行ったこと。「―の警官


りん‐かん〔‐クワン〕【輪×奐】

読み方:りんかん

《「輪」は高大、「奐」は大きく盛んな意》建築物広大でりっぱなこと。

「われは大統領の館の―の美を訪ねて」〈鴎外訳・即興詩人

「輪奐」に似た言葉

りん‐かん【輪×姦】

読み方:りんかん

[名](スル)複数の男が一人女性次々に強姦すること。


りん‐かん〔‐クワン〕【輪換】


輪姦

読み方:りんかん

  1. 輪姦。一人の女を数人の男が順次強姦すること。「まはりとり」「念仏講」「百万遍」等に同じ。
  2. 数人一婦人を凌辱すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

こうや

(りんかん から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/08 03:29 UTC 版)

こうやは、南海電気鉄道南海高野線で運行する特急列車である。本項では同じく高野線の特急列車であるりんかんについても記述する。


  1. ^ a b c “南海高野線11月10日ダイヤ改正 橋本まで大型車乗り入れ”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 2. (1992年10月13日) 
  2. ^ a b “特急“こうや”・“りんかん”を2000系が代走”. 鉄道ニュース. 鉄道ファン. (2022年5月28日). https://railf.jp/news/2022/05/28/130000.html 
  3. ^ a b 南海電気鉄道 『南海電気鉄道百年史』1985年、678頁。 
  4. ^ a b c 「南海個性派列車列伝」『鉄道ピクトリアル』2008年8月臨時増刊号、電気車研究会、2008年、 142-143頁。
  5. ^ 南海電気鉄道 『南海電気鉄道百年史』1985年、679頁。 
  6. ^ 『関西の鉄道』第41号、関西鉄道研究会、2001年6月、 94-95頁。
  7. ^ 南海電鉄の特急列車を9月1日から全面禁煙とします (PDF) - 南海電鉄 2011年5月30日
  8. ^ 10月26日から「高野線」のダイヤを変更します (PDF)
  9. ^ 特急りんかんの「三日市町駅」臨時停車について”. 南海電気鉄道. 2013年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年2月1日閲覧。
  10. ^ 「特急こうや 高野山開創1200年特別仕様」3編成(赤こうや・黒こうや・紫こうや)を運行します! (PDF)  - 南海電気鉄道 2015年1月28日
  11. ^ 特急「こうや」の運転区間変更及び「天空」の運転休止について”. 南海電気鉄道. 2018年11月24日閲覧。
  12. ^ 小原田車庫内での車庫内支障について(ご報告) (PDF)”. 南海電気鉄道 (2022年5月27日). 2022年5月27日閲覧。
  13. ^ 特急こうや・りんかんの運休について (PDF)”. 南海電気鉄道 (2022年5月27日). 2022年5月28日閲覧。
  14. ^ 特急こうや・りんかんの運休と両数変更について”. 南海電気鉄道. 2022年5月28日閲覧。
  15. ^ [1] (PDF)
  16. ^ [2] (PDF)
  17. ^ [3] (PDF)


「こうや」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「りんかん」の関連用語

りんかんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



りんかんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
南海電鉄南海電鉄
Copyright © 2022 Nankai Electric Railway Co.,Ltd.All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのこうや (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS