通貨記号 通貨記号の概要

通貨記号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 04:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ユーロの導入により、ヨーロッパの多くの通貨記号は使われなくなった。欧州連合は、新しい独自の通貨記号として「」を定義して文字コードと字形をUnicodeに登録し、ユーロ記号の世界的な認知がユーロの成功に寄与したとしている。

インドは、2009年に近隣諸国でも使われている"R"と"s"の合字の通貨記号「₨」を変えるために公開コンペを実施し[1]2010年7月15日にラテン文字の"R"とデーヴァナーガリーの"र"を組み合わせた「」をルピーの通貨記号として新たに定めた。

使用法

貨幣の金額表記の記号位置は通貨によって異なる。英語圏ラテンアメリカ£50.00, R$50,00 と額面の前に、フランスドイツスカンジナビア諸国などのヨーロッパ各国は 50.00 S と額面の後に記し、カーボベルデ・エスクードや、廃止前のポルトガル・エスクードは 50$00 、フランス・フランは 1234 、と小数点の位置に記す[2]

小数点の区切り文字は地域、言語などによってそれぞれ異なり、イギリスの価格表記は £5·52 と小数点を中黒で記し、5,00 ピリオドコンマで記す国も多い。表記の国際標準は小数点の項で詳述されている。

デザイン

公式のユーロ記号のデザイン
様々な公式の以外のユーロ記号のデザイン

古くから使われている通貨記号も、それ以前の通貨から少しずつ変化して来たものである。ドルとペソの記号 ($)は、「スペイン・ドル英語版」とも呼ばれる8レアル銀貨(real de a ocho)で使われていた物であり、ポンドとリラの記号 (£)は、古代ローマの通貨リーブラ (libra) の頭文字 L に由来する。

通貨を新しく導入した場合や、既存の通貨の記号を変更した場合も、それ以前に使われていた通貨記号に近い象徴性を持つ。通貨記号によく見られる中央の直線は、安定性の象徴である[3]インド・ルピー新しい記号 英語版 は、ラテン文字とデーヴァナーガリー文字を組み合わせたものである。

新規通貨記号の導入時は表示ソフトウェアの普及や入力機器の交換などを要するが、ユーロ記号はフォントへの対応が仕様に規定されておらず配慮不足が非難され[1]、様々なユーロ記号が用いられている。


  1. ^ a b Westcott, K. (2009) India seeks rupee status symbol, BBC 10 March 2009, accessed 1 September 2009
  2. ^ Moedas”. Banco de Cabo Verde. 2016年3月25日閲覧。
  3. ^ The real. rs money. (PDF)”. ECB. p. 3. 2011年5月21日閲覧。
  4. ^ Banky Foiben'i Madagasikara. Accessed 24 Feb 2011.
  5. ^ Bank of Guyana. Accessed 25 Feb 2011.
  6. ^ Centrale Bank van Aruba. About Us – A Brief History of the Bank." Accessed 23 Feb 2011.
  7. ^ a b Forexforums.com. "Currency symbol finder." Accessed 24 Feb 2011.
  8. ^ National Bank of Rwanda. "Legal tender." Accessed 25 Feb 2011.
  9. ^ University of British Columbia: Saunders School of Business. "Currencies of the World." Accessed 25 Feb 2011.
  10. ^ Lonely Planet. "Rwanda." Accessed 25 Feb 2011.
  11. ^ Banco de Moçambique. Accessed 25 Feb 2011.
  12. ^ Banque Centrale de Mauritanie. Accessed 25 Feb 2011.
  13. ^ Рに横棒を入れたようなデザイン()。
  14. ^ Bank of Mauritius. Accessed 25 Feb 2011.
  15. ^ Nepal Rastra Bank. Accessed 24 Feb 2011.
  16. ^ Central Bank of Seychelles. Accessed 25 Feb 2011.
  17. ^ Central Bank of Somalia. Accessed 24 Feb 2011.
  18. ^ The Reserve Bank of Vanuatu. "Current Banknotes and Coins in Circulation." Accessed 25 Feb 2011.






通貨記号と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通貨記号」の関連用語

通貨記号のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



通貨記号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通貨記号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS