社団法人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 法人 > 社団法人の意味・解説 

しゃ だんほうじん -はふ- [4] 【社団法人】

法律上権利義務主体として認められた社団民法適用を受ける公益社団法人特別法によって法人となる中間法人などがある。 → 財団法人

社団法人

法人格与えられた社団のこと。
社団法人は、①社員呼ばれる構成員存在すること、②社団社員の関係その他団体基本的事項定款によって定められていること、③社員全員構成される社員総会が最高の意思決定機関として置かれていること、④社員欠乏解散事由とされていることなどの特色があるが、これは団体性の強い人的結合体という社団法人の本質から出ているものといえる

社団法人の主なものは、民法34条による公益目的とした社団法人と、商法及び有限会社法による営利社団法人たる会社であるが、このほか、特別法によって法人化された中間社団法人(社団法人)、公法人たる社団法人(公共組合)などがある。しかし、一般に社団法人というときは民法による公益目的したものを指す。社団法人は民法37条により目的、名称、事務所資産理事任免社員資格得喪に関する規定定め定款作り主務官庁許可得て設立される。社団法人の事務は、定款をもって理事その他の役員委任したものを除き、すべて総会決議によって行わなければならない

各社員は、総会出席して平等に表決権行使し、一定社員請求によって臨時総会開催させることができる。業務執行及び対外代表のための必置機関としての理事があり、任意機関として監事がある。定款所定事由目的たる事業成功又は成功不能破産設立許可取消しといった財団法人と共通し事由のほかに総会決議社員欠乏によっても解散でき、破産場合を除いて清算の手続に入り清算の決了をもって消滅することになる。

社団法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/11 08:43 UTC 版)

社団法人(しゃだんほうじん)とは、一定の目的で構成員(社員)が結合した団体(社団)のうち、法律により法人格が認められ権利義務の主体となるもの(法人)をいう。




[ヘルプ]


「社団法人」の続きの解説一覧





社団法人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「社団法人」の関連用語

社団法人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

錫石

七五三

ティートカップ

ボクシング

仁宇布の冷水と十六滝

庭田水源の森

ロイヤル・チトワン国立公園

白焼かまぼこ





社団法人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2017 公益法人協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社団法人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS