公法人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 法人 > 公法人の意味・解説 

こう‐ほうじん〔‐ハフジン〕【公法人】

読み方:こうほうじん

特定の行政目的遂行するために設立され法人公庫公共組合など。広義には国・地公共団体も含む。→私法人


公法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:35 UTC 版)

収入」の記事における「公法人」の解説

国、地方公共団体などの公共性団体のそれは、歳入と呼ぶことがほとんどである。

※この「公法人」の解説は、「収入」の解説の一部です。
「公法人」を含む「収入」の記事については、「収入」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「公法人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



公法人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

公法人のお隣キーワード

公法と私法

公法上の制限

公法上の権限

公法上の法律関係

公法上の違法性について日本においては世論的にマイナスのイメージが強いが、RMTそのものを取り締まる法律は存在しない。過去の摘発事例は不正な手段でゲームの通貨やアイテムなどを得たケースに限られている。しかしゲームの規約上は禁止されている事が圧倒的に多く、適切な行為とは認められていない状況にある。他方、オンラインゲームが盛んな大韓民国では個人のRMTは明確に「合法」との指針を示しており、活発に取引が行われている。企業が組織的にRMTを行う事は違法だが、個人間RMTの仲介はいわゆるグレーゾーンで、これによって利益を得る業者も存在する。2009年にはRMT市場規模が1兆ウォンを突破、大手仲介業者の年間手数料収入は2020年現在300億ウォンを上回る。RMTに否定的な空気が強い日本や欧州の一部地域等と違い、社会的にも受け入れられた状況と言っていい。アメリカ合衆国ではゲーム内の仮想通貨もユーザーの資産と認め、取引に対する課税が検討されている。[要出典]RMTを完全に禁止している国は2021年時点でほとんど無いが、オランダは例外的に極めて厳しい規制を敷いており、RMTどころかゲーム上でのトレードすら違法となるケースが多い。これはオランダのギャンブル規制法が「無料のギャンブル」も含むなど適用範囲が非常に広い事が理由。例えば、モンスターを倒して手に入れたレアアイテムがRMT市場で金銭的価値を認められていれば、そのアイテムは「ギャンブルの利益」と看做される。このためアイテムトレードに限らずほとんどのトレードが違法となっている。オランダから海外のゲームを遊ぶ場合も同様だ。私法上の権利の性質についてユーザーのデータに対する権利を物権とする主張と、債権とする主張がある。運営会社との契約は、前者の場合売買契約となり、後者の場合役務提供契約となる。いずれの場合も広義の資産にあたり、ユーザーは何らかの権利を有する。社団法人日本オンラインゲーム協会が定めたオンラインゲームに纏わるガイドラインでは「データ自体の所有権につきましてはお客様にはございません。」としており、経済産業省は「電子商取引及び情報財取引等に関する準則[6]」において「法律用語としての「所有権」とは、物に対する権利であり、有体物についてのみ認められる権利である。したがって、オンラインゲームにおけるアイテムはゲーム上の情報にすぎず、有体物ではないため、アイテムについてユーザーの所有権が認められることはない。 」としている。これらは後者の主張に沿ったものとなる。物権の譲渡、債権の譲渡ともに一般原則としては自由であるが、債権については特約により譲渡を禁止することができる。日本国内においてオンラインゲームの運営会社は、ほとんどの場合規約によりこれを禁止しているため、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律、消費者契約法等に照らし、この特約が有効であるか否かが主要な論点となる。RMTが適法とする側の主張

公法上の隔離

公法人

公法人と私法人

公津の杜1丁目

公津の杜2丁目

公津の杜3丁目

公津の杜4丁目

公津の杜5丁目

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公法人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの収入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS